妊婦さんの靴選びのポイントとは?結婚式・普段使いなどおすすめの靴を紹介!

妊娠すると、お腹が大きくなるにつれて重心が前に移動するので、妊婦さんはバランスが取れにくくなります。
大切な命を育んている身体なので、転倒しにくく、楽な靴を選びたいものです。
そこで、妊婦さんの靴選びのポイントやおすすめの靴をご紹介します。

妊婦さんの靴を選ぶポイント


赤ちゃんの成長に伴い、歩き方が変化する妊婦さんに合った靴を選ぶポイントをまとめました。

ヒールは3センチ以内

ヒールがある靴を選ぶ時は、3センチ以内のものにしましょう。

妊娠中は赤ちゃんの成長と共にお腹が大きくなり、重心は前にうつり、姿勢は後ろに反るようになるので妊婦さんは腰を痛めやすくなります。

ヒールが高いと、普通の状態でも腰にかなりの負担がかかってしまうので、妊婦さんはできるだけ腰に負担がかからず、転倒しにくいローヒールタイプの靴を選びましょう。

ヒールを履くならウェッジソール

ヒールを履くなら、かかとがしっかりと地面につくウェッジソールタイプを選びましょう。
ピンヒールや普通のヒールは地面との接地面積が小さく、転倒の危険性がでてきてしまします。

また、ウェッジソールのヒールであっても、靴を選ぶ際はしっかりと試着し、安定性や滑りにくさをチェックしてください。

足のむくみを考慮してサイズを決める

妊娠中は足がむくみやすくなります。
特に妊娠後期だと朝と夕方では足のサイズまで違ってくるので、靴を選ぶ時は夕方の足がむくんだ状態でサイズ選びをすることをおすすめします。

できるだけ、足の甲の幅が広いタイプの靴を選ぶと足がむくんだ時も履いて楽になります。
靴の素材も、伸縮の効くタイプのものを選ぶといいでしょう。

サイズが合わない時はインソールを変えてみる

自分に合った靴がなかなか見つからないという方には、靴のインソールを変えてみることもおすすめです。

かかとに厚みを持たせ、歩いた時の衝撃を吸収し、疲れにくくしてくれるインソールや、土踏まずの部分がしっかりと膨らんでいて足にピッタリとフィットさせてくれるものなど、妊婦さん用のインソールが販売されていて、種類も豊富にあります。

妊娠中は、むくみの関係から左右で足のサイズ感が違うこともあるので、購入の際は店のスタッフに相談し、自分の足や悩みに合ったものを選ぶことをおすすめします。

脱ぎ履きがしやすい

妊娠中は、簡単に脱ぎ履きできるタイプの靴を選びましょう。
特に、妊娠後期になると、かなりお腹が大きくなるので屈んだり、足元を見るのが難しくなります。

お腹の大きい状態で屈むと転倒の可能性が大きくなるので、毎回靴ひもを結ばないといけないような靴やファスナーのある靴避けたほうがいいでしょう。

ミュールタイプは避けましょう

脱ぎ履きが楽でも、サンダルなどのミュールタイプの靴は避けましょう。
妊娠後期になると、お腹が大きくなって屈みにくいので、さっと脱ぎ履きのできるスポーツサンダルなどのミュールタイプの靴を履く妊婦さんもいます。

しかし、サンダルやミュールのようにかかとがホールドされない靴は安定感がなく、転倒の危険性があります。

可愛いくてデザイン性があり、履きやすいサンダルやミュールですが妊娠中は安全のために使用を避けましょう。

靴裏が滑りにくい

妊婦さんは転倒すると大変なので、滑りにくさを優先して選びましょう。
フラットタイプの靴でも、靴裏がツルツルしていると滑ってしまう危険性があります。
かならず靴裏をチェックし、雨の日でも安心して履ける、滑り止めがしっかりとあるものを選んでください。

できれば、靴底はゴム製で滑り止めの溝が沢山あるものにしましょう。

つま先がラウンド型

パンプスやフラットシューズを選ぶ際には、つま先がラウンド型の靴がお勧めです。

妊婦さんは足がむくみやすく、足はむくむと指が太くなってしまいます。
つま先が尖っているタイプの靴だとむくんでしまった足の指は窮屈で痛くなってしまうので、つま先の広いラウンドタイプを選びましょう。

足の甲の幅が広いタイプの靴もおすすめです。

かかとがあるもの

フラットシューズを選ぶ場合でも、靴底がしっかりあるタイプや、少しかかとがあるものがおすすめです。

かかとの全くない靴は、インソールに土踏まずをサポートするためのアーチクッションが入っていないものが多く、歩いた時の衝撃がそのまま足に伝わります。
一見楽そうにみえるペタンコの靴ですが、実は歩くと足が疲れやすくなってしまいます。

赤ちゃんの成長に伴い、妊婦さんは体重が増え、歩く時の足への衝撃も増してきます。
すこしかかとがある靴のほうが、衝撃を吸収し足への負担が減るので妊婦さんにおすすめです。

また、靴底がしっかりあるタイプや、かかとが少しある靴は、滑り止めもしっかりしていることが多く、転倒の危険性も少ないです。

妊婦さんが履いても安全な靴の種類

妊婦さんの靴選びのポイントを踏まえて、妊婦さんが履いても安全なおすすめの靴の種類をご紹介します。

パンプス・フラットシューズ

働く妊婦さんやママにおすすめなのがパンプスフラットシューズです。
カジュアルスタイルから綺麗目なシーンにも使えます。

パンプスならヒールが低めで、安定性のあるデザインのものを選びましょう。
ローヒールタイプでも、おしゃれで使いやすいデザインが最近は増えています。

靴底が平らで歩きやすいフラットシューズはオンにもオフにも使えて便利で、安定感があるので妊婦さんにも安心です。

モカシン・ローファー

スリッポンタイプの革靴であるローファーは靴ひもがないので脱ぎ履きがしやすく、お腹が大きくなってきて屈みにくくなる妊婦さんにピッタリです。
働いているママなら仕事のスタイルにもつかえますし、カジュアルな服との相性もいいので便利です。

モカシンはローファーよりも柔らかい素材が多く、長時間履いていても足が疲れにくいです。
冬用にボアが入っているタイプもあるので足元を温かくしたい妊婦さんにおすすめです。

スニーカー

靴底の素材にクッション性があり、足全体を包むので安定感があって妊婦さんにおすすめです。
妊娠中の運動に散歩を勧められることが多い妊婦さんにはぴったりです。

妊娠初期から中期の妊婦さんはつわりで足元がふらつくことも多いので、足がしっかりホールドされて滑り止めやクッション性もあるスニーカーは安心して履くことができます。

ただし、妊娠後期の妊婦さんはお腹が大きく靴ひもがほどけても結びにくいので注意しましょう。

スニーカータイプは一つ持っておくと出産してからも子供と遊ぶ時に思い切り走れて便利です。

スリッポン

靴ひもがないので、お腹が大きい妊娠後期の妊婦さんでも簡単に脱ぎ履きができます。
スニーカーと同様に、こちらも靴底の素材にクッション性があるタイプが多く、妊娠後期で体重が増えた妊婦さんでも、足が疲れにくくできています。

出産後に赤ちゃんと健診などに出る際も、赤ちゃんや荷物を抱えたままでもさっと履けるので便利です。

スリッポンタイプの靴はカジュアルで服に合わせやすいデザインが多いのであると重宝します。

バレエシューズ

バレエシューズはフラットヒールでで妊婦さんに安心なうえに、つま先がラウンドのデザインなので足がむくんでも楽に履くことができます。

ストラップがついているタイプだと、さらに靴が脱げにくくなり安定性も高まるので妊娠初期や妊娠中期の妊婦さんにおすすめです。

妊娠後期になると、ストラップタイプは履きにくいので注意しましょう。

バレエシューズはデザインも綺麗目なものが多いので、普段から結婚式まで幅広く使うことができます。

ナースシューズ

安全性を第一に考えるなら、ナースシューズはお勧めです。

ナースシューズは長時間立って働くナースの負担を軽減するために開発された靴なので、妊娠中の新陳代謝が活発なときに長時間履いていても蒸れにくく、足も疲れにくく作られています。

ナースシューズは安全性があるとはいえ、ファッションに合わせにくいとおしゃれなママには避けられそうですが、最近ではスポーツメーカーからスニーカーに近いデザインのナースシューズも販売されているので普段に履いてもファッションやスタイルの邪魔にはなりません。

シーン別・妊婦さんにおすすめの靴の紹介

仕事結婚式、冷えが心配な冬の時期など、シーン別に妊婦さんにおすすめの靴をご紹介します。

結婚式などのフォーマルなシーン

結婚式など、フォーマルなシーンには綺麗目に見えるフラットパンプスがおすすめです。
少しだけかかとのあるフラットパンプスなら、結婚式などの長丁場でも足が疲れにくいです。

色の展開もラメ入りなど華やかなものからベージュ系のナチュラルなものまで豊富にあるのも魅力です。

また、フラットパンプスは華やかなリボンやビジュー付きのものが多く、せっかくのオシャレを邪魔しません
リボンやビジュー付きのフラットパンプスは取り外しができるタイプもあり、取り外せば普段でも使用できます。

バレエシューズも、足が疲れにくく綺麗目のワンピースなどに合わせやすい色やデザインが多いので結婚式におすすめです。

【外部リンク】結婚式などのフォーマルなシーンにおすすめの靴

冷えが心配な冬の時期

冷えが心配な冬の時期に妊婦さんにおすすめなのは、ボア付きのモカシンシューズです。
素材が柔らかく、足にフィットして疲れにくく、なによりもボア付きは温かく過ごせます。

寒いときの靴というと、ムートンブーツを思い描きますが、ブーツタイプはお腹の大きい妊娠後期には履きにくいというデメリットがありますのでボア付きのモカシンがおすすめです。

ボア付きのモカシンタイプなら足の甲の幅も広めにとってあるものが多いので分厚い靴下を履いてさらに温かくすることができます。

【外部リンク】冷えが心配な冬の時期におすすめの靴

長時間の外出や買い物をするとき

長時間の外出や買い物など、「今日はたくさん歩く」とわかってるときにおすすめなのはスリッポンスニーカーです。

靴底にクッションがあるタイプなら、長く歩いていても衝撃を吸収してくれて疲れにくく、靴自体が伸縮性のある素材出てきているものが多いので、夕方足がむくんでも辛くありません。

妊娠初期から中期ならつわりでふらつくこともあるので、しっかりホールドしてくれるスニーカータイプ、妊娠後期には屈んで靴紐を結ばなくていいスリッポンタイプがおすすめです。

【外部リンク】長時間の外出や買い物をするときにおすすめの靴

オフィススタイルのとき

働く妊婦さんで、あまりラフな格好を職場でできない場合は、靴はバレエシューズがおすすめです。
フラットパンプスも綺麗目に見えるので良いのですが、バレエシューズだとつま先がラウンドしているデザインが多いので、夕方足がむくんでもつま先が楽です。

妊婦さんの中には、足のむくみが酷く朝と夕方とで足のサイズが変わってしまう人もいますが、バレエシューズにはかかと部分がゴムになっていて伸縮が効くタイプのものもあり、一日仕事で足全体がむくんでもしっかりとフィットしてくれるというメリットもあります。

【外部リンク】スタイルのときにおすすめの靴

自分の足と生活シーンに合った靴を選びましょう

いかがでしたでしょうか。
妊婦さんの靴選びのポイントとシーン別のおすすめの靴でした。

妊娠中の靴はヒールは3センチ以内で、転倒の危険性が少ないものを優先して選びましょう。
また、妊娠初期と後期では履きやすい靴も変わってきますので、妊婦さんの生活シーンに合った靴選びをして快適なマタニティライフを送ってください。
妊婦さんに楽な靴は、赤ちゃんが生まれてからでも使いやすいものが多いのでおすすめです。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク