妊婦さんが使用OK/NGな目薬の成分とは?かゆみ・ものもらいなどの対策方法

妊娠すると、目薬ひとつでも安易に使ってよいものかどうか心配ですよね。
お腹の赤ちゃんへの影響副作用なども気になります。

しかし、目の痒み、ドライアイ、ものもらい、花粉症など、目のトラブルに悩まされている妊婦さんも少なくありません。

そこで今回は、使ってよい目薬の成分、妊婦さんに多い目のトラブル、目の不調を予防する対策方法などをまとめてみました。

妊娠中に目薬を使っても大丈夫?

妊娠前なら当たり前に使っていた目薬も、お腹の赤ちゃんに影響はないだろうか、副作用は大丈夫だろうかと不安に感じ、使うのをためらう人もいると思います。

妊娠中は赤ちゃんへの影響を考え、できるだけ薬の使用は控えたいものですが、目のトラブルで辛い症状が続くことで大きなストレスになり、妊婦さんにも赤ちゃんにもよくありません。
少しでも早く、不快な症状から解放されるために正しい使用法を知っておくことが大切ですね。

基本的には目薬使用はOK

目薬は目にだけに使用するもので量もごく少ないので、基本的には使っても問題はありません
現在市販されている目薬は、涙の成分に近くなるように作られています。
また、目薬そのものが目という局所的な部分だけに作用し、全身に投与する内服薬ではないので、使用については極端に敏感にならなくても大丈夫です。

ものもらいや花粉症などで、目の充血・炎症がひどい場合に効果があるとされているのが、フルメトロン点眼液です。
フルメトロン点眼液はステロイドの「フルオロメトロン」が入った目薬ですが、妊婦さんの場合は、「長期にわたり何回も使用しないこと」とされています。
禁止されている目薬ではないので、用量・用法を守って正しく使えば、辛い症状を抑えることができます。

妊娠中は避けたほうがよい目薬とは?

目薬の成分にもいろいろな種類がありますが、中には、妊娠中の使用に注意が必要なものもあります。

その一つが、主に目の痒みやアレルギー症状を抑える目薬に使われている「プラノプロフェン」という成分です。
これは消炎作用があり、痒みや異物感に効果のある目薬などに含まれています。
しかし、妊婦さんや赤ちゃんに対しての安全性が確立されていないので、妊娠中には使用を避けたほうが安心です。

この「プラノプロフェン」が含まれる目薬には、「アイリスガードP」「マイティアアイテクト」「ロートアルガード」などがあります。
添付の説明書にも『妊婦または妊娠していると思われる人』は使用しないようにと、注意書きがあります。
もし、アレルギー性結膜の治療で目薬が必要な場合は、市販薬ではなく、必ず主治医に相談して処方してもらうようにしてください。

市販の目薬を使用する際には、商品名や含有成分をしっかり確認することが大切です。
自分で判断するのが難しい、自信がないという人は、薬剤師が常駐しているドラッグストアなどで相談して購入するとよいでしょう。

妊婦さんが陥りやすい目のトラブル

パソコンやスマートフォン、テレビといった電子機器に囲まれている現代人は、知らず知らずのうちに目を酷使しています。
しかし、妊婦さんにとっては、目の酷使は普段以上に辛いものです。

では実際に妊婦さんが陥りやすい目のトラブル、病気にはどのようなものがあるのでしょうか。

眼精疲労

妊婦さんが陥りやすい目のトラブルでもっとも多いのが、眼精疲労です。
妊娠中に眼精疲労になる人が多いのは、ホルモンバランスが崩れたり、眼圧が上昇することが原因と考えらます。

また、お腹が大きくなってくると外出する機会が少なくなるので、自宅でテレビを見たり、パソコンやスマホを使ったり、編み物をしたりと、手元に焦点を合わせ続けることが多くなることも、眼精疲労の原因のひとつです。

とくに妊娠初期は目の痛みを感じることが多く、軽い頭痛を伴うこともありますが、妊娠中期になり疲れが進むと、目が腫れぼったくなる、充血して痒くなるという人もいます。
さらに進行すると、目だけではなく身体の他の部分、たとえば頭痛肩こり首こりなどの不調を誘発することもあります。

目の乾燥(ドライアイ)

仕事を続けている妊婦さんの中には、長時間パソコンに向かう人もいるでしょう。
目の乾きに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

ドライアイには3つのタイプがあります。

涙の分泌量が減少する「涙液減少タイプ」

目の表面を潤す働きとしての涙の分泌が少ないドライアイです。
目の疲れを感じたり、光をまぶしがったり、粘度の高い目ヤニが出るようになるケースもあるので、こうした症状が出たら病院で治療してもらいましょう。

涙の質が低下する「涙液蒸発タイプ」

目のふちにある脂質を出すマイボーム腺の分泌が減り、涙の質が低下する状態です。
コンタクトレンズを長時間装着していたり、パソコンでの長時間作業をする人に多いタイプです。

目の表面に潤いが定着しない「BUT短縮タイプ」

涙は出るのに流れてしまうため、潤いがなくなってしまう状態です。
通常、涙はまばたきすることで分泌され角膜表面に10秒以上とどまっていますが、BUT短縮タイプは短時間で流れてしまいます。

視力低下

もともと視力がよかった人でも、妊娠してから視力が落ちることがあります。

妊娠するとホルモンバランスの変化により、自律神経が乱れるため、目から入る情報が脳にスムーズに届きにくくなったり、ものを見る時にピントを合わせにくくなることがあるのです。

また、妊娠中はお腹の赤ちゃんに酸素や栄養を送るために血液量が増え、血圧が上がりやすくなります。
そのため眼圧が変化しやすく、眼球の周囲の視神経が影響を受け、ものが見えにくくなることもあります。

花粉症

妊娠してホルモンバランスや体質が変化することで、花粉症になったり、悪化することがあります。
妊婦さんが花粉症になったからといって、赤ちゃんに影響を及ぼすわけではありませんが、頻繁にくしゃみをすると腹圧がかかり、お腹の張りや痛みを感じることも。

また、お腹の赤ちゃんへの影響が心配で、花粉症の目薬や点鼻薬を使用するのをためらい、さらに症状を悪化させてしまうケースも多いようです。

結膜炎、ものもらいなど

免疫力が一時的に低下する妊娠初期は、アレルギー性結膜炎や、はやり目とも呼ばれるものもらいなどの感染症のリスクも高くなります。

お腹で胎児の育成が始まると、身体の免疫機能が働き赤ちゃんを異物として捉えてしまうことがあるため、
それを防ぐために、一時的に免疫力が低下します。
免疫力が落ちてしまう分、さまざまな感染症には普段以上に注意する必要があります。

目がチカチカする症状がある場合は要注意

目がチカチカするという経験はありませんか?
目がチカチカしてものが見にくくなったり、眩しく感じるのは眼精疲労が原因のことが多いです。
しかし眼精疲労になる原因が妊娠高血圧症候群起立性低血圧の場合のこともありますので、注意が必要です。

妊娠高血圧症候群

妊婦さんが気をつけなければならないのが、妊娠高血圧症候群です。
妊娠中毒症ともいい、妊娠の継続、出産にも関わる重大な症状の一つです。
高血圧の病状が悪化した時に、目のチカチカ症状が現れることが多いと言われています。

症状が悪化すると、目のチカチカ症状の他、腎臓機能の低下、むくみ、手足のしびれなどが現れます。
他にもさまざまな合併症もあり、妊婦さん、赤ちゃんの双方にとって命の危険もあるので、目がチカチカしたら婦人科の先生に診てもらうようにしましょう。

起立性低血圧(脳貧血)

急に立ち上がったりしたときに立ちくらみやめまいがして、目がチカチカするという場合は、起立性低血圧の可能性が考えられます。
貧血の症状と思われがちですが、ヘモグロビンの量には関係ないので、いわゆる貧血とは異なります。

目のチカチカ症状の他に、目の前が暗くなったり、冷や汗をかく人もいます。
最悪の場合は、数秒〜数分失神することもあるので、転倒して怪我をする危険性もあります。
起立性低血圧が見られたら、急に立ち上がらず動作をゆっくり行うことや、水分や塩分を十分に摂るなどの生活改善で対策しましょう。

目薬に頼らず目のトラブルを解消・予防するには?

急激に体調や体質が変化していく妊娠期間中は、目の負担をできるだけ軽くする工夫をしましょう。
目薬に頼る前に、普段からできる予防策や目の疲れを解消する方法をご紹介します。

目のストレッチをする

パソコン、スマートフォン、テレビなどで目を酷使した時は、目の緊張をやわらげるストレッチをしましょう。

  • 上下左右でできるだけ遠くのものを約3秒間見つめる
  • 遠くの緑や木々を集中して見つめる
  • 目をギュッと閉じ、すぐに開くという動作を2〜3回繰り返す
  • 顔の前に指を立てて見つめる、遠くのものを見ると交互に行う

血行不良も目のかすみや疲労の原因になることがあるので、蒸しタオルをあてて温めてみるのもいいですね。

目の乾燥を防ぐ

妊娠中は目も乾燥しがちです。
冷暖房の効いた部屋では空気が乾燥し、さらに目も乾きやすくなっています。
乾燥を防ぐには、外気や冷暖房の風が目に直接当たらないように気をつけ、加湿器濡れたタオルを干すなどで、部屋の湿度を保つようにしましょう。

また、紫外線の強い季節には、外出時にサングラスを使用しましょう。
紫外線から目を守ることで、乾燥を防ぐことができます。

メガネやコンタクトレンズを見直す

メガネやコンタクトレンズを使用している人は、まめに健診を受け、自分に合った度数のものを使うようにしましょう。

度数が合っていないメガネやコンタクトレンズをつけていると、それだけで疲れ目の原因になることも。
またコンタクトレンズを装着する際には、ゴミなどがつかないよう常に清潔を心がけましょう。

目を酷使しない環境をつくる

目を激しく動かすと筋肉が疲労しやすくなります。
パソコンやスマートフォンなどの画面も目にとってはかなりの刺激となっているので、できるだけ凝視する時間を短くし、適度に休憩をとるようにしましょう。

仕事などでどうしても長時間パソコンを見続けなければならない場合は、照明器具の配置や椅子の高さなどを調整し、なるべく目に負担がかからないような環境をつくりましょう。

また、画面を凝視しているとまばたきの回数が少なくなりがちなので、意識的にまばたきの回数を増やすことで、目の乾燥を防ぐことができます。

健康な目を保つために

妊婦さんの目のトラブル対策について紹介してきましたが、参考になったでしょうか。
妊娠前にはあまり不自由に感じていなかった目のトラブルも、体調の変化と共に気になりストレスになることもあると思います。

ストレスは、妊婦さんと赤ちゃんの健康の大敵。
だからこそ、ちょっとした目のトラブルも我慢せずに、適切な目薬を選んで辛い症状を改善することが大切です。

また、目のトラブルの中には重大な病気などが隠れている場合もあるので、不安なときはすぐに病院で診てもらうようにしてくださいね。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク