鎮痛剤のカロナールは妊婦さんが使っても大丈夫?飲んではいけない鎮痛剤とは

カロナールは、妊婦さんの頭痛薬、痛み止め、解熱剤としてよく処方される薬です。
ほかの薬に比べて副作用が少なく安全性の高い薬剤ですが、妊婦さんにとっては「お腹の赤ちゃんへ影響がないか」等、心配な面もあると思います。

ここでは妊娠中のカロナール服用はお母さんや赤ちゃんにとって安全か、服用するときの注意点、についてお伝えします。
また、カロナール以外に服用しない方が良い薬などについてお伝えしますので、参考にしてみてください。

カロナールの服用による影響とは


カロナールは解熱や、鎮痛に用いられる薬剤で、錠剤やシロップとしても市販されています。
効果は、頭痛、歯痛、解熱などで、腰痛や関節症の場合も処方されることがあります。

カロナールにはアセトアミノフェンという成分が含まれていますが、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDS)などに比べ、副作用が少なく穏やかに作用します。
解熱鎮痛剤として最も安全性が高いとされ、妊婦の処方薬として良く使われています。

しかしカロナールは100%安全というわけではなく、母体や赤ちゃんに影響が出てしまうこともあります。

カロナールが母体に与える副作用

他の薬に比べて安全性が高いカロナールですが、副作用がまったくないわけではありません。
必要以上に飲みすぎると、下痢腹痛を起こしたり、肝臓が悪くなる場合があります。

めったにないことですが、まれにショック、喘息症状、皮膚障害、嘔吐など重い副作用を起こす場合もあります。

カロナールがまれに引き起こす「胎児動脈管収縮」

カロナールは「胎児動脈管収縮」という副作用を引き起こす場合もあります。

動脈管収縮とは

動脈管は、大動脈と肺動脈をつなぐ血管で赤ちゃんの命を保つため大切な役割を果たしています。
赤ちゃんが羊水の中にいる時のみこの動脈管は開かれ、出生後、肺呼吸できるようになると動脈管は自然に閉鎖します。

もし産まれる前に赤ちゃんの動脈管が収縮して閉鎖すると、胎児右心不全など赤ちゃんの器官に重大な影響を及ぼしたり、胎児水腫肺高血圧症などを合併して死に至ることもあります。

安全性が高い薬でも飲み過ぎ注意

解熱鎮痛剤として安全性が高く、妊婦にも安心と思われていたカロナールですが、安易に飲むと母体や赤ちゃんへ影響が出る可能性があることがわかりました。

妊婦さんはお腹が重く、ホルモンのバランスがくずれやすいため頭痛、腰痛などになるケースが多いです。
つい鎮痛剤を飲みたくなるところですが、妊婦さんや赤ちゃんへのリスクが心配な薬もあるので、自己判断で飲まず医師や薬剤師などに相談することをおすすめします。

服用前に必ず産婦人科に相談を

産婦人科の担当医師に相談すると、普段の妊婦さんの体調、赤ちゃんの状態を知っているため、より確実な回答を得ることができます。
妊娠期間や、体調に合わせて安全性の高い薬を処方してくれます。

万が一、薬を飲んだ後、気分が悪くなったり体調に変化を感じたら副作用の可能性もあります。
そのままにせず、すぐに病院、出来ればかかりつけの産婦人科に診てもらいます。

妊娠中に禁忌の頭痛薬・成分


カロナール以外にも赤ちゃんの動脈管収縮、重篤な症状を引き起こす可能性がある薬、成分があります。

アスピリン

頭痛薬によく用いられる成分です。

妊娠中でも、特に12週までの初期段階、出産予定日12週以内の妊婦には投与してはいけない薬です。
長期服用した場合、動脈管早期閉鎖、貧血、産前産後の出血、難産、死産、新生児の体重減少などを引き起こす可能性があります。

また、アスピリンは母乳へ移行する成分なので、授乳中の女性も服用しないようにします。

イブプロフェン

イブプロフェンは、頭痛薬の主成分として用いられる成分です。

妊娠中期までは服用できますが、妊娠後期(妊娠32週以降)に入ったら服用できません
妊娠後期のラットに与えたところ、胎児が動脈間収縮を起こしたそうです。

授乳中の女性も母乳中へ移行しますので、服用は避けます。

ロキソニン

解熱鎮痛薬の中でも効果が強く、頭痛、歯痛、生理痛、関節リウマチ、腰痛などに用いられます。
効果が強い分、腹痛、浮腫、ショック、嘔吐などの副作用を起こす可能性も高いです。

妊娠末期に服用すると、胎児の動脈管収縮の可能性もあるので、妊娠末期に長期連用するのは避けます。

動物実験で、奇形児が産まれたとも報告されています。
妊娠中はできるだけ服用を控え、どうしても必要な場合は医師の診断のもと必要最小限の範囲にします。

鎮痛剤を使用する前の対策


鎮痛剤は、病気の原因そのものを取り除く事は出来ません。
あくまでも、痛みを和らげたり、症状を一時的に抑えるだけの対症療法です。

まして妊娠中の服用は、副作用の心配があるため、なるべく避けたいものです。
ここでは薬を使わずに症状を和らげる方法をご紹介します。

頭痛の対策

東洋医学では頭痛は現代医学と同じように、主に「血行の悪化」や精神的ストレス」が原因であると考えられています。

中でも、ストレスから起こる「緊張型頭痛」と「偏頭痛」が多いです。
「緊張型頭痛」は、ストレスにより首や肩の筋肉が緊張して血行が悪くなることから起こります。
「偏頭痛」も、ストレスが関わっており、何かのきっかけで脳の神経から痛みを感じる物質が出てその刺激によって起こります。

ただし「急に始まる頭痛」「次第に悪化する頭痛」「非常な痛みを伴う頭痛」は脳卒中脳腫瘍などの重篤な病気の可能性もあるので病院ですぐ診てもらいます。

血行を良くする

妊娠中はお腹が重いため、肩こりから頭痛を引き起こすケースも多いです。

ぬるめのお湯で半身浴をして血行を良くすると、肩こりから来る頭痛に効果的です。
通常は、20分ほどつかりますが、妊娠初期の場合は血流が良くなりすぎると子宮の収縮が起こり、流産につながる場合があるので普段の状態より短く10分程度にします。
37から38度のぬるま湯にゆったりつかります。

首筋や肩に温かいタオルをあてるのも良い方法です。

夜更かしはしない

夜更かしは自律神経のバランスを損ね、頭痛、腹痛、イライラを引き起こすことが多いです。
出来れば10時ごろには眠りにつくのがベストです。

また、就寝前にテレビやパソコン、スマホを見ると目から光が入り脳が休まりません。
就寝前30分になったら、これらの機器は使わないようにすることをおすすめします。。

目の疲れをとる

目を酷使することが頭痛を引き起こす場合もあります。
時々遠くの緑や星を見たり、テレビやスマホを見る時間を短めにして目を休ませます

歯痛の対策

歯の痛みは、虫歯が原因の場合、歯科医院での治療が必要となります。
妊婦でも歯科治療を受けることができますが、必ず妊娠していることを歯科医に告げてから治療を受けます。

また、虫歯やその他の異常が見られなくても、歯に痛みを感じるケースはよくあります。
この場合は、食生活などを見直すことをおすすめします。
市販のチョコレートやキャンディーなどの甘いお菓子には、人工甘味料がたくさん使われています。
人工甘味料は、虫歯の原因になりやすく歯の痛みを引き起こすことも多いのでなるべく控えます。
代わりに、果物蜂蜜など自然の甘みを使ったおやつをおすすめします。

熱の対策

熱そのものは、ウィルスを退治しようとする体の働きなので、悪いことではありません。

37度位の微熱であれば、赤ちゃんに影響することはほとんどないのですが、気になるようでしたら医師の診断を受けます。
まず担当の産婦人科に電話し、そのまま受診した方が良いか内科医などを受診したほうがいいか、確認することをお勧めします。

この時大切なのは、自己判断市販薬は使用しないことです。
解熱剤は、早産や難産などの副作用を引き起こす場合もあるので、医師に相談なく服用しないようにします。

発熱したときに気を付けること

東洋医学的には、熱は体の毒素を溶かし、排泄するための作用と考えられています。
ただ、発熱すると体力を使いますので、衰弱しないように食物水分しっかりとります
もし、食べ物が取れなくなったら衰弱を招く場合もあるので、病院に行き点滴など栄養補給の処置をしてもらいます。

食べたいものを食べる

熱が出たときはあまり食欲が出ないものですが、「今これが食べたい」というものがあれば、それを食べることをお勧めします。
食べたいものを食べて「おいしい」と感じることは体の免疫力を上げ、食欲を増進させるもととなります。


妊娠中の薬の服用は必ず医師に相談を


今回は、妊婦さんによく処方される「カロナール」をはじめとして、妊娠中の鎮痛剤の使い方についてお伝えしました。
穏やかな作用で副作用が少ないカロナールでも、妊婦さんが安易に飲む事は危険です。

頭痛や歯痛などで悩んでいたら、自己判断で薬を服用せず、必ず医師に相談しましょう。
生活習慣を見直すことで、これらの症状が解消する場合もあります。

無事に10カ月間を乗り越えて、健康な赤ちゃんが生まれますようにお祈りしています。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク