排卵日はオリモノでわかる?量や色・ニオイなど知っておきたいサイン

オリモノが多いと、不快に感じたり、病気の兆候なのかも、と不安になることもあるのではないでしょうか。

実はオリモノは、健康状態や排卵日を教えてくれる、身体からの大事なサインなのです。

オリモノについて知り、身体の状態を把握するためのバロメーターにしましょう。

オリモノの大事な役割


オリモノは、女性器の各部からの分泌物が、混ざりあったものをいいます。

通常は少し粘り気のある、透明な液体です。

そもそも、オリモノは何でできているの?

まず子宮内膜から、分泌液が子宮頸管を通ります。
そのときに、子宮頸管から分泌される、頚管粘液と混ざるのです。

さらに卵管から膣にたどり着くまでに、さまざまな体内の分泌物と混ざり合っていきます。

分泌物の内容は、膣内の古い細胞や、多数の細菌など。
これらが、オリモノを構成する成分です。

オリモノには大事な役割がある

下着について、不快に感じることも多いオリモノ。

しかし、オリモノには、身体を守るための大事な働きがあります。

自浄作用

オリモノは、膣内を酸性に保つことで、雑菌を殺す働きがあるのです。

そのことで、細菌が膣を通って、身体の中に入ってくるのを防ぎます。

オリモノが膣内内部を清潔に保ち、身体を守っているのですね。

受精のサポート

精子と卵子が受精するのをサポートするのも、オリモノの役割です。

子宮口からでるオリモノによって、精子は膣内に侵入します。

そして、精子が子宮にたどりつきやすくするのです。

生理周期とオリモノの深い関係


オリモノは、生理周期のなかで、量・色・状態が変化していきます。

オリモノの変化の理由は、女性ホルモンの分泌量の変化と関係があるといわれているので、みていきましょう。

2種類の女性ホルモン

オリモノの変化に関わる女性ホルモンが、エストロゲンプロゲステロンです。

エストロゲンは、生理開始から排卵までの期間(卵胞期)にかけて、徐々に増加します。
エストロゲンが増えると、オリモノが多くなるのです。

いっぽう、プロゲステロンが増えるのは、排卵直後から。
着床の準備を行う時期(黄体期)にピークを迎えます。

オリモノの分泌は、この2種類の女性ホルモンの分泌量によって、変化しているのです。

生理周期とオリモノの変化

具体的には、生理周期によって、オリモノには次のような変化が見られます。

生理の直後

  • 色:ほぼ透明
  • 形状:粘り気がない、水っぽい状態
  • におい:においが強くなる(血液のにおいや、生臭いにおいの場合が多い)
  • 量:最も少ない

卵胞期(排卵直前)

  • 色:白~クリーム色
  • 形状:サラサラとしていて、粘り気がない
  • におい:ほぼ無臭
  • 量:少しずつ増える時期

排卵期

  • 色:透明に近い
  • 形状:水分が多くなり、卵白のようなとろりとした状態で、ネバネバと伸びる
  • におい:ほぼ無臭
  • 量:最も多い時期

排卵後(黄体期)

  • 色:白色
  • 形状:粘り気が徐々に減少し、指でつまむとペタペタする
  • におい:強くなる場合が多い
  • 量:徐々に減少し、生理前にまた少しずつ増える

排卵日前後のオリモノの変化


生理周期のなかで、オリモノの量がもっとも増える時期は、排卵期です。

これは、子宮内の精子をスムーズに卵子まで届けようとする、身体のメカニズムといえるでしょう。

排卵日付近の、オリモノの状態を詳しく知ることは、妊活の目安にもなります。

排卵日前後のオリモノの特徴

精子をスムーズに運ぶために、オリモノの量が増えます。
さらに、粘着性の強い、卵の白身のような状態になることが特徴です。

どろっとしたかたまりで、出てくる人もいます。
触るとネバネバして、よく伸び、親指と人さし指で触って広げて、10cmほど伸ばしても切れないほどの弾力性があるケースが多いようです。

色は、基本的には透明です。

妊活のタイミングの目安になる?

最も妊娠しやすい性行為のタイミングは、排卵日の2日前といわれています。

妊娠を希望している場合、排卵日前後に数回セックスを行うと効果的です。

排卵日付近は、一般的にオリモノが増えます
これを排卵のサインとして、ある程度排卵の時期を予想はできるでしょう。

しかし、排卵期のオリモノの変化は2~3日続きます。
また体調によっても変化することも。

確実な排卵日を知るには、オリモノのチェックだけでは不十分です。

排卵日の予測ではなく、排卵時期の目安として考えましょう。

血液が混ざっているのは病気のサイン?

排卵日付近のおりものに、血液が混ざって茶色っぽくなることがあります。

この場合は、排卵出血の可能性が高いのです。

排卵の際に、卵巣の表面が傷つくことが、主な原因で起こる出血と考えられます。
排卵出血は病気ではありません。

オリモノが少ないと不妊のサインって本当?

排卵期には、一般的にオリモノが増えます。

排卵期なのにオリモノが少ないのは、不妊のサインなのでしょうか?

年齢によって、オリモノの量も変化しますし、個人差もあります。
体調にも、大きな影響を受けるのです。

オリモノが少ないからといって、不妊のサインとはいえません。

ただ、オリモノが出ないことによるデメリットはあります。

自浄作用の低下により、感染症のリスクが高まることです。
また、受精のサポート機能が発揮されず、受精しにくくなることも考えられます。

注意したいオリモノ


オリモノは、女性の身体の状態を教えてくれるバロメーターです。

オリモノが増える原因は、排卵だけとは限りません。

オリモノの変化は、病気のサインである場合もあります。

トイレに行った際は、オリモノの状態をチェックし、体の変化に早く気づきましょう。

オリモノが増えやすい病気

オリモノが増えやすい病気には、次のようなものがあります。

性器クラミジア感染症

白~黄色のオリモノの量が増え、水っぽくなる場合に疑わしい病気です。

通常に比べて、異臭を放つことが多いといわれます。

発熱や下腹部痛を、ともなう場合もあるようです。

カンジダ膣炎

カッテージチーズのようにボロボロする場合は、カンジダ症の可能性が考えれます。

量が増え、白く濁った色のオリモノで、粘り気が強くなることも特徴です。

その他の症状として、外陰部のかゆみや、性交時の痛みがあります。

ストレスや疲労、体調不良にる免疫力の低下によって、おこるケースが多いようです。

トリコモナス膣炎

黄緑や鮮やかな黄色で、泡のようなオリモノが大量にでるのが特徴です。

オリモノから、悪臭がする場合もあります。
外陰部のかゆみや、排尿時の痛み、膣内が熱く感じるケースもあるようです。

トリコモナス膣炎は、感染によって引き起こされるケースが多く、性交渉やプール・温泉などで感染することが考えられます。

妊娠のサインの可能性

妊娠の初期段階でも、オリモノの変化が生じることがあります。

妊娠すると、雑菌の侵入を防ぐために、オリモノの量が増加します。

初期段階で、本人が気づいていなくても、身体はしっかり受精卵を守っているのです。
妊娠に起因するオリモノの場合は、ニオイは少ないといわれています。

ストレスや生活習慣によって影響を受けることもある

過度なストレスは、脳や神経に負担をかけます。
そのことにより、女性ホルモンが正常に分泌されなくなるのです。

また、睡眠不足栄養不良も、女性ホルモンを乱す原因。

オリモノの量は、女性ホルモンと深い関係があることは前述の通りです。
ストレスや生活習慣によって、量が少なくなってしまうことも考えられます。

排卵日特定のために、オリモノのチェックと組み合わせたい方法


オリモノの状態は、体調やストレスにも影響を受けて変化します。

排卵日の予想には役立ちますが、特定までは難しいもの。

排卵日を知るためには、オリモノのチェックと基礎体温測定の併用がおすすめです。

基礎体温計で排卵日を予測する

基礎体温は、起床後、身体を休ませた状態で測る体温のこと。

月経期~卵胞期に低くなり、排卵日を境に、黄体期に高くなっていきます。
基礎体温が最も低くなるのが排卵日です。

オリモノの状態で、排卵日を予測し、基礎体温でダブルチェックしましょう。

そうすることで、排卵日特定の精度が高まります。
基礎体温の測り方については、詳しくはこちらの記事を参照ください。

生理周期を安定させる

過度なストレスや、不規則な生活習慣によって、ホルモンバランスは乱れます。

それにしたがい、生理周期も不規則になりがちに。

オリモノの量や色も、ホルモンバランスの影響をうけます。

結果として、オリモノの状態からの排卵日予測の精度が下がるのです。

生理周期を安定させることが、排卵日予測にとって大切といえます。

過度なストレスをためない、バランスのよい食事をとるなど、生活習慣を見直しましょう。
 

排卵日付近にオリモノが多いときの対策


身体を守り、身体の状態を教えてくれる、大切なオリモノ。

とはいえ、排卵日付近に量が増えると、不快を感じることもあります。

オリモノと上手につきあって、快適な日々を過ごしましょう。

オリモノシートを活用する

オリモノが多いと、下着が汚れて洗濯も手間がかかります。

量が多いときは、オリモノシート(パンティライナー)がおすすめです。
生理用ナプキンより薄いので、つけ心地も快適です。

軽くてコンパクトなため、持ち歩きも便利なのがうれしいところ。
つけっぱなしにするのではなく、こまめに取り換えて、デリケートな部分を清潔に保つようにしましょう。

通気性がよい服装を心がける

オリモノで気になるのは、ニオイ。

オリモノの中の細菌が繁殖すると、腐ったようなニオイがする場合があります。

下着の中が蒸れると、強いニオイが発生しやすくなります。

通気性のよい服装をし、かぶれやニオイを防ぎましょう。

お風呂で洗い過ぎない

ニオイが気になるからといって、過剰に石鹸などで洗いすぎるのは逆効果です。
必要な善玉菌まで洗い流してしまうと、感染症などのリスクが高まります。

敏感な部分の洗いすぎにより、かえって皮膚がかぶれるということもあるのです。

洗うときは、ぬるま湯をつかって優しく洗いましょう。

オリモノは大切なサインだった


オリモノは、身体からの大事なサインです。
とくに排卵日付近では、オリモノに変化が現れるので、妊活の目安にもなります。

きちんとタイミングを取りたいときは、基礎体温と併用して判断するとよいでしょう。

オリモノは、女性ホルモンと深い関係にあります。
量や状態がいつもと変わっていたら、ホルモンバランスが乱れている可能性も。

オリモノのチェックは生活習慣を見直し、ホルモンバランスを整えるきっかけになります。

また、病気のサインの可能性も考えられるでしょう。
おりものの異常を感じたら、すぐ病院へ相談することをおすすめします。

注目記事

【妊活サプリランキング】葉酸だけでは不十分!本当に必要な成分、効果、値段で徹底比較

妊活に必要な成分は葉酸以外にも沢山。妊活の為に本当に必要な成分を男女別に解説!夫婦で一緒に摂れる妊活サプリを比較しランキングにしています。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク