妊娠検査薬は再利用してもいい?信頼できる結果は?

ドラッグストアなどで、手軽に購入できる妊娠検査薬は、妊娠しているかどうかを知る手段として、最初に使う人がほとんどではないでしょうか。

「市販の妊娠検査薬って手軽でいいんだけど、何度も買うと意外とお金がかかるのが悩み」

「陽性反応が出なかった使用済みの妊娠検査薬を再利用できるのか誰かに聞いてみたいけど、話題にあがったことないし、友達に相談や質問したら笑われそう」

「妊娠検査薬は99%以上の精度っていわれてるけど、その判定結果って鵜呑みにしていいのかな。やっぱり病院で医師の判断を仰ぐべきかな」

「病院に行った方が正確な妊娠の判定はできるだろうけど、なんだか痛みそうでつい避けちゃう」

このような疑問・質問・悩みを持っている方にむけて、ひとつひとつ解決していきます。

実際、再利用できるのか


ドラッグストアなどで、手軽に購入できるクリアブルーやドゥーテストなどの妊娠検査薬。

ずばり、陰性反応・陽性反応いずれの判定結果であったとしても、使用済みの妊娠検査薬の再利用はできません。

一度使用すると、検査薬としての機能を失う仕組みのため、再利用はできないのです。

以下、再利用できない理由を詳しく見ていきましょう。

再利用できない理由


「妊娠検査薬を再利用できたらいいのに」と思う女性は多いようですが、再利用できない理由はその仕組みにあるようです。

妊娠検査薬が再利用できない仕組み

通常、市販の妊娠検査薬は、受精卵が子宮内膜に着床すると分泌され始めるhCGホルモンの数値を測定して、妊娠しているかどうかを判定する仕組みです。

一般的に、尿中のhCGホルモンの濃度50mlU/mlを基準値とし、それ以上の数値が認められる場合は陽性反応を示します。

検査薬の内部では、尿が吸収体から判定窓へと移動する間に、次の3つのステップが行われます。

  1. 判定窓の手前にある抗体が流れ出し、妊娠してhCGホルモンが分泌されていれば、hCGホルモンとこの抗体とが結合します。
  2. さらに移動していき、hCGホルモンがある場合、判定窓付近に用意されたもうひとつの抗体がhCGホルモンの結合体をキャッチします。
    そしてひとつめの抗体に添付されていた酵素が発色して陽性反応のラインを示します。
  3. 2つめの抗体はhCGホルモンに反応するため、尿中にhCGホルモンがなければ発色せずに(陽性反応のラインを示さず)そのまま流れていきます。

つまり、一度使用した妊娠検査薬は、陽性反応の場合に発色する酵素や、hCGホルモンに反応する抗体が、判定窓よりも奥側に移動してしまうのです。

このように、妊娠検査薬は一度使用すると、検査薬としての機能を失います。

そのため、前回は陰性反応で判定窓にラインが出ていないからといって再利用はできません

信頼できる結果はどうすればわかる?


妊娠検査薬をはじめとして、妊娠を知るための手段はいろいろあります。

そんななかでも、確実に判定できる方法とはどんな方法でしょうか。

妊娠検査薬

市販の妊娠検査薬は、その手軽さと99%以上という精度の高さから、多くの女性が使用しています。

産婦人科に行きたくても、仕事の勤務形態や都合上、なかなか難しい人や、産婦人科に行くときに人目をはばかるといった人などが、使用するケースも多いようです。

妊娠検査薬は高い精度をもちますが、正しい使用方法を守らないと正しい判定ができないケースがあるので注意が必要です。

なお、正しい使用方法を守ったとしても、妊娠検査薬の機能上の限界として、次のようなケースでは正しい判定結果が出ない可能性があるとされています。

  • 胞状奇胎
  • 子宮外妊娠

判定結果は、自分だけでなく、周囲の人の未来も大きく左右する大切なことです。

はやる気持ちは当然ですが、いい加減に行わずに、正しい使用方法を守って正確な妊娠の判定結果を得るように注意しましょう。

産婦人科で専門家に妊娠検査をしてもらう

市販の妊娠検査薬で、陽性反応の判定結果が出てから、妊娠の確認のために病院に行く人がほとんどのようです。

しかしなかには、市販の検査薬を使わずに、はじめから専門家のもとに行く人もいます。

検査薬を使用せずに産婦人科に行くのは、すでに子どもがいる女性に多いようです。

産婦人科で妊娠確認をする場合、市販の妊娠検査薬と同様に、尿中のhCGホルモンのチェックをします。
あと、超音波や内診などで胎芽や子宮の確認も行いますが、基本的に痛みはないようです。

妊娠検査薬を使用してから、産婦人科に行った場合は、尿検査を省くケースもあります。

医師による問診では、「生理が何日遅れているか」や「体調の変化はあるか」などを聞かれるようです。

このように病院では、さまざまな角度から医師が判定してくれるので、当然その判定結果は妊娠検査薬よりも精度が高くなりますが、そのいっぽうで病院に行くことを煩わしく感じる人もいます。

日頃から基礎体温を記録しておく

基礎体温を付けておくと、妊娠の判断がしやすくなります。

基礎体温とは、起床後、活動し始める前のもっとも安静状態の体温のことです。
ちょっとした動作で体温は上昇するため、基礎体温は朝目覚めたタイミングで計測しましょう。

個人差がありますが、通常、生理開始日から排卵日までの約14日間を「低温期」、排卵日からの約14日間を「高温期」といいます。

「低温期」は比較的低い基礎体温が続く時期、「高温期」は高い基礎体温が続く時期で、基礎体温はこの2つの時期に分かれているのが理想です。

妊娠すると

妊娠した場合は、排卵日から始まる高温期のまま下がらず、そのまま高い基礎体温を保ち続けます。

基礎体温で、妊娠に気づくというのは、この高温期の継続がみられるかどうかです。

基礎体温は個人差があり、低温期と高温期の体温の差があまりはっきりと表れない女性もいれば、そもそも排卵が正常に行われておらず、基礎体温の変化が見られない女性もいます。

そのため、日頃から記録し、自分の基礎体温の傾向を把握しておくとよいでしょう。

基礎体温を記録して、異常や不安なことがあれば、産婦人科を受診してください。

妊娠検査薬の正しい使い方


市販されている、一般的な妊娠検査薬の使用方法を、端的に示すと次のようになります。

使用する際の目安にしてください。

  • 適切な使用時期に使用する 
  • 使用方法に記載されている時間を守って尿をかける、または尿に浸す
  • 水平な状態にして終了窓に終了線が出るまで待つ
  • 判定窓の判定ラインを確認する

このなかでもとくに多いのが「適切な使用時期を守らない人」です。

早く判定結果を知りたい気持ちはわかりますが、正確な判定結果を得るためには、適切な使用時期に検査するよう注意しましょう。

妊娠検査薬の正しい使用方法については下記の記事をご覧ください。

妊娠検査薬を使用する場合の注意点


妊娠検査薬の再利用はNGです。

一度の検査で正しい判定結果を得るために、ほかの注意点を確認しましょう。

フライング検査はしない!使用するタイミングを守る

妊娠検査薬にもよりますが、一般的に妊娠検査薬を使用するタイミングとしては、「生理予定日の1週間後」が目安とされています。

生理周期が不規則な人や、自分の周期を把握していない人は「性交渉日+3週間後」を目安にしましょう。

それよりもはやく検査することは「フライング検査」といわれ、間違った判定結果を示す原因です。

たとえ着床出血が確認できたとしても、着床出血が確認されるような着床したばかりの時期では、まだ検査薬が反応するほどのhCGホルモンが分泌されていない可能性があります。

正確な判定結果のために、焦る気持ちをおさえて、検査するタイミング(規定の目安基準)を守ってください。

検査するのにベターな時間帯を選ぶ

最近の検査薬は、検査する時間帯を指定しているものはあまりありません。

以前は「妊娠検査薬を使用するときは、朝一番の尿で検査する」といった注意書きがありました。

就寝中、尿は凝縮されるため、hCGホルモンの濃度があがって陽性反応が出やすいことが理由です。

現在は、注意書きされていないものがほとんどなので、精度があがったのかもしれません。
どの時間で測っても、とくに問題はないようですが、より正確な判定結果を得るためには、朝一番の尿で検査するのがベターのようです。

尿をかける場所の間違い

妊娠検査薬は、キャップがついているものがほとんどです。

あと、まれにキャップを外し忘れて尿をかけてしまう人がいるようですが、尿の吸収体にかけなければ検査ができないのでキャップを外し忘れないように注意しましょう。

蒸発線と陽性反応のラインを間違えない

先に説明したフライング検査や、判定時間を超えた判定の場合、判定窓にうっすらとラインが出ることがありますが、陽性反応とは違う「蒸発線」といわれるものです。

陽性反応と間違えないようにしましょう。

妊娠検査薬のほとんどは、尿をかけてから約1~10分で判定結果を示します。

ほとんどの妊娠検査薬の注意書きには、「○分を過ぎての判定は避けてください」というような記載があります。

判定時間をすぎると、正しい結果が出ない可能性があるのです。

ほとんどの妊娠検査薬は「10分以内」であれば判定可能としていますが、たとえば、アメリカ厚生労働省認可の「ワンステップ」という商品は判定時間を「5分以内」としています。

このように、商品によってちょっとした違いがあるため、使用する妊娠検査薬の注意書きは必ず確認しましょう。

飲酒後は妊娠検査薬の使用はNG?

アルコールは検査薬に誤判定させることはないため、基本的には判定結果に影響はありません。

ただ、検査前に過剰にアルコールをとった場合、尿の量が増えます。

その結果、尿の濃度が低くなったことが原因で、陽性反応を示すはずが陰性反応を示してしまうという可能性はあります。

妊娠を希望するタイミングで葉酸を飲むといい理由


妊娠初期に摂取がすすめられる葉酸ですが、実は妊娠を希望する人にもおすすめです。

葉酸の摂取は、これから産まれてくる赤ちゃんの神経管閉鎖障害などの発症リスクを低減させるために国が推奨しています。

それだけでなく、一般的に葉酸は「妊娠しやすい体づくりのため」に効果的ともいわれています。

葉酸には、冷え性や貧血の改善やホルモンバランスを整える作用があるとされているのが理由です。

ただ、葉酸のサプリメントは高価なものが多いのも事実で、継続して摂取するとなると金銭的な負担になることもあります。

生まれてくる赤ちゃんのためにも、妊娠しやすい体づくりのためにも、葉酸のサプリメントは上手に活用しましょう。

妊娠検査薬は正しい使い方で使うべし!


市販の妊娠検査薬は、手軽に使用できるため、使い方が雑になりがちです。

しかし、使用するタイミングが早かったりや再利用したりなど、誤った使い方は、正しい判定結果が出ない可能性があるので注意しましょう。

判定がでなかった検査薬は、なんだかもったいないような気もしますが、使えないものです。

新しい検査薬を必ず使用して、確認してくださいね。

注目記事

【妊活サプリランキング】葉酸だけでは不十分!本当に必要な成分、効果、値段で徹底比較

妊活に必要な成分は葉酸以外にも沢山。妊活の為に本当に必要な成分を男女別に解説!夫婦で一緒に摂れる妊活サプリを比較しランキングにしています。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク