アトピー性皮膚炎の特徴・原因・皮膚のトラブル


アトピー性皮膚炎の特徴

乳幼児のアトピー性皮膚炎とは、痒みのある赤い湿疹でジクジクした感じのものが2ヶ月以上続く・再発を繰り返す・湿疹のできる部分が首、背中、お腹、ほう、ひたい、関節部分、目の周り・耳切れなど・体にひっかき傷が残る等が特徴です。これは、ガードの役割を果す角層に異常が起き、健康な皮膚であればちょっとやそっとの病原菌を跳ね返せますがアトピー性皮膚炎では、バリアの低下がうまく働かなくなり細菌やウイルス・アレルゲンが体内に侵入しやすくなってしまいます。乳児などはとくに皮膚のバリア機能が未熟なため、大人にとってはなんでもない菌が影響を与えてしまします。見た目だけでは、アトピー性皮膚炎と判断がつかないことも多々あります、アトピー要因があるか否かは血液検査・皮膚検査を行います。また、アトピー要因は遺伝もするので、家族のアレルギー疾患(アトピー性皮膚炎・喘息・花粉症・アレルギー疾患)があるのかも診断の参考にします。アトピーと疑われる場合は、専門医を受診しましょう。

アトピー性皮膚炎の原因

体の外から入ってくるもの

  • 食物性アレルゲン(卵・牛乳・小麦などのアレルゲンを含む食品)
  • 吸入性アレルゲン(ダニ・カビ・ペット・花粉など)
  • 接触性アレルゲン(油・洗剤・石鹸などの刺激の強いもの)
  • 薬剤性アレルゲン(抗生物質・ペニシリンなどの服用や注射、塗布、挿入)
  • 日光性

いつも体の中にあるもの

  • 感染症アレルゲン(風邪・下痢)
  • 自己免疫的要因(過敏なな免疫反応)

刺激性要因

肌着との摩擦・寝具・よだれ・涙・石鹸・シャンプーなど

上記に加え、ストレス・体調等が関係してきます。アトピー性皮膚炎の治療法は、原因・悪化因子を調べる事と、対策・スキンケア(異常な皮膚機能の補正)、そして薬物療法が基本となります。

アトピー性皮膚炎と間違えやすい皮膚のトラブル

新生児ニキビ
赤いぶつぶつとした湿疹ができ、真ん中に白い芯がある(頬やおでこ)。スキンケアをしていると、自然と治ります。
あせも
ピンク~アカ色の細かな痒みのあるブツブツ(頭・首・わきなど汗の溜まりやすい部分)。治療法は汗を洗い流し、涼しい環境をつくる。症状がひどい場合は、抗炎症作用のある薬を使います。
とびひ
痒みがあり水疱が出来る(手足・ひどい場合は全身)。痒くてかいていると、いたるところに広がります。
乳児脂漏性湿疹
黄色っぽいフケのようなものが固まり、かさかさになったり、赤くジクジクしています。ベタベタとしている(頭・顔・眉毛)。この湿疹は成長と共に治ります。
おむつかぶれ
おむつを付けている赤ちゃんに多い(下痢や、うんちの回数が多い時に特に出やすい)。赤いぶつぶつだが、ひどくなるとジュクジュクし、痒みが出てくる。症状が軽い場合は、入念なスキンケアをしましょう。
虫刺され
虫に刺された後に赤く腫れ、アトピー要因が強い子は、かいてしまい赤い小さな発疹ができてしまいます。抗ヒスタミン剤入りのかゆみ止めを使用します。

この用に、間違えやすい皮膚のトラブルは様々です。湿疹が出てきた時は、どこの部分にできているか・いつ頃からか・痒みはあるのかなどメモを取っておくことも診断の上で役立ちます。

アレルギーとは食物アレルギーの検査方法とアトピー性皮膚炎アレルギーになりやすい食材とアレルギーの赤ちゃんの離乳食ダニによる乳幼児のアトピー性皮膚炎についてアトピー性皮膚炎の薬についてアトピーの赤ちゃんのスキンケア

アトピーの子にオススメ!離乳食レシピ本

■「アトピッ子のお料理ブック」

アレルギーを持っているお子さんがいる方にオススメの本です!卵・牛乳・大豆・小麦を一切使用しない栄養たっぷりの料理を紹介しています。


アトピーのスキンケア

アトピー性皮膚炎は角質細胞間脂質(セラミド)という物質が少なく、外からの刺激を受けやすくなり、内側の水分が減ってカサカサ肌になりやすいのです。なので、毎日の「スキンケア」で気を付けてあげましょう。アトピー肌だと、汗・皮膚の汚れ・刺激性のあるものなどが原因で皮膚の状況が悪くなり、どれが原因かは個人差があります。

「スキンケア」の基本は、清潔・保湿

人の皮膚には想像以上に汚れています。その為、「体の内側からの汚れ」「体の外側からの汚れ」どちらも気を付けなくてはなりません。

「体の内側からの汚れ」というと、汗などになります。赤ちゃんの頃は新陳代謝が活発なため、汗をいっぱいかきます。しかし、汗腺が十分に開いていないため、あせもが出やすく、最近では暖房が効いていますので冬でもあせもができやすくなってしまいます。室温は適度に保つ・汗はこまめに拭くをこころがけましょう。毎日のスキンケアがアトピー性皮膚炎の改善方法として重要ですが、スキンケア用品がその子に合うかは、実際に使ってみて様子を見ながら選びましょう。清潔に保つとは言っていますが、洗いすぎは禁物でえす。石鹸で何度も洗ったり、タオルで強く擦ってしまうと必要な皮脂分まで洗い流してしまい、さらに皮膚が敏感になってしまいます。

お風呂

赤ちゃんをお風呂に入れる
湯温が40℃以上になってしまうと、皮脂が落ちやすくなりかゆみを感じますので、ぬるめに設定します。湯冷めは、お風呂の後温かくしておけば問題ありません。

髪を一番先に洗いましょう。シャンプーは背中や、首に残ると刺激となり湿疹や炎症の原因となります。そのため、体を洗う前にシャンプーをする必要があります。シャンプーは、適量を手に取り、お湯と混ぜて泡立てて、泡で髪や頭皮を洗います。体も同じですが、洗う時は爪を立てず、指の腹で優しく洗います。洗い終わったら十分にすすぎ、体についたシャンプーも隅々までお湯で洗い流します。

次にお母さんや、お父さんの手で顔・体を丁寧に洗いましょう。石鹸を十分に泡立て、その泡で洗います。ナイロンタオルやスポンジで擦ると刺激が強すぎるのでいけません。

石鹸は汚れを落とすだけでなく皮脂も落としてしまうので、使いすぎには注意が必要です。1日に1回で十分です。低刺激性などの表示のあるものを使いましょう。どの石鹸が合うかは、人それぞれなので実際に試してみましょう。薬用石鹸は消毒用なので、医師からの指示が出たときのみ使います。

以下の石鹸は低刺激ヨシミの無添加石鹸で、香料、着色料、防腐剤無添加です。乳児湿疹・アトピーなどで悩まれている方から支持されている商品ですのでオススメです。商品のレビューを見ても沢山のママから高評価を得ています。

入浴剤は保湿効果のあるものを使うと、乾燥肌の子には良いでしょう。ですが、入浴後ほてりや、かゆみを感じる物もありますので、その子にあったものを選んであげましょう。

汗や汚れは早めに洗い流したほうが良いので、シャワーを適用すると良いでしょう。汗なら、石鹸も使いません。また、下痢の時もシャワーで流したほうが清潔に保てます。

保湿

赤ちゃんの顔に保湿剤を塗る
保湿剤にはほとんど副作用がないので、1日に何度塗っても大丈夫です。塗る目安としては、「朝の着替え時」「お風呂上り」の2回に、冬場の外出時などに、表面にたっぷりのばしてあげます。保湿剤も人それぞれなので、その子に合ったものを選んであげましょう。

白色ワセリン・椿油・オリーブオイルなどは保湿剤とは違いますが、皮膚の水分を逃がさないなどの効果があります。

刺激を減らす工夫を

アトピー性皮膚炎がひどくなると、ひっかくことが多くなり、血を滲ませてしまうこともあります。湿疹をひっかくと角層がはがれアレルゲンや細菌が入りやすくなってしまいます。赤ちゃんや子どもがひっかいてしまうのは、痒いからです。大人でもなかなか、痒いのを我慢することは難しいものです。そこで、できるだけ刺激を減らす工夫をしましょう。

まず、肌に密着している、「衣類」に注目してみましょう。肌への刺激の少ない素材といえば、綿100%です。痒みの原因の汗を素早く吸収してくれ、肌触りも優しいです。肌着など新しく購入したものを着せる場合は必ず一度水洗いしましょう。化繊・ウールは皮膚を刺激してしまうので、着せる時は肌着などを着せ、肌に直接触れないようにしましょう。赤ちゃんや子どもの衣類だけでなく、抱っこの時に赤ちゃんに直接触れる、お母さんやお父さんの衣類にも注意が必要です。寝具も同様に注意が必要です。刺激の少ない素材の衣類でも、繊維に残った「洗剤」で、アレルギー反応を起こしてしまうことがあります。十分なすすぎで、防ぐことができます。

アトピー性皮膚炎の日常生活での注意点

  1. 水道水に注意する・・・水道水に含まれる消毒用の「塩素」がアレルゲンとなることがあります。飲み水だけでなく、お風呂のシャワーにも注意しましょう。
  2. 皮膚を清潔に保つ。
  3. 草食動物の脂肪や酸化された脂肪の摂取を控える・・・酸化された脂肪とは、中性脂肪やコレステロールなどの脂質が活性酸素によって酸化されたもの。
  4. 野菜や海草を多く摂取する・・・無汚染のものにしましょう。
  5. 甘いもの、加工食品、スナック菓子などは避けましょう。
  6. 食べ過ぎに注意する。
  7. 身の回りから化学物質を出来るだけ遠ざける・・・食品添加物・農薬・化粧品・合成洗剤・シャンプーなど
  8. 早寝早起きを習慣付ける。
  9. ストレスや疲労を溜めない。
  10. 医薬品を使いすぎない。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク