妊婦さんが自転車に乗るリスクとメリットって何?乗る時の注意点は?

妊娠中に自転車を運転することについて、産婦人科の専門家の中でも「運転しても大丈夫」という意見と「できるだけ自転車運転は避けたほうが良い」という意見で大きく分かれます。

「これが正解」というものがないので、自転車を運転していいのか迷うママが多いです。
そこで、妊婦さんが自転車に乗るリスクとメリット、また自転車を運転する際に注意するべきことについてまとめました。

妊婦さんが自転車にのるリスクとは


妊婦さんが自転車に乗る際にはどのようなリスクがあるのでしょうか。
考えられるリスクについてまとめました。

妊娠中は注意力や反射神経が鈍くなっている

妊娠中はホルモンバランスが通常と違うため、普段よりもぼーっとしてしまったり、強い倦怠感を感じることがあります。

そのため、注意力が低下し、反射神経も鈍くなりがちです。
信号を見落としたり、後ろからくる人に気づかなかったりと、自転車を運転中に事故や転倒など危険な状況になってしまう可能性が高くなってしまいます。

特に妊娠初期には注意が必要

妊娠初期には黄体ホルモンが多く分泌されるので、ホルモンバランスによって体調が変化しやすくなっています。

また、妊娠初期にはまだ胎盤が完全に出来上がっていないため、お腹に刺激を与えるリスクがあることはやめておいた方がいいです。。

妊娠初期にはできるだけ自転車の運転は控え、どうしても必要な時には細心の注意を払いましょう。

自転車をこぐときに腹圧がかかってしまう

妊娠中に自転車をこぐと、ママのお腹に腹圧がかかってしまいます。

自転車をこぐときにペダルを強く踏み出すときにお腹に腹圧がかかります。
特に坂道や重い荷物を載せているときなどはぐっと力が入り、腹圧も高まり胎児に影響を及ぼす危険性があります。

妊娠中の自転車は転びやすい

妊娠中の自転車運転は普段より転びやすくなっています。
妊娠初期はホルモンバランスが安定しておらず、つわりや立ちくらみ、注意力の散漫で転倒の危険性があります

つわりが終わった安定期の妊娠中期であっても、体重が増え、お腹が大きくなり重心が変わるので自転車を運転する際にバランスがとりにくく、転倒の危険性があります。

妊娠中期よりもさらにお腹が大きくなる妊娠後期も危険性は同様です。

骨盤が歪んでしまう危険性がある

妊娠中に自転車に乗ると、骨盤が歪む危険性があります。
妊娠によって増えた体重に対し、小さなサドルでは骨盤全体がうまく乗らず、サドルに接している中心部分が押されるため、骨盤が左右に開いて歪んでしまう事があります。

特に、妊娠後期では出産に向けて赤ちゃんが大きくなり、骨盤が緩みやすくなっているので、ゆがみの危険性が高くなります。

さらに、妊娠後期でお腹が大きくなり重心がずれると、自転車に乗る姿勢も崩れるので骨盤が歪みやすい状態になってしまいます。

骨盤のゆがみは切迫流産やむくみなどを引き起こす原因となるので注意が必要です。

むくみや便秘がある方は要注意!

妊娠中の自転車運転をしていてむくみや便秘などが出てきたら、骨盤が歪んでしまっているかもしれません。
妊娠中の自転車運転は、前述の通り骨盤のゆがみを起こす可能性があります。

骨盤が歪むとむくみや便秘だけでなく、逆子の原因にもなりかねません。
逆子になる原因は複合的であることが多いので、自転車だけが原因とは言えませんが、一度逆子になってしまったら以降は自転車に乗るは避けることをおすすめします。

自転車に乗った時の振動が刺激になってしまう

妊婦さんが自転車にのると、凹凸のある道や坂道などを通った際の振動がママのお腹にとって刺激になってしまう事があります。
妊娠中のお腹に振動などの刺激が加わると、お腹が張りやすくなってしまいます。

お腹が張ると切迫流産などママと赤ちゃんにとって危険なこともあるので、できるだけ平坦な道を選びましょう。

妊婦さんが自転車に乗るメリット


妊婦さんが自転車を運転するには様々な制限がありますが、それでも妊婦さんが自転車を運転するメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。

考えられるメリットについてまとめました。

通勤や移動が楽になる

仕事での通勤や、2人目を妊娠しているときの上の子の保育園の送迎など、自転車に乗ると移動が楽になるというメリットがあります。

特に、幼稚園や私立保育園ではなく、公立保育園や認可外保育園に上の子を預けているママなら、自転車が無くては生活に支障がでるといっても過言ではありません。

幼稚園や私立保育園なら送迎バスがあることが多いですが、公立保育園や認可外保育園には送迎バスはないことが多いです。
その場合、ママは自転車に上の子を乗せて自分で送迎しないといけません。

通勤や保育園の送迎は毎日のことなので、自転車があることで移動時間が短くなって助かるというママは多いです。

先輩ママたちが、妊娠しても自転車に乗る大きな理由の一つが、保育園の送迎です。
保育園は道が狭いところにあることが多く、車よりも自転車のほうが便利だという先輩ママも多くいました。

体力や筋力がつく

妊娠中に自転車にのると、足の筋肉が鍛えられ、体力もつくというメリットがあります。
妊娠中は運動不足は大敵です。

妊娠維持や出産には体力が必要になるので産婦人科の医師からママに適度な運動を指示することは多いです。

出産時には足腰の筋肉が重要になるので、自転車を運転することで体力や筋力が付き、出産に役立ちます

ダイエットになる

妊娠中は、ホルモンバランスの関係で体重が増えすぎてしまう妊婦さんも少なくありません。
産婦人科医に、ダイエットを言い渡されるケースもあります。

そんなときに、自転車運転は適度な運動になるので体重管理の助けになります
ただし、あまり負荷をかけないようにすることが重要です。

買い物など、重い荷物を持たなくて済む

妊娠中に自転車に乗ると、スーパーの買い物など重い荷物をもって歩かなくて済みます

保育園へ上の子を送るときにも、子供の着替えなどがあって荷物は多くなりますし、働くママなどは普段から沢山の荷物をもって移動することが多いです。

重たい荷物をもって歩くよりも、荷物を載せて自転車を運転する方が妊婦さんにとっては身体が楽な場合もあります。

妊婦さんはいつまで自転車にのっていいの?

妊婦さんが自転車に乗るさいに、「いつからいつまでは大丈夫」という明確な正解はありません
妊娠初期にはつわりなどの体調不良があり、安定期の妊娠中期や後期でもお腹が大きくなったことで体重が増え、重心も変わるので自転車の運転には注意が必要です。

妊娠中の自転車運転は体調や体型など十分考慮して、無理のない範囲で行いましょう。

妊娠中に自転車に乗った時に注意してほしい症状


妊娠中に自転車を運転する際に、起こり得るママの身体の症状についてまとめました。
このような症状が出た場合には自転車運転はすぐにやめ、かかりつけの産婦人科医に相談しましょう。

下腹部痛・お腹の張り

妊娠中は重いものを持ったり、運動のしすぎなどでお腹に刺激が加わると下腹部痛が起こったり、お腹が張ってしまいます。

妊娠中の下腹部痛やお腹の張りは、切迫流産などの危険性もあるので、違和感を感じたらママはすぐに自転車を降りて身体を休めましょう。

不安がある場合や、なかなか痛みが引かない、または一旦は痛みが引いたのにぶり返してきた場合にはすぐに産婦人科に電話で相談し、判断を仰ぎましょう。

不正出血

自転車に乗って不正出血があった場合は、切迫流産などお腹の危険を知らせるサインである可能性が高いです。
すぐに産婦人科に電話して相談しましょう。
診断の結果安静を言い渡されたらそれ以降は自転車に乗るのはやめましょう。

切迫早産

妊娠中の自転車の運転にはお腹を刺激する可能性があり、切迫早産の可能性も少なくありません
お腹が張ったり、不正出血があるなどの症状が出た時には切迫早産のサインかもしれません。
すぐに産婦人科に診てもらいましょう。

胎動を感じない

胎動はママがおなかの赤ちゃんの様子を知るバロメーターです。
妊娠中期ごろから胎動は感じられるようになりますが、自転車に乗った後、赤ちゃんの胎動を感じなくなった場合には注意が必要です。

胎動を感じない理由として、ただ赤ちゃんが寝ていて動かなかっただけ、ということもあるので慌てずに産婦人科に電話をして相談し、様子をみましょう。

場合によっては受診も必要になるので、産婦人科の指示に従ってください。

妊婦さんが自転車に乗るときの注意点


妊婦さんが自転車に乗る際に注意するべき点はどういったものでしょうか。
考えられる注意点についてまとめました。

サドルを低くする

自転車のサドルは低くしましょう。
自転車にまたがった時に足が地面に着くようにサドルを調節してください。
足が片方しか地面につかなかったり、足の指しか地面につかないような高さの自転車はママには危険です。
サドルを低くすればふらつきやすい妊娠初期や妊娠後期でも、足がしっかりと地面につくので転倒を予防できます。

安全な道を選ぶ

妊婦さんが自転車を運転するときはできるだけ安全な道を選びましょう。
交通量が多い、道幅が狭いなど、人との接触や転倒の危険性があるような道は避けることをおすすめします。

普段使い慣れている道でも、十分注意して運転しましょう。

スピードを出さない

妊娠中は注意力が散漫になり、バランスもとりにくくなることがあります。
人との接触や転倒の危険性を回避するためにも、スピードは控えめにしましょう。

また、出かける際には慌てなくていいように時間に余裕を持つようにしましょう。

段差・上り坂は避ける

妊婦さんが自転車を運転するときは、道の段差や上り坂は避けましょう。
段差がある道は、自転車にかかる振動がお腹を刺激する危険性があります。

また、上り坂を上る際に力いっぱいペダルをこぐと腹圧がたかまり、こちらもお腹が張る原因になってしまいかねません。

どうしても段差や上り坂がある道を避けられない時は、ママは自転車は下り、押して通りましょう。

天候や気温を事前にチェックする

妊婦さんが自転車を運転するときには、天候や気温を事前にチェックするようにしましょう。

雨や風が強いときなど、悪天候のときはバランスを崩しやすく、スリップによる転倒の危険性もあります。

また、夏の暑すぎるときも熱中症になるリスクも考えられるので事前に天候や気温をチェックしておきましょう。
あまり条件の悪い時には自転車に代わる交通手段を選択することをおすすめします。

長時間乗らない

自転車は便利ですが、妊娠中は長時間は乗らないようにしましょう。
特に妊娠初期のママは、子宮周りの筋肉が変化している状態です。
長時間自転車に乗ることで、子宮、骨盤周辺や股関節の筋肉に思わぬ影響を及ぼす可能性も考えられます。

また、長時間運動することでお腹が張りやすくなってしまう事もあります。

お腹の赤ちゃんへの影響が心配なので、安定期の妊娠中期、妊娠後期のママも長時間自転車を運転することは避けましょう。

直立に近い姿勢で乗る

妊婦さんが自転車にのるときは、自転車のハンドルを上げて直立に近い姿勢で運転できるようにしましょう。

自転車のハンドルが低く、前かがみの姿勢になってしまうとお腹に圧がかかってしまいます。
あまりお腹に圧がかかると、赤ちゃんへの影響が心配です。
できるだけ、まっすぐな姿勢で自転車を運転するように心がけましょう。

脱げやすい・すべりやすい靴は避ける

妊娠中に自転車を運転するときには、サンダルスリッポンなどの突っかけるタイプの靴は避けましょう。
自転車を運転中に靴が脱げたら危険です。

また、滑りやすい靴は自転車をこぐときにペダルから足が外れる可能性があり、こちらも危険です。
転倒や大きなけがをする事故の原因になりかねませんので、自転車を運転するときはしっかりと足がホールドされたタイプの、滑りにくい靴を履きましょう。

妊婦さんにおすすめの自転車グッズ


妊婦さんが自転車に乗るときには注意点や不安がいくつかあります。
そこで、それらを解消できる、あると便利なおすすめの自転車グッズを調べました。

大きいサドル

妊婦さんが自転車に乗るときにはサドルを大きいものにするのがおすすめです。

ママの自転車運転には安定性が重要です。
大きいサドルに変えることで、妊娠で増えた体重を安全に支え、腰にかかる衝撃も吸収しやすくなります。

先輩ママの意見でも、サドルを大きなものにすると楽になったという口コミが多いです。

【外部リンク】キアーロ 自転車用 特大サドル GR6617(楽天) 

ミラーで安全運転

自転車のミラーを大きめのものに変えることで、後ろをチェックしやすくなり安全性が高まります。折りたたみ自転車など、おしゃれな自転車にはミラーがついていなかったり、あっても小さかったりします。

大きめのミラーに交換することで、追い越そうとしている人など後ろをチェックできて、転倒の危険性も減り、ママの安全運転に役立ちます

もともとミラーがついていない自転車でも、簡単に取り付けられるタイプのミラーがあります。

【外部リンク】自転車用ミラー(Amazon)

電動自転車を利用する

アシスト機能付きの電動自転車を利用するのもおすすめです。
沢山の荷物や、上の子を乗せているときはペダルが重くなりがちです。

あまりペダルが重いと、腹圧がかかってしまうのでアシスト機能付きの電動自転車を利用するとお腹への負担も減るのでママには安心です。

ただし、電動自転車はスピードも出やすいので注意して運転してください。

交通アプリで安全な道をナビしてくれる

交通アプリをダウンロードしておくと、安全な道をナビしてくれるので妊婦さんにおすすめです。
有料サービスにはなりますが、ナビタイムなどでは自転車のルートも検索してくれます。

先輩ママに人気だったのは、坂が少ない道などの検索も可能なところです。
また、気温や気候もチェックできるので便利です。

【外部リンク】NAVITIME

妊娠中の自転車運転には普段より多くの注意が必要

いかがでしたでしょうか。
妊婦さんが自転車にのるリスクとメリット、注意点についてでした。

妊娠中の自転車の運転については、産婦人科医や専門家でも意見が分かれるところで、一概に乗ってはダメとは言えません
切迫流産や不正出血など、赤ちゃんへの危険性を考えると、出来ればママの自転車の運転は控えてほしいところですが、上の子を公立保育園や認可外保育園に預けている働くママにとっては生活になくてはならないものでもあります。

おすすめした便利グッズを活用するなどできる限り転倒などのリスクが低い運転を心がけましょう。
お腹の張りなど、気になる症状が出た場合にはすぐ身体を休めてに産婦人科に電話するなど、くれぐれも無理のないようにしてください。

普段より多く注意を払うことでママと赤ちゃんを守ることができます。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク