排卵痛はいつ起こるの?妊娠しやすい?症状とタイミング

「排卵痛」は「排卵日」に起こると考えている方が、多くいるのではないでしょうか。
しかし、実はこのイメージは正しくないのです。

では排卵痛とは、本来いつ起こるものなのでしょうか。

症状と妊娠しやすいタイミング、痛みを和らげる方法を合わせてみていきましょう。

排卵痛が起こるタイミングとは


排卵痛とは、排卵日の前日や、翌日を含めた約3日間の「排卵期」に感じる痛みをいいます。

生理周期が28日の人であれば、生理開始日から13~15日後あたりに排卵痛が現れるというわけです。

しかし、排卵痛の症状や程度は人それぞれで、痛みをまったく感じない人もいれば、下腹部がチクチクと痛んだり、一時的に腰痛がひどくなる方もいます。

生理予定日の約14日後に痛みを感じると、その日が排卵日だと勘違いしてしまいがちですか、必ずしも「排卵痛=排卵日」ではありません

痛みを感じるタイミングには、「排卵前」「排卵日」「排卵後」の3つあります。

排卵痛を感じる時期と、それぞれの痛みの原因をみていきましょう。

排卵前

排卵前に感じる痛みは、卵巣の腫れが原因と考えられます。

排卵する前というのは、卵胞が成熟して大きくなり、卵巣が腫れたような状態になるのです。

そのため、排卵日が近づくと、下腹部全体にチクチクとした痛みが出ることがあります。

卵巣の腫れが原因の痛みは、排卵後に腫れがひくことで次第に治まっていくでしょう。

排卵日

排卵日に感じる痛みの原因は、排卵する際に卵子が卵胞を突き破って出ていく刺激にあると思われがちです。
しかし実際には、卵子が卵胞を破ったときの出血が、腹膜に落ちて刺激ていることや、排卵された際に卵胞液が流れ出して、腹膜を刺激することが原因で痛みが起こります。

卵巣自体には痛みを感じる神経が存在していないいっぽうで、腹膜の痛みを感じる神経伝達物質があり、脳に伝わりやすい特徴があるためです。

排卵前はチクチクとした痛みがありましたが、排卵日にはチクっとした強めの痛みが起こります。

排卵後

排卵後には「排卵出血」と呼ばれる、卵巣からわずかな出血が見られる可能性があります。

身体に悪影響を及ぼすわけではないので心配はありませんが、出血によって引きつるような軽い痛みを感じるかもしれません。

また排卵直後は、まだ卵巣が腫れた状態のため、排卵前と同じような痛みが出ることもあります。

さらに排卵を境にして、ホルモンの分泌がエストロゲンからプロゲステロンに切り替わります。
そのため、体内のバランスが崩れるやすくなることでも、排卵痛が起こるのです。

排卵痛の症状にはどんなものがあるの?


痛みには個人差があるうえ、なかには全く症状が出ない方います。

感じ方は人それぞれですが、排卵痛の症状にはおもにどのようなものがあるのかをみていきましょう。

下腹部痛

卵巣に痛みが現れる場合は、おもに下腹部です。

ただし、卵巣は左右両方にあるため、どちらが痛むのかは人によって、また排卵が起こるの卵巣なのかによっても異なります。

どちらか一方だけに痛みを感じやすい方もいれば、左右交互に痛みが現れる方もいるというわけです。

症状は、ズキズキする重い痛みというよりも、針で刺したようなチクチクとした痛みや、下腹部の張りが感じられます。

生理痛のように、子宮付近が締め付けられるような痛みや、重くだるい感覚とは違うと思う方が多いようです。
しかし、どちらの方が痛くてつらいのかについては、個人差があります。

腹痛以外の症状

腹痛以外にも、眠気・だるさ・頭痛・めまい・気分が悪くなるなどの症状が、現れる方もいるようです。

また、排卵によるホルモンバランスの影響から、骨盤の位置にズレが生じ、腰痛が起こることもあります

排卵痛の症状は、下腹部の不快感だけでなくさまざまで、症状の表れ方も人それぞれです。

生理痛に近い症状が起こる方もいるようですね。

なぜ排卵痛が起こるのか


そもそも排卵痛はなぜ起こるのでしょうか。

月に一度、もっとも成熟した卵子が、卵巣の表面にある卵胞から飛び出す排卵が起こります。

排卵の際に、卵巣の表面が少し傷つき出血するのです。

卵胞から卵子がはじき出される刺激の前後に起こる、ホルモンバランスの変化や出血の影響が、排卵痛を引き起こします。

詳しくは下記を参照ください。

排卵痛と妊娠の確率


排卵痛は排卵期に起こるため、痛みを感じる日は、妊娠確率がある程度上がる可能性があります。

ただし、卵子の受精可能期間は、排卵後の約6〜8時間といわれています。

そのため、排卵後にしばらく経ってから起こる排卵痛の場合は、受精できないのです。

いっぽうで精子が女性の体内に入って、受精可能な状態に変化するまでには、5~6時間かかり、寿命は2~3日程度と考えられています。
したがって、排卵痛を感じる少し前のタイミングに、性行為をすると妊娠できる可能性が上がるのです。

とはいえ、排卵痛は排卵に関係しているものの、排卵前後の痛みであることが多いことから、排卵痛からだけでは、正確な排卵日を特定することは難しいといえます。

より正確に排卵日を予測するためには、基礎体温を毎日チェックするのがオススメです。

基礎体温の低温期と高温期の場所を見つけることで、排卵日を特定でき、排卵痛を感じる時期の目安がつけられます。

実際に、基礎体温の記録は不妊治療や妊活にも役立っているのです。

基礎体温の記録の仕方については下記を参照してみてください。

排卵痛の痛みを和らげる方法とは


排卵痛の時期や原因をみてきましたが、痛みはどのようにしたら和らげられるのでしょうか。

少しでも苦痛を減らすための、正しい方法を紹介します。

冷えは禁物

「女性にとって冷えは禁物」とよくいわれますが、下腹部を冷やさないことは痛みを抑えることにつながります。

カイロや腹巻を使って、お腹周りを温めるとよいでしょう。

ただし、全身の血行促進には、足の裏や足首を冷やさないようにすることが大切です。

夏場でも靴下を履いたり、排卵期には脚の露出した格好を避けるなどして対策しましょう。

また、40度のお湯で30分ほど全身浴をするのも効果的です。

半身浴よりも全身浴をして、しっかりと肩まで浸かりましょう。

さらに、温かい飲み物を飲むのも、身体を冷やさないための方法のひとつです。

血管の拡張による痛みの場合、カフェインが血管を収縮して、痛みを和らげるのに役立ちます。

とくに、頭痛を感じるときは、コーヒーや緑茶などのカフェインが含まれる飲み物を飲むとよいでしょう。

その他の痛みの場合には、白湯やハーブティーなど、刺激の少ない飲み物をとるのがおすすめです。

規則正しい生活を送る

睡眠不足は、ホルモンの分泌を減少させる、もっとも悪い生活習慣のひとつです。

睡眠は女性ホルモンだけでなく、成長ホルモンの分泌にも影響を及ぼし、人体のバランスに大きく関わります。

毎日6~7時間は眠るように心がけ、ストレスを溜めないようにしましょう。

また、食生活にも気にかけてみてください。
ホルモンの分泌を促進する栄養素は、積極的にとる必要があります。

ナッツ類やアボカドなどのビタミンE群、豆腐や納豆などの大豆、マグロやサンマ、ブリなどの青魚にに含まれるDHAやEPAを摂取するとよいでしょう。

ストレッチをする

排卵痛のなかでも、骨盤周りの腰痛が悩みの方には、骨盤周りの筋肉を柔軟にするためのストレッチがとくにオススメです。

排卵によって、骨盤の位置関係が変わっても対応できるように、骨盤周りの筋肉を柔軟にしておきましょう。

排卵のときだけでなく、日頃から脚の付け根や腰を伸ばすことで、骨盤周りの筋肉を柔らかくできます。

お風呂上がりの、筋肉が柔らかくなっているときに、短時間でも続けるとよいでしょう。

市販薬やピルの服用

排卵痛の痛みが耐え難いものである場合には、産婦人科でピルを処方してもらったり、市販薬で痛みを和らげるのも間違いではありません。

市販薬は、生理痛の症状を緩和するのと同様に、排卵痛にも効果があります。
ただし、人によって効き目は異なるので確実とはいえません。

服用時には、必ず用法や用量を守るようにしてください。

ピルは一時的に排卵を止めることで、ホルモンの分泌量を調整し、月経周期にかかわる不快な症状を和らげます。

「副作用で妊娠できなくなってしまうのでは」というイメージがあるかもしれませんが、ピルの服用はストップすれば、排卵が再開して妊娠可能になるのです。

ただし、個人の症状に合わせた正しいピルの服用のため、必ず医師の処方のもとで使用するようにしましょう。

つらいときは無理せずに、薬に頼ることも、痛みを和らげるためのポイントです。

排卵痛ではない可能性とは


排卵痛は、2、3日間で治まることが多く、ほとんどが一時期の体調不良というかたちで終わります。

しかし、排卵痛だと思っていたものの、婦人科系の疾患が隠れていて症状が悪化していたり、長引いたりするケースもあるのです。

それでは、どのような症状が出たら婦人科系の病気を疑うべきなのでしょうか。

  • 異常な痛みや出血があるとき
  • 痛み止めを飲んでも痛みが治らないとき
  • 症状が1週間以上続いているとき

排卵期の排卵痛が、異常な痛みや出血が見られるときや、長い間続いている場合には、早めに病院へいくようにしましょう。

婦人科系の病気ではなかったとしても、症状を悪化させているのには何らかの原因があります。

排卵痛のタイミングと症状は人それぞれ


排卵痛は、排卵日の前後3日間である排卵期に起こることがわかりました。

症状はおもに下腹部ですが、人によっては頭痛や腰痛なども現れ、痛みの程度はそれぞれです。

基礎体温の記録から、だいたいの排卵日を特定し、自分に合った痛み緩和のための対処法を実践してみてください。

身体を冷やさないようにして、睡眠や食事に気をつけることが大切です。

2~3日で終わるとしても、生活に支障をきたす場合には、無理せず産婦人科に相談しましょう。

注目記事

【妊活サプリランキング】葉酸だけでは不十分!本当に必要な成分、効果、値段で徹底比較

妊活に必要な成分は葉酸以外にも沢山。妊活の為に本当に必要な成分を男女別に解説!夫婦で一緒に摂れる妊活サプリを比較しランキングにしています。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク