妊娠初期の眠気はなぜ?いつから起きる?原因・対策まとめ

妊娠すると、女性の体にはさまざまな変化が起こります。

妊娠初期には「しっかりと睡眠をとっているはずなのに、眠たくてたまらない」と睡魔に悩まされることがあります。
なかには妊娠が分かっていてから、一日中ベッドで寝ているというケースも。

個人差があり、強烈な眠気を感じる人もいれば感じない人もいますが、どちらも妊婦として正常な反応です。
であるにも関わらず、理解のない人から「怠けている」と誤解されてしまうこともあります。

この記事ではそんな、妊娠初期に感じる眠気について、原因と改善方法を紹介します。

眠気が強くなるのはつわりの症状だった!


妊娠初期に睡魔が強くなるのは、「眠りづわり」と呼ばれるつわりの症状のひとつです。

つわりは、妊娠初期によくみられます。
また妊娠の兆候でもあり、早い人では0週から4週の妊娠超初期から、つわりの症状を感じるようです。

妊娠16週から28週の妊娠中期には、プロゲステロン値の上昇も緩やかになり胎盤も完成するため、症状が治まるケースが多くみられます。

原因はまだ明らかになっておらず、下記のようないくつかの説が唱えられています。

ホルモンバランスが崩れるのが原因という説

妊娠初期には女性ホルモンの分泌バランスが崩れ、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が多くなります。

プロゲステロンは生理前にも多く分泌されるホルモンで、血管を弛緩し、血圧を下げ、眠気を引き起こすことが分かっているのです。

また、体温を上げる働きもします。
体温の高い状態では、夜に質のよい睡眠をとれなくなるため、昼間に眠気を感じやすくなるのです。

胎児に栄養を与えているからという説

胎盤が完成していない妊娠初期は、「卵黄嚢」という器官が栄養を供給しているため、母親が摂取した栄養が胎児に与えられることはありません。

しかし循環血液量が増加し、体温も高くなるため、1日に必要な摂取カロリー量も増え、疲れやすくなります
それが、眠気に繋がるという考えもあるようです。

拒絶反応説

ほかにも、つわりの原因として、母体がお腹の中の赤ちゃんを異物とみなし、拒否反応を起こしているという説などがありますが、根拠ははっきりしていません。

眠りづわりは多くのママが経験している

眠りつわりを経験したり、眠りづわりに悩んだという声が多く見られます。

仕事や家事はどうすればいい?おすすめ対処法


妊娠初期の、眠気対策を紹介します。

思い切って眠る

一番の対処法は、眠気に任せて眠ってしまうことです。

倦怠感や睡魔は、身体や脳が疲れているサインともいえるので、体調を第一に考え眠ってしまいましょう。

難しい場合は、目を閉じて横になるだけでも、効果があります。
家事をできる範囲で終わらせて、眠る時間をつくってみるのもよいですね。

また自動車の運転など、危険を伴う作業をする前に、眠気を感じた場合は、仮眠をするか、作業を控えるようにしましょう。

夜に眠れなくなってしまうことが心配な場合は、アラームの利用がおすすめです。

タブレットや歯磨きですっきり!

眠りたくても仕事や子育てがあり、昼寝なんてできないという方に、おすすめの方法です。

清涼感のあるタブレットを食べた後に水を飲むと、すっきりして目が覚めることがあるのだそう。
また歯磨きも効果的です。

ガムを噛む

ガムを噛むと脳に刺激がいくため、目が覚めやすくなります。

飴などと比べ糖分が少なく、種類によっては、口臭予防や歯石予防にもつながるためオススメです。

目の周りをマッサージ

「眉毛の上や、目のくぼみの境目をマッサージすると効果があった」という声も見受けられました。

また職場のデスクや、周囲の目が気になる場合は、トイレで体を伸ばすだけでも、リフレッシュ効果があります。

休憩中に外に出たり、散歩をするのも気分転換になりよいですね。
手軽にできるので、おすすめです。

夜にしっかりと眠る

夜に体温が上がりうまく眠れず、昼間に眠気を感じてしまう場合は、夜に質のよい睡眠をとれる環境を整えましょう。

リラックスすることが大切なため、アロマオイルの香りや、肌触りのよいシーツなどを利用するのもオススメです。
アロマオイルは、妊婦NGのものがあるので、選ぶときに注意しましょう。

また体温が下がると眠気が訪れるため、眠る前にお風呂でぬるま湯や足湯に浸かったり、軽いストレッチをすることも効果的です。

周りに説明する

妊娠初期の眠気でもっともツライのは、周囲の人に怠けていると誤解されたり、ミスが増え注意されることかもしれません。

眠気によりうまくいかないことが増えたのであれば、パートナーや家族はもちろん、職場での理解を得られるよう話してみることをおすすめします。

妊娠初期のため話、たくないという場合は「体調が悪い」ということだけでも伝えられるとよいですね。

カフェインの過剰摂取はNG


眠気を覚ますためにはコーヒーなどでカフェインを摂取すると効果がありますが、この方法は妊婦さんにはおすすめできません。

多量に摂取すると、出産や胎児の成長に影響を及ぼす、といわれているのです。

また利尿作用があるため、夜の睡眠の質を落としてしまう可能性もあります。

ただ、多少であれば問題ありません。
飲む場合は、1日のカフェイン量が200mg以内で収まるようにしましょう。

また、カフェインはコーヒーだけでなく紅茶や栄養ドリンクにも含まれている場合があるので注意してください。

つわりの症状はほかにもある!


つわりの症状は、眠りつわりだけではありません。

吐き気を感じたりおう吐してしまう「吐きつわり」や、空腹時に吐き気をもよおす「食べつわり」、臭いに過敏になる「臭いつわり」、その他にも食欲が無くなったり、嗜好が変化するといった症状があります。

自分に合った乗り越え方を探そう

つわりの症状や程度は人によって違うため、対策法もそれぞれ異なります。

温かかったり臭いのある食べ物は吐いてしまうが、冷たいうどんやおにぎり、フルーツや豆腐などは食べられたというケースが多いようです。

また普段は、辛い物が苦手だったのにかかわらず、つわり中は辛いものが一番食べやすかったということもあります。

自分に合った方法を探し、乗り切りましょう。

つわりは永遠に続くものではない


人によってはつわりの症状がつらく「耐えられない」と感じる方もいるでしょう。

しかし、赤ちゃんがお腹の中にいる証拠でもあります。
必ず終わりが来ると希望を持って下さい。

ただし、食事が摂取できない、水分補給がままならない、体重が減った、栄養障害や代謝障害など症状が重い場合は治療が必要な場合があります。

医師や助産師に相談してください。

眠気がくるのは仕方ないことだと割り切り、上手く付き合って、ストレスの少ないよいマタニティライフを送って下さいね。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク