【専門家が教える】赤ちゃんのスキンケアにおすすめの保湿剤 高品質のワセリンとは?

冬になると、冷たい風と乾燥した空気で赤ちゃんの皮膚トラブルも増えてきます。

赤ちゃんの肌は、デリケートで繊細。
赤ちゃんのスキンケアの悩みは多く、約8割の赤ちゃんが、何かしらのスキントラブルを抱えていると言われています。

今回は、赤ちゃんのスキンケアのお悩みの解消に役立つ「赤ちゃんの皮膚」「おすすめのスキンケアグッズ」をご紹介します。

赤ちゃんの皮膚と大人の皮膚の違いとは?


赤ちゃんの肌、私たち大人と比べて、張りがあってキメが整っていて「もちもちぷにゅぷにゅ」していませんか?
この「もちもちぷにゅぷにゅ」しているのは、皮下組織という脂肪層です。

私たち大人と比べて赤ちゃんは皮下組織が厚くできています。

外からの圧力を吸収して、転びやすい赤ちゃんの大事な臓器を守る仕組みになっていると言われています。

一方、皮膚の一番外側にある「表皮」は大人で平均して0.2ミリ、赤ちゃんではその約半分ぐらいしかありません。
そのため、赤ちゃんが表皮がとても薄いため、刺激や摩擦などによってスキントラブルがとても起きやいのです。

赤ちゃんの肌は、一見「もちもちぷにゅぷにゅ」していますが、とてもデリケートで繊細なため、赤ちゃんに触れるときは優しく撫でるように、特にオムツ替えでお尻をふくときなどは特に注意が必要です。

赤ちゃんの皮膚についてこちらのコラムで詳しく書いていますので是非ご覧ください。

赤ちゃんにおすすめ!高品質のワセリン「サンホワイトP−1」とは


「ワセリン」は、保湿として使ったことがあるママさんは多いかと思いますが、「ワセリン」によっても純度が違うのはご存知ですか?
ご紹介する「サンホワイトP—1」は一般的な白色ワセリンをさらに精製した高品質の白色ワセリンです。

太陽光による紫外線吸収の影響をほとんど受けず皮膚にやさしく低刺激性と言われています。
著者は、赤ちゃんの保湿だけでなく自身のスキンケアにもサンホワイトを活用しています。

旅行に行く時も、「サンホワイトP−1」1本で家族みんなのスキンケアができるので大変助かりますよ。

サンホワイトP-1の特徴

  • 高品質の白色ワセリン100%
  • 香料、着色料、保存料は使用しておりません。

カサカサ肌からうるおい肌に

サンホワイトP-1は皮膚にうすい膜を張り、皮膚からの水分蒸発を防止し、うるおいを保持し、皮膚を柔軟にします。
また、異物や、抗原が侵入するのを防ぎます。

【使用方法】
サンホワイトP-1を両手のひらでよくなじませてから、手のひらでやさしく押さえるようにして皮膚に塗布してください。
できるだけ皮膚をこすらないようにご使用ください。

湯上りあとなど、肌に水分を補ったあとにご使用になりますとより保湿感が得られます。
全身にご使用の場合は、入浴後の水分を軽く拭きとったあとぬりますと、よく伸びてぬりやすくなります。

赤ちゃんのスキンケアに

赤ちゃんや乳幼児のスキンケアにもご利用いただけます。

ゴワゴワ・カサカサから赤ちゃんの肌を保護し、皮膚をすこやかに保ちます。

おむつによるかぶれ防止に
おむつかぶれのスキンケアにご使用いただけます。

離乳食によるかぶれ防止に
離乳食がはじまった赤ちゃんのお食事前に、口のまわりにご使用になりますと、だえきによる口まわりのあれ防止になります。
またその際は、つけすぎない程度にうすく伸ばしてご使用下さい。

赤ちゃんのスキントラブルで悩んでいるママは、高品質ワセリンの「サンホワイトP−1」を赤ちゃんのスキンケアに活用してみてはいかかでしょうか?

また、赤ちゃんの皮膚のケアは、保湿剤と同じくらい、ママのスキンシップが大切です。

毎日のベビーベッサージも一緒にスキンケアに取りれてみてくださいね。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー