ニールズヤードのストレッチマークオイルは妊娠線に効果的?

妊娠してお腹が大きくなるにつれて、気になる妊娠線。

いったんできてしまうと、なかなか取れないというウワサを聞いて、予防をしたいと考える妊婦さんは多いようです。

そんななか、イギリスのオーガニックコスメ老舗ブランド、ニールズヤードが出している「ストレッチマークオイル」は、妊娠線の予防に効果が高いという口コミをよくみかけます。

ストレッチマークオイルは、本当に妊娠線予防に効果があるのでしょうか。
特徴やおすすめポイント、妊娠線予防のためのマッサージなどを紹介します。

妊娠線ケアでどうすればよいか困っているママは、ぜひ参考にしてくださいね。

ニールズヤード「ストレッチマークオイル」の体験談

リラックスできる香りに、癒される妊婦さんが多数のようですね。

ニールズヤード「ストレッチマークオイル」ってどんなオイル?


妊娠線オイルや妊娠線ケアクリームは、種類も多く、さまざまなメーカーの製品が発売されています。

そのなかでも、ニールズヤードの「ストレッチマークオイル」は口コミレビューでも評価の高い商品です。

多くの女性に選ばれている理由を探っていきましょう。

ニールズヤードレメディーズは、老舗のオーガニックブランド

イギリス発のスキンケアブランド「ニールズヤードレメディーズ」は、1981年にイギリスで初めて、ハーブなどを使った自然薬局店をオープンしました。

肌に乗せたものは、体の中に浸透していく

このように考え、オーガニックにこだわり、植物の持つ力を最大限に発揮できるよう、研究を積み重ねています。

イギリスの厳しい基準をクリアした、高品質なエッセンシャルオイルやスキンケアアイテム、ハーブティーなどオーガニック原料にこだわった商品をそろえているブランドです。

合成香料・石油系鉱物油・パラベン・シリコンなど一切使用していないので、肌への負担もありません

敏感肌の方や、においに敏感になっている妊婦さんも安心して使えそうです。

ブルーボトルは品質管理のためと地球への優しさ

センスのよいブルーボトルは、ただオシャレなだけではありません。

紫外線を90%カットするため、自然由来の製品を保存するのに向いています。

使用後のボトルは回収され、リサイクルすることで、オリジナル製品になったり、アスファルトに混ぜて光に反射することで交通事故防止にも役立っているのです。

商品情報をチェック

ニールズヤード レメディーズ ストレッチマークオイル(ボディオイル) 100ml

    ニールズヤードレメディーズ「ストレッチマークオイル」商品情報

  • 内容量:100ml
  • 価格(税込):5,400円

妊娠線といわれる「ストレッチマーク」の予防にピッタリな、マッサージオイルです。

オイルですが、サラッとしたテクスチャーで使用感はさっぱり。
肌なじみがよく、べとつきはありません

しっとりした使い心地で、潤いのある肌に導き、乾燥も防ぎます。

女性らしい上品なネロリ(オレンジフラワー)は、優しい香りです。

100mlで5,400円と、少し高めなので、贈り物としても人気があります。

それぞれの成分の効能もチェック

    成分リスト(オーガニック成分)

  • ダイズ油:外からの刺激を和らげ、乾燥を防ぐ
  • アーモンド油:保湿作用、抗酸化作用
  • コムギ胚芽油:酸化を防ぐビタミンBを含む
  • ビターオレンジ花油:気分を明るくする効果もあるビターオレンジ花油(=ネロリ)は、肌に透明感やハリを与える
  • マンダリンオレンジ果皮油:フラボノイドとビタミンが含まれている。乾燥を防ぎ、肌をきめ細かく整える

ネロリの効能は?

ネロリはビターオレンジの花から抽出される、アロマオイルです。
日本では「ダイダイ」と呼ばれて、親しまれています。

ネロリの香りは、心を落ち着かせ、安心感をもたらす作用があるといわれているのです。

ハーブには、妊婦に禁忌とされるものもありますが、ネロリは妊娠中に向いています

また、不安や緊張をやわらげるため、安眠や消化不良にもよいとされている精油です。
高い保湿効果をもち、細胞を活性化させるため、妊娠線の予防にはピッタリですね。

マンダリンオレンジの効能は?

マンダリンオレンジは、不安な気持ちを明るく元気に、喜びを感じられるようにする作用があるといわれています。

肌のターンオーバーをサポートし、セルライトや妊娠線の改善に働きかけるといわれている精油です。

ネロリと合わせることで、妊娠線への相乗効果は高まるといわれています。

一緒に買うと便利な商品

    マッサージオイル用スプレーヘッド(100ml用)

  • 価格(税込):324円

「マッサージオイル用のスプレーヘッドが便利」と評判です。

必要な量だけ出すことができ、液だれもしないので、使いやすくなります。

妊娠線ってどんなの?


妊娠線とは、お腹・バスト・お尻・太もも・二の腕などにできる、皮膚の断裂線のことです。
できる場所には個人差もありますが、お腹が大きくなり始めるころから、できやすくなるといわれています。

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3層でなりたっていますが、表皮は伸びやすく、真皮は伸びにくい性質を持っているのです。

妊娠線は、お腹が大きくなるスピードに、真皮の成長スピードが追い付かず、切れてしまうことが原因でできます。

痛みなく、かゆみなどの症状がでるケースがあるようです。

妊娠中の妊娠線は、赤紫色をしています。
出産後は白色に変わって、目立たなくなりますが、妊娠線は一度できてしまうと完全には消えないので、予防が大切です。

妊娠線を予防する対策

まずは、急な体重増加に注意しましょう。

急にお腹が大きくなってしまうと、急激に皮膚が引っ張られ、妊娠線を防げなくなります。
しっかり体重管理を行ってください。

そして、妊娠線予防クリームやボディオイルを活用しましょう。

妊娠中は、肌のターンオーバーが抑制され、肌の弾力が低下します。
マッサージクリームやオイルは、肌を保湿し、弾力をアップさせるので、妊娠線の予防につなるのです。

ニールズヤード「ストレッチマークオイル」は妊娠中~産後まで使える


ストレッチマークオイルは、妊娠中から出産後のママにおすすめできる、妊娠線ケアアイテムです。

妊娠中は予防ケア

妊娠中は、妊娠線の予防をしながら、アロマの香りでリラックスできます。

ときには胎動を感じながら、肌のケアをしましょう。

できてしまった妊娠線にもオススメ

もしも、妊娠線ができてしまったら、断裂した皮ふが再生することで、少しずつ妊娠線が薄くなります。

ニールズヤードのストレッチマークオイルに含まれている、ネロリやマンダリンは、皮膚の再生を促す働きがあるといわれている精油です。

授乳中の保湿

妊娠線をしっかり予防できた方でも、授乳中は水分不足になって、肌が乾燥しがちです。

乾燥は多くの肌トラブルの原因になるため、ボディオイルとして活用するとよいでしょう。

「ストレッチマークオイル」の効果的なマッサージのやり方


ボディケアマッサージは、暖かくして身体を冷やさないようにしながら行いましょう。

妊娠線ができるのは、お腹だけではありません。

妊娠線ができやすいといわれる部位別に、全身のマッサージ方法をご紹介します。

おなか

  1. 500円玉大くらいの量を手に取り、手のひらであたためてから、お腹全体にのばしていきます。
  2. 時計回りに大きく円を描くように、やさしくマッサージしましょう。
  3. 下腹部からバストに向かって、両手でなで上げます。
  4. 両手を重ねて横に八の字を描くように、右腰骨の内側からおへその上まで上がり、次に恥骨まで下がります。そして左腰骨の内側を通り、またおへそまで上がり右腰骨の内側へ戻ります。
  5. 最後に下腹部に両手をあてて、深呼吸しましょう。

バスト

  1. 右の胸は左手で、左の胸は右手で胸を持ちあげるように、下から上へマッサージしましょう。
  2. 右手で左側の鎖骨から脇へ、リンパの流れが良くなるように意識しながら行います。
  3. 反対側も同様にマッサージします。

お尻~太もも

  1. 両手で、腰骨から太ももに向かって、さすります。
  2. お尻の下から上へ、持ちあげるようにマッサージします。
  3. 片足ずつ足のつけ根からひざに向かって、上から下へ、マッサージします。
  4. 太ももの裏も忘れずに。
  5. ほぐすようにマッサージしましょう。

二の腕

反対の手でひじから脇の下へ、下から上へ脂肪を流すようにマッサージします。

妊娠線ケアマッサージのベストタイミング

妊娠線ケアマッサージは、お風呂上りが効果的です。

入浴後は血行もよくなり、毛穴も開いているので、オイルの伸びもよくなります。

NGなケアに注意

力を入れすぎるのはNGです。

やさしいマッサージを心がけましょう。

妊娠線ケアのポイントをチェック


妊娠線のケアについて「?」やポイントをまとめました。

妊娠線ケアっていつからはじめればいい?

妊娠線の予防としては、妊娠初期~妊娠中期に、塗り始めるのがよいでしょう。

お腹が大きくなり出す前に、保湿をして肌を柔らかくしておけば、真皮の断裂を防ぐことにつながります。

お腹が大きくなり始める、妊娠5ヶ月頃から臨月までは、毎日ケアしてください。

保湿も大切です

妊婦さんはホルモンバランスの変化で、肌が敏感になり、乾燥をしやすくなります。

妊娠線の予防には、乾燥は禁物

しっかり保湿し、水分を逃がさないようにしましょう。

保湿ケアをしっかりすれば、肌のターンオーバーを促し、真皮の断裂も防ぐことができます。

妊娠線ケアで注意いしたいこと

妊娠中はいつも以上に、体調を管理することも大切です。

あまり体調がすぐれなかったり、お腹が張っているとき、医師から安静の指示が出ているときは、ムリにマッサージを行わないようにしてください。

妊娠線のケアはリラックスしながら


妊娠線の予防に人気がある、ニールズヤードレメディーズのストレッチマークオイルについて紹介しました。

オイルの肌なじみや、伸びのよさはもちろんですが、使われている精油が妊娠の不安を優しくサポートし、明るく癒す効果があるようです。

妊娠線のケアは、毎日続けることが大切。

万が一、妊娠線ができてしまっても、諦めずに保湿を続けることで、薄くすることは可能なので毎日の習慣にしてしまうとよいですね。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク