ヴェレダ マザーズボディオイルの妊娠線への効果は?赤ちゃんにも使える?

妊娠中はホルモンのバランスも変わり、肌が敏感になったり、トラブルを抱えたりしがちです。
また、妊娠を機に肌によいものを使いたいと思う方もいるのではないでしょうか?
そんな人におすすめなのが、ヴェレダのマザーズボディオイルです。
ヴェレダは、人の本来備えている本質的な美しさを育むオーガニックコスメです。
今回は、ヴェレダ マザーズボディオイルの特徴や使い方、ヴェレダの安全性についてまとめていきます。

ヴェレダ マザーズボディオイルの特徴


≫≫ヴェレダの公式サイト≪≪

妊娠中のボディケア用品といえばいろいろなブランドがあり、ニュートロジーナボディオイルやザボンボディオイル、クラランスボディオイルも人気の商品です。

その中でとくに海外のママの間で人気が出ているのが、ヴェレダ マザーズオイルです。
一体どんな魅力があるのか、その理由をみていきましょう。

妊娠初期から産後のボディケアに使える

ヴェレダ マザーズボディオイルは妊娠初期から産後まで使用することができます。
保湿効果は抜群なだけでなく、肌を保護できるようベストバランスで配合されています。

妊娠中の敏感なお肌にも合うよう天然由来のものだけを使用しているので安心して使うことができます。

また、肌の引き締めにもおすすめなので、産後3ヶ月〜半年くらい使用するとよいでしょう。
しかし、赤ちゃんのケアには使うことができません。
赤ちゃんの肌は繊細で大人とは肌の厚みや保護機能が異なるため、ベビーケア用の製品が適しています。

助産師の協力のもと開発

ヴェレダ ベビー&ママケアシリーズは、経験豊かな助産師の声のもと生まれました。
妊娠中・産後のママのためにドイツの助産師と薬剤師が開発に協力しています。
ヨーロッパでは、自然医療品メーカーとしても有名なヴェレダ。
助産師にも人気の商品の一つです。

ヴェレダ マザーズボディオイルの成分

マザーズボディオイルには、おもに以下の成分で構成されています。

  • アーモンドオイル
  • ホホバ種子油
  • 小麦胚芽オイル
  • 香料
  • アルニカ花エキス

これらの内容成分がベストバランスによってオイルができるわけですが、その一つひとつの原料にもこだわりがあります。
ヴェレダには、独自の品質基準によって商品が製造・生産されています。

香料は天然のエッセンスオイル

マザーズボディオイルは、穏やかなフローラルな香りがします。
ローズやネロリ、ミルラの香りが絶妙に混ざり合いリラックス効果を高めます。
その香料ですが、100パーセント天然のエッセンシャルオイルを使用しています。

オーガニック原料を使用

最高レベルの品質を保持するためには原料へのこだわりが切っても切り離せません。

ヴェレダで使用する植物原料の約75%はオーガニックかバイオダイナミック農法で育てられたもの、または、認められた方法で採集された野生植物となります。
植物の力を最大限に引き出すことのできるのは、バイオダイナミック農法なのです。

ヴェレダ マザーズボディオイルの品質・安全性

肌が敏感になっている時に、新しい化粧品を挑戦するのは少し躊躇しがちです。
しかし、ヴェレダの品質管理は厳しく安全して使うことができます。

バイオダイナミック農法で得た植物の力を最大限に生かすために、厳しい基準や工程は細部にまでこだわっています。

医薬品製造と同等の厳正な品質検査・管理

ヴェレダでは、原料調達から製造・包装、製品の運搬にいたるまで、品質管理に配慮されています。
例えば、自然原料の調達、パッケージの包装資材、完成品のすべてが「医療品等の製造管理および品質管理に関する基準」を満たしています。
また、薬局や製造・販売を行う各国の法令に従って守っています。

オーガニック認定を取得

信頼のおける自然化粧品の認定基準に国際オーガニック認証基準「NATRUEネイテゥルー」があります。
ヴェレダの全製品がこのNATRUEネイテゥルーを取得しています。

NATRUEネイテゥルーは、その化粧品が可能な限りナチュラルであることを保証しています。
配合される原料は自然界に存在するものに限られ、認められた製造方法のもののみです。

それだけでなく環境保護、動物保護などに関しても厳しい基準を設定しています。

また、合成香料、合成色素、合成保存料、遺伝子組換植物、シリコン、石油系原料、鉱物油は使用されません。
これらの点からも、ヴェレダの商品への安心して使用できることがわかります。

ヴェレダ マザーズボディオイル公式サイトで詳細をチェック

ヴェレダ マザーズボディオイルの効果

ヴェレダ マザーズボディオイルが植物由来の徹底した品質管理のもとで作られていることがわかりましたが、使用するとどのような効果が期待できるのでしょうか。

保湿による妊娠線ケア

急激にお腹が大きくなってくると妊娠線ができる可能性があります。
妊娠線は大きくなるお腹に皮膚の伸びがついていかず、真皮が裂けてできた断裂部分のことを言います。

一度妊娠線ができると傷跡のように白く残り消えにくくなってしまいます。
真皮が裂けないようにするためにも、保湿して予防してあげることが大切です。

ヴェレダ マザーズボディオイルは保湿の効果が高く、妊娠線予防の効果も期待できます。
ただに肌の調子を整えるだけでなく、妊娠線オイルとして使用することができます。

乾燥による肌トラブルを和らげる

妊娠中は特にホルモンバランスの変化によって肌が乾燥しやすくなっています。
乾燥すると痒みが出やすく、かきむしって肌トラブルになってしまうことがあります。

ヴェレダ マザーズボディオイルを使用するとつっぱり感を和らげ、しっとり弾むような肌となります。

マッサージによる産後のひきしめケア

ヴェレダ マザーズボディオイルを使用してマッサージすることで、妊娠中だけでなく産後のボディの肌の引き締めにも効果が期待できます。
保湿効果が高いため、妊娠線のあるダメージのある肌にも安心して使用できます。

ヴェレダ マザーズボディオイルの使用方法

保湿力が高いため、乾燥している部分にお風呂上がりなどに塗るだけでも吸収がよく肌の調子を整えます。
更に、妊娠線対策としてただ塗るだけでなくマッサージオイルとして使用するほうがより効果的に力を発揮します。

マッサージ方法

お腹が大きくなる妊娠3〜4ヶ月からのマッサージにおすすめです。
1日に2〜3回、お腹や太もも、ヒップ、バストをマッサージします。
妊娠中のお腹に強くマッサージはせず、お腹に円を描くように撫でながら馴染ませるようにしましょう。

お風呂上がりなど肌が濡れている状態で使用するとオイルの伸びがよくより一層馴染みやすいです。
マッサージをするとより効果的ですが、オイルを使ってまずは毎日小まめに保湿することを忘れないようにしましょう。

開封後の使用期限は3〜4ヶ月

ヴェレダの製品は合成保存料を使用していないため、一般的な化粧品に比べると品質保持期間が短くなります。
開封したら、3〜4ヶ月以内で使い切るようおすすめします。
開封後は、必ず冷暗所で保管し、使用後は口を清潔に保ち、しっかりとフタをしましょう。

ヴェレダ マザーズボディオイルの口コミ

実際に使ってみた人はどのような評価をしているでしょうか。

  • 使用感としてはオイルなのに肌に浸透してベタつかずサラッとしている
  • 少量でも伸びがいい
  • 香りが独特だが、癒されるいい匂い
  • 使用する際ドバッと出てしまうので注意が必要
  • ボディオイルとして全身に使うとすぐなくなってしまうので、コストがかかる

口コミでは、保湿力の高さから乾燥からきていた痒みがなくなったという声や肌の調子がよくなったという声が多くみられました。
ヴェレダというブランドの安心感からこのオイルを選んだという人も少なくないようです。

保湿力に関しては誰もが認めるオイルですが、匂いに関しては好みが分かれる傾向にあります。
特につわりがある人には、匂いがきつく感じ使用できないという人もいるようです。

ヴェレダ マザーズボディオイルの購入方法


≫≫ヴェレダの公式サイト≪≪

安全なものを安心して使えるヴェレダに興味を持った方も多いのではないでしょうか。
銀座、吉祥寺、横浜などにあるヴェレダショップ、またはドラッグストアなど取り扱い店舗は全国にたくさんあります。
しかし、店舗によって取り扱い商品も異なるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

公式ホームページからの購入も可能

ヴェレダの公式ホームページからも購入することができます。
こちらでは、web限定プレママ スターターセットとして、マザーズボディオイルだけでなく、肩・腰のマッサージにおすすめのアルニカマッサージオイルや集中保湿クリームのスキンフードの3種類が入ったお試しセットも購入できます。

出産準備や出産のお祝いにもおすすめの「ママ&ベビー ボディケアセット」や「ベビー ファーストオーガニックギフト」「ベビー スキンケア&トイギフト」もあります。
これを機にママだけでなく生まれてくる赤ちゃんにも試したみたいという方におすすめのセットとなっています。

また、妊娠後期から産後にバストマッサージや乳頭ケアとして使えるマザーズブレストオイルや産後の気になる部分の肌の引き締めにホワイトバーチボディオイルもおすすめです。

並行輸入品に注意

ヴェレダの公式ホームページ以外でもamazonや楽天市場などでも注文することができます。
それぞれのサイトで購入することでポイントがついたり、送料が無料になったり、価格も様々だったりします。

同じものであるのなら何か付加価値があるサイトで購入したくなりますが、並行輸入品には注意してください。
正規輸入品と非正規品の見分け方は、ホログラムシールの有無で分かります。

このシールは徹底した品質管理を行っている安心の証で、ボディオイル100mlの全9種のビンについています。

また、国内正規品には製品の外箱および本体の製品説明ラベルに会社名「株式会社ヴェレダ・ジャパン」と住所「東京都渋谷区恵比寿1ー13ー6」と記載されています。
公式ホームページ以外で購入する際には、注意しましょう。

改名とデザイン変更

この世界中で愛されるヴェレダ マザースボディオイルですが、以前は「マタニティストレッチマークオイル」という名前から改名されました。
内容成分に変更はありません。

ストレッチマークとは肉割れや妊娠線のことを指します。
このオイルが妊娠線予防に効果的なことが名前からも分かります。

また、2017年5月中旬の出荷より容器のパッケージが変更されました。
こちらもパッケージ違いなだけで、特に内容成分には変更はありません。

ヴェレダ マザーズボディオイル公式サイトはこちら

肌トラブルで悩まないマタニティライフを!

妊娠中は、肌も体調もデリケートな時期です。
低刺激でトラブルが起こりにくいオーガニックマタニティオイルを探している人、妊娠線予防クリームを探している人、産後まで使いたい人、ぜひヴェレダ マザーズボディオイルがおすすめです。
オイルケアを行って、肌トラブルの少ないマタニティライフを楽しみましょう。

↓妊娠線ケア商品についてはこの記事もチェック!

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク