離乳食レシピ!レバー入りハンバーグの作り方 離乳食後期(9~11ヶ月)

レバー入りハンバーグの作り方

レシピの見方をまだご覧になられてない方はレシピの見方からご覧下さい

タンパク質

タンパク質

ビタミン

離乳食後期(9~11ヶ月)レシピ一覧


レバー入りハンバーグのレシピ

レバー入りハンバーグタンパク質

調理時間:約20~

材料

  • レバー入りBF・・・1袋(1袋3gの場合)
  • 絹ごし豆腐・・・15g
  • 練りごま・・・少々
  • パン粉・・・大さじ1

作り方(※動画有り)

※フレーク状のレバー入りベビーフードを使用する場合は規定の量の湯で溶かしたものを準備します。1袋3gの場合は1袋使用します。ペースト状のレバー入りベビーフードを使用する場合は20~30gを使用します。

  1. 耐熱容器に絹ごし豆腐と絹ごし豆腐がかぶるくらいの水を入れて軽くラップをして電子レンジで加熱(600Wで約20秒)します。
  2. 加熱した絹ごし豆腐の水けを切って裏ごしします。
  3. レバー入りベビーフードと練りごま少々を混ぜ合わせます。
  4. 絹ごし豆腐とパン粉と練りごまを混ぜたベビーフドを混ぜ合わせます。
  5. 混ぜ合わせたら食べやすい大きさの平たいハンバーグの形を作り、油を熱したフライパンで中火にして焼きます。
  6. 両面に焼き色がつくまで焼いたら出来上がりです♪

※加熱する際は吹き零れに注意してください!動画で使用している耐熱容器は吹き零れ防止機能がついた物を使用しているので、過熱する前に吹き零れ防止用のフタをして加熱しています。

使用している調理セットはこちら

使用しているレバー入りベビーフードはこちら

その他のレバー入りベビーフードはこちら

動画を自分のブログに表示させたい方は、下記のタグをコピーしてブログに貼り付けて下さい。

上記はブログに貼り付けるコード

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。