妊娠中に歯医者に行くほうがいい理由は?妊婦でNGな歯科治療もある?

「妊娠中に歯医者に行くのって大丈夫なの?」
「赤ちゃんに悪い影響は?」
「いつまでに治療すればいいの?」

いざ歯医者に行こうと思っても、つい二の足を踏んでしまいがちですが、むしろ妊婦だからこそ積極的に歯医者に行くべき理由があるのです。

もちろん妊娠中は、おすすめできない治療もあります。
何がOKで何がNGなのかを正しく知って、賢く歯医者を利用しましょう。

妊婦さんは虫歯になりやすい

妊娠すると、女性ホルモンの分泌が活発になるため、口内にもさまざまな変化をもたらします。

唾液の量が減る

唾液は口内環境や歯の衛生状態を保つ上で、大きな役割を果たします。
 
 自浄作用:歯に付着した食べかすなどを洗い流す
 抗菌作用:唾液に含まれるリゾチームなどが細菌の増加を抑える
 緩衝作用:口の中の酸性度(ph)を一定に保ち細菌の繁殖を抑える

ほかにも、歯の再石灰化を促すことで、虫歯の進行を防ぐ効果もあるのです。

このような役割を果たす、唾液の量が減ってしまうと、妊婦さんの虫歯リスクは高くなってしまいます。

また、唾液が減ることで口の中が乾燥し、口の中がネバネバする、口臭がひどくなるなどの症状もでます。

悪阻(つわり)

妊娠初期~3ヶ月ごろは、つわりがあります。

つわりで嘔吐すると、胃酸が逆流してくるので、口腔内の酸性度が上がるのです。

酸性の環境は、口の中の細菌が増えやすい環境といえるでしょう。

また、つわりの種類に「食べつわり」があります。

お腹が空いているときに、吐き気を強く感じるというもので「食べつわり」の妊婦さんは吐き気を抑えるために、1日に何度も軽食やおやつを口にするのです。

食事回数が増えると、口腔内の酸性度が上がる時間が長くなるので、虫歯になりやすくなります。

また、つわりの時期に歯ブラシをくわえるだけで、吐き気を感じる妊婦さんもいます。

歯磨きが足りなければ当然虫歯になりやすくなります。  

妊婦特有の腫瘍、妊娠性エプーリス

妊娠性エプーリスとは、妊娠中に歯茎にできる良性の腫瘍です。
赤く大きく腫れ、出血しやすく痛みがあります。

原因は、女性ホルモンの増加だと考えられます。
妊娠初期から中期にできやすく、出産後は自然消滅することが多いようです。

ただ放っておくと、歯周病になってしまうこともあるので、歯科医に相談しましょう。

歯周病になると7倍も早産の危険性が高まる!?

歯周病菌のなかには、女性ホルモンを好む菌がいます。
そのため妊娠をして、女性ホルモンが増加している時期には、とても歯周病リスクが高くなるのです。

妊婦さんが重い歯周病になると、歯茎の炎症からサイトカインという情報伝達物質が出ます。
血中のサイトカイン濃度が一定以上になると、子宮の収縮作用をもつ「プロスタグランジン」が分泌されるのです。

この「プロスタグランジン」は陣痛促進剤の成分のひとつ。
まだ、妊娠を継続しなければならない時期に、陣痛を促す成分が出てしまうことで、早産になるといわれているのです。

歯周病が原因による早産のリスクは、普通の妊婦さんの7倍以上です。

喫煙による早産のリスクが、喫煙をしない人の2~3倍といわれているので、歯周病の早産リスクはとても高いといえるでしょう。

赤ちゃんに虫歯をうつしてしまう

生まれてきた赤ちゃんの口の中には、虫歯菌は存在しません。

このまま誰からも虫歯をうつされることがなければ、その子はどんなに歯磨きをさぼっても虫歯になりません。

ただし、虫歯菌をうつさないというのは、ほぼ不可能です。
熱い食べ物をフーフーと息を吹きかけて冷ます行為でも、虫歯がうつる場合があります。

大事なのは、虫歯菌がうつる時期をなるべく遅くすることです。

3歳まで口の中の虫歯菌が少ない状態を保てれば、その後も虫歯になりにくいといわれています。

赤ちゃんに最も多く接するお母さんの虫歯をきちんと治療することで、赤ちゃんを虫歯から守ることにつながるのです。

出産までに治療を終わらせるべき理由

陣痛がきて「いざ出産」というタイミングで、歯が痛み始めたらどうしたらよいのでしょうか。

当然、その状態で歯の治療は無理なので、歯の痛みを抱えたまま、出産しなければなりません。

陣痛と歯の痛み、両方に耐えなければいけないなんて、地獄のようです。

「出産してから歯医者に行こう」と思っている方は、よく考えてみてください。
生まれたての赤ちゃんは、2~3時間に1回は、授乳やおむつ替えが必要です。

妊娠中と出産後を比べると、出産後のほうが忙しく、自分のために使える時間は限られてしまいます。

妊娠中の今こそ、歯の治療を終わらせるべきでしょう。

歯医者にかかるための準備

歯医者さんで治療を行うために、妊婦さんがしておいたほうがよいことを、お伝えします。

予約、問い合わせ

まずは歯医者の予約をとるときに、妊娠中であること妊娠何週目であるかをきちんと伝えて予約しましょう。

費用

妊婦だからといって、受診費用が高額になることはありません

お住いの自治体によっては、無料で歯科検診を受けられたり、医療費の助成が受けられるところもあるので、事前にきちんとチェックしておきましょう。

持ち物

健康保険証母子手帳は、忘れずに持っていきましょう。

妊婦歯科検診は、自治体の助成を受けられる場合があるので、必要な書類等も忘れずに。

妊娠時期に応じた治療

基本的に妊娠中だからといって、歯科治療を行ってはいけない時期はありません。

痛みや腫れがひどい場合は、がまんしたりせず、産科医・歯科医師に相談の上、治療を行うほうがよい場合もあります。

しかし、妊娠の時期によって妊婦の体調は大きく変化するため、時期にあった治療を選択しましょう

妊娠初期~悪阻(つわり)の時期

つわりの時期の妊婦さんのなかには、歯磨きをするだけで吐き気をもよおす方もいます。

歯科治療は、どうしても口の中に治療器具を入れなければならないので、無理は禁物です。

また、妊娠2~3ヶ月のころは流産しやすい時期です。

治療によって強い緊張や痛みを感じると、お腹に力が入りがちなので、あまりおすすめできる時期ではありません。

妊娠初期は、軽めの治療や応急処置くらいにとどめておきましょう。

妊娠中期・安定期(5か月~8ヶ月)

安定期に入れば、たいていの治療は問題なく行えます。

虫歯や歯周病を直したい方は、安定期のうちに直してしまいましょう。

また、とくにトラブルを感じていない妊婦さんも、安定期のうちに歯医者さんで一度検診を受けることをおすすめします。

妊娠後期~臨月

妊娠後期になるとお腹もだいぶ大きくなって、椅子に長時間座ったり、診察台を倒されるとお腹が張ってしまい「つらい」と感じる妊婦さんもいるでしょう。

また、お腹が圧迫されて頻尿に悩む妊婦さんもいます。

どちらも恥ずかしがらず、きちんと歯科医師に伝えましょう。

楽な姿勢を取れるように、診察台の角度を調整してくれたり、治療中でもトイレに行く配慮がされます。

姿勢によってはお腹が張りやすくなるため、切迫早産の疑いがある方は、治療は控えたほうがいいでしょう。

臨月にはいると、いつ陣痛がおきてもおかしくはないので、急を要しないなら応急処置にとどめておき、出産後に治療することをオススメします。

どうしても治療が必要な場合は、産婦人科・歯科の両医師に相談のうえ治療しましょう。

赤ちゃんへの影響が心配な治療や薬

歯医者での治療内容は、なんとなく赤ちゃんに悪影響がありそうなイメージがありますが、きちんと内容を選べば、問題はありません。

そのためにも、きちんと歯科医師に妊娠中であることを伝えておくことが大事です。

赤ちゃんに麻酔の影響はないの?

一般的な虫歯の治療に使われるのは、局所麻酔です。
局所麻酔が、おなかの赤ちゃんに悪影響を与えることはありません。

また麻酔薬自体も、無痛分娩に使われるものと同じなので、心配することはないのです。

麻酔を拒否し、痛みに耐えながら治療を行うストレスのほうが、赤ちゃんへの影響が 大きくなるかもしれません。

レントゲンの影響は?放射能じゃないの?

歯医者でレントゲンを撮る場合、被爆を避ける鉛性のエプロンを着用します。

撮影するのも、お腹から遠い、口部分に限定されるので、赤ちゃんへの影響はありません。

鎮痛剤の影響

治療の種類によっては、妊娠中であっても鎮痛剤を処方されるケースがあります。

強い痛みが予想され、我慢する事のほうが赤ちゃんに悪影響を及ぼすと思われるときです。

歯医者にきちんと妊娠を伝えていれば、処方される鎮痛剤は赤ちゃんに影響の少ない、カロナールのようなものが選ばれます。

問題は「痛いから」と自己判断で市販薬の鎮痛剤を飲んでしまうことです。

バファリンケロリンは、妊娠初期に服用してはいけません。

ロキソニンという鎮静剤は有名ですが、妊娠後期の使用は禁止されています。

動物実験で、分娩遅延や胎児の動脈管収縮が報告されています。

鎮静剤に限らず、妊娠中に飲む薬は必ず医者からの処方薬にしましょう。

虫歯にする詰め物は環境ホルモンが溶けだす?

歯につめる白い詰め物は、コンポジットレジンといいます。
このコンポジットレジンは「所謂プラスティックなので、口の中で環境ホルモン(ビスフェノールA)が溶け出してくる」と、一時期いわれていました。

現在、日本で市販使用されているコンポジットレジンは、ビスフェノールAを成分として用いられていません。
日本で使用されている歯科材料は、きちんと安全性が確認されているので安心です。

抜歯・神経の治療はやってもいいの?

虫歯がひどい場合は、抜歯や神経の治療が必要なケースもありますが、治療に問題はありません。

ただし、親知らずの抜歯については、後述のとおり避けられるなら避けたほうがいいでしょう。

矯正治療

妊娠中に矯正治療をするのは、とくに問題ありません。
妊娠前から、矯正治療を始めている場合は、問題なく継続できます。

妊娠してから矯正治療を始める場合は、注意が必要です。

歯形をとるときなど、ずっと口を大きく開けている必要があるので、つわりの時期は避けたほうがよいでしょう。

妊婦さんの口の中は、不衛生になりがちなので、矯正装置のこまめな手入れが必要です。
手入れを怠ると、虫歯歯周病の原因になってしまいます。

妊婦が受けられない歯科治療ってなに?

では、妊婦が受けないほうがよい歯科治療は、どのようなものがあるのでしょうか。

親知らずの抜歯

親知らずを抜歯する場合、抗生物質と鎮静剤を、継続的に服用しなければなりません。

継続的な薬の服用は、赤ちゃんにも影響があるため、妊娠中は避けましょう。
もし、妊娠する前に心配な親知らずがある場合、早めに抜いてしまうという選択もあります。

インプラント

親知らずの抜歯と同じくインプラントも、抗生物質の服用が必要になるので、妊娠中はさけます。

インプラントは、急を要する治療であることは少なく、妊娠中にわざわざ行う必要はほとんどありません。

インプラントを行う場合は、出産後で授乳期を過ぎるまで待ちましょう。

妊娠中に心がけたい口内ケア

妊娠期間中は、常に虫歯歯周病になる危険性が高くなります。

虫歯がない方は、虫歯ができないように。
虫歯になってしまった方は、悪化させないように。

歯医者に行くのはもちろん、日常のちょっとした工夫で口の中の環境を清潔に保ちましょう。

うがい

食べ物を食べた後、つわりではいた後、歯磨きができないときは、うがいをしましょう。

水でもいいですが、緑茶でうがいをするのがおすすめです。

緑茶には抗菌・殺菌作用をもつカテキンが含まれていて、カテキンの作用で虫歯菌の増殖を抑えられます。

歯磨き方法を工夫する

大きなヘッドの歯ブラシだと吐き気が出る場合、子供用の歯ブラシを使うということもあります。

味やにおいのきつい歯磨き粉が、吐き気の原因かもしれません。

歯磨き粉を変えたり、歯磨き粉を使わないで水だけで磨くのでも十分です。

デンタルフロスを使う

虫歯歯周病の予防のために、妊娠を機にデンタルフロスを活用してみましょう。

食後にキシリトールガムを噛む

食後にキシリトールガムを噛むことで、虫歯の予防に繋がります。

キシリトールは甘味料であるのに、虫歯菌の栄養にならないため、虫歯菌の繁殖力を弱めることができるのです。

今は通販で、キシリトール100%のガムが買うことができます。

妊娠中の口腔ケアはかなり大切

妊娠期間は、約40週あります。
その長い時間、歯周病になりやすく、体調によっては治療ができないケースもあるため、妊婦さんの口の中の健康を保つのは大変なことです。

とはいえ、放置するのはよくありません。
虫歯や歯周病が、妊婦さんと赤ちゃんにとって、大きな問題になることがわかりました。

信頼できる歯医者さんを見つけることが、安心して出産を迎える第一歩といえるかもしれませんね。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク