出産後の排尿困難について

産褥期のトラブル、排尿困難について

産後の排尿困難

出産という人生の中でも大きな一仕事を終えて、お母さんはホッとしていることだと思います。10か月もの間、大きなおなかを抱えて赤ちゃんを育て、そして出産―――。やっと会えたかわいい我が子を抱っこして、幸せな気持ちで育児をスタートしているのではないでしょうか。

しかし、妊娠中にたくさんの体調の変化やトラブルと戦ってきたお母さんですが、実は産後にもたくさんのトラブルに遭う可能性が。その中でも多いのが「排尿困難」です。出産後の約1~2か月、出産を終えたお母さんの体が妊娠する前の状態に戻るまでを「産褥期(さんじょくき)」といいます。

この産褥期にはホルモンバランスの変化、さらに子宮が妊娠する前のもとの大きさに戻るなど、さまざまな変化が起こります。そのため、マタニティブルーをはじめたくさんの体の変化が起こってくるんです。マタニティブルーについてはこちらから

さて、そんな産褥期トラブルの一つである排尿困難ですが、なぜ起こってしまうのでしょうか?

どうして出産後に排尿困難になるの?

出産のとき赤ちゃんは産道、つまりお母さんの体を押し広げながらぐいぐいと進んで、産まれてきます。そのとき、赤ちゃんの頭が徐々に降りてくることで膀胱や尿道がしばらく圧迫されてしまいます。

また、排尿するときに使う筋肉も赤ちゃんの圧迫によって伸びきってしまうことで収縮しにくくなるので、思うように尿を出すことができなくなってしまうんです。ですから神経が一時的にマヒしてしまうために「おしっこが出そう」という感覚がわからなくなってしまったり、その感覚があってもなかなか尿が出てこなくなってしまうんですね。

こういった排尿困難・排尿障害というのは、多くは出産から2~3日もあれば回復すると言われています。…ですが、中にはそれ以上の期間・・・感覚がなかなか戻らないという方、尿漏れしてしまうという方、なんと産後しばらく経ってから尿漏れなどのマイナートラブルに遭ってしまうということも。では、このような排尿困難はどのように対策をしていけば良いのでしょうか?

排尿困難・排尿障害の対策

排尿困難についての対策ですが、どのようなパターンかで対策・治療の方法が変わってきます。

尿意を感じられない

出産後尿意を感じられないという場合、多くは2~3日で徐々に回復してくると言われています。

しかし、2~3日もの間まったく尿意がない・尿を出せないという場合には、膀胱に尿が大量にたまってしまうのでどうしても出ないという場合には導尿をすることも。導尿というのは、細い管を尿道に入れて尿を出すことをいいます。出産後というのは徐々に母乳が作られはじめますし、たくさん水分を摂りたくなる時期です。しっかり水分を摂って尿の量を増やして、尿意を感じられるようにしていくと良いでしょう。

尿意はあるのに出ない

こちらも出産後によくある排尿障害のひとつです。先ほどの尿意を感じられないということと同じように、通常は2~3日で回復していきます。尿意を感じられてもいざトイレに行くと出ない…と、ちょっと苦しい思いをしてしまうこともあります。トイレでは無理にいきんだり腹圧をかけず、できるだけリラックスした状態で排尿するようにしてみてください。やっぱりなかなか出ない…というときには医師に相談のうえ、こちらも導尿の処置をすることがあります。

尿漏れ

立ち上がったときやくしゃみをしたときなど、思わぬところで尿漏れをしてしまうことがあります。

これは、腹圧性尿失禁といって、特に出産のとき出産に長時間かかったという方や、赤ちゃんが大きかったというお母さんにあらわれやすいと言われています。骨盤を支える筋肉が疲れ切ってしまったり、筋肉が伸びきってしまうことで膀胱をはじめ臓器を支える力が弱くなってしまうことで、尿漏れしやすくなります。

また、妊娠中にも尿漏れを経験していたという方は、そのまま症状が続いたり悪化することも。妊娠中の尿漏れについての詳しい記事はこちらからご覧ください

産褥期には尿漏れ用のパッド・ナプキンなどを使って清潔にするよう心掛け、体の調子がじゅうぶん戻ってから骨盤周りの筋肉を強くするようトレーニングをしていきましょう。尿漏れ対策のエクササイズについてはこちら

尿が出ないとどうなるの!?

尿をなかなか感じられないということで、おしっこがなかなか出ないけど大丈夫かな…?と思いつつも放っておくという方もいます。

しかし、実際には膀胱に尿がパンパンに溜まっているということも少なくありません。尿が溜まりすぎて膀胱が膨張していると、出産後小さくなろうとしている子宮の動きを邪魔してしまうことも。

また、赤ちゃんが出てくるときに産道に傷がついていることも多いですし、さらに産褥期は悪露もたくさん出ている時期です。そこから雑菌が入って膀胱炎になってしまうこともありますので注意しておきたいものですね。そうなると排尿困難がさらに悪化してしまったり、痛みを伴うこともありますから半日~1日尿が出ない!?と思ったら、医師に相談してみてくださいね。

「おしっこが出ない。」「尿漏れがある」など、女性にとってトイレの問題は、精神的に大きなストレスになってきます。トイレの問題は恥ずかしくてお医者様に相談しづらいという方がよくいらっしゃいますが、上でもお話したとおり、出産後は産道に傷がついており、雑菌などで感染症になってしまう恐れがあります。恥ずかしがらずに早めに医師に相談して治療していくようにしましょう。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク