産後の抜け毛対策!原因から予防方法、改善方法まとめ

出産後、一時的に抜け毛が多くなったり、髪が痩せるなどして、髪が薄くなったと感じることがあります。
産後脱毛症分娩後脱毛症と呼ばれています。

ひとり目の出産時に抜け毛が気にならなかったとしても、安心はできません。
産後の抜け毛は、高齢出産やふたり目、3人目でひどくなることも多く、経産婦の7割が経験するといわれています

そんな産後の抜け毛の原因から予防方法、改善方法をまとめました

産後の抜け毛の原因は?


産後の抜け毛にはホルモンバランスが大きく関わってきます
ホルモンバランスの乱れの原因として次のふたつのことがあげられます。

「エストロゲン」が急激に減少

産後に抜け毛が増える理由として、エストロゲンの分泌量の減少が関係しています。

エストロゲンは妊娠を維持する女性ホルモンです。
このホルモンには、髪の毛の成長を促す作用があります。

妊娠中は、妊娠前に比べてエストロゲンの量が何十倍も増えます。
赤ちゃんを育てる胎盤も、エストロゲンを造る部分のひとつです。

このホルモンにより、毛の成長が促されて毛の量も増えていきます。

しかし、分娩が終わると妊娠を維持する必要がなくなり、胎盤も身体の外に出てしまうので急激に女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)の量が減るのです。

髪の成長を促し維持するホルモンの量が、急激に減ってしまうことで、髪が抜けてしまいます。

ストレスによるホルモンの崩れ

産後は多くのストレスが増えてきます。
お産や、自分の体が本調子でないまま始まる育児、夜間の授乳で睡眠不足になったり、生活リズムの変化などで、自分が意識しなくても身体はストレスを感じます。

ストレスが身体にかかりすぎると、ホルモンバランスが崩れやすくなったり、血行が悪くなることで、髪の毛に影響がでます

その結果、抜け毛が多くなり、薄毛になるなど、髪の毛トラブルがでてくるようです。

ハイリスク出産は抜け毛の原因?

高齢で出産をしたり、分娩したときに出血が多かったりすると抜け毛が多くなることもあります。

高齢出産

高齢の場合は、もともと年齢的にエストロゲンの分泌が減って来る時期だった可能性があります。
また、年齢が若い人と比較すると、体力の回復が遅いことが考えられます。

分娩時の出血多量

出血が多かった場合は、貧血になり頭皮に充分な栄養や酸素ががいきにくいなどの理由が考えられます。


このような理由により、産後は抜け毛が増えてしまうのです。
では、この抜け毛はいつまで続くのでしょうか…?

産後の抜け毛はいつまで続くの?


妊娠する前と同じくらいのホルモン分泌量に戻るのは、産後2ヶ月くらいといわれています。

髪には毛周期があり、髪の毛が生える「成長期」、髪の毛が成長を止める「退行期」、髪の毛が抜ける「休止期」を繰り返しています
そのため休止期の2~3ヶ月を過ぎれば、だんだん髪の毛が生え始めてきます。

個人差はありますが、産後6ヶ月ごろから1年半くらいで抜け毛がおさまり、元の状態に戻ることが多いようです。

抜け毛を悪化させないためにすること


産後の抜け毛の悪化につながりますので、次のことは控えましょう。

気にし過ぎない

産後の抜け毛は一時的なもので、時期が来れば改善されます。
出産後に見られる経過のひとつというくらいに軽く受け止めて、気にし過ぎないようにしましょう

気にし過ぎると、そのことがストレスとなり、かえって抜け毛が増えてしまうこともあります。

無理なダイエットは厳禁

無理なダイエットは禁物です。
すぐに出産前の体重に戻したいからといって、激しい運動や過度な食事制限をおこなうとストレスが増えて逆効果です。

骨盤ベルトを巻いたり、ストレッチやヨガ、散歩などをおこない、ゆっくりと痩せることを心がけましょう

ヘアカラーは控えましょう

産後の頭皮は敏感になっていて、薬剤による頭皮トラブルが起きやすい状態です。
抜け毛がおさまるまでは、カラーリングは控えましょう

市販のカラー液は刺激が強く頭皮へのダメージが大きいので、自宅でのカラーリングは避けてください。

結婚式に招待されているなど、身だしなみを整えるためにカラーリングをしたい場合は、美容院でおこないましょう。
美容師には頭皮にやさしい薬剤を扱っているかなどを確認し、あらかじめ産後で皮ふが敏感になっていることを伝えておくといいでしょう。
 

食生活で抜け毛を改善


産後の抜け毛を改善するためにも、産後の体を回復させるためにも、栄養バランスの整った食事を心がけましょう。

大豆でホルモンバランスを整える

栄養バランスを考えて食事をとりましょう。
育児をしているとつい、自分の食事は二の次になってしまいがちですが、母乳育児をしている方にとっても、産後の疲労回復でも重要です。

大豆、肉、卵などに多く含まれているたんぱく質は、髪の原料となります。
抜け毛の改善だけでなく、丈夫で健康な髪が作られます。
髪のコシやツヤもアップします。

なかでも大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用がありますので、積極的に摂るとよいでしょう。
イソフラボンを摂取するには、毎日の食卓に豆腐や納豆などを取り入れる方法がおすすめです。

亜鉛やビタミンB6で髪の主成分ケラチンを作る

髪の主成分となるケラチンはたんぱく質の一種で、18種類のアミノ酸でできています。

体内に入ったたんぱく質は一度アミノ酸に分解されて、小腸で吸収されてからたんぱく質に再合成されます。
ケラチンへの合成を促す栄養素には亜鉛・鉄・ビタミンB6があります。

亜鉛は牡蠣やレバー、アーモンド、鉄はほうれん草や大豆、ビタミンB6はバナナやマグロなどに多く含まれています。

ビタミンB群は水に溶けやすい性質です。
そのまま生で食べるか、茹でるよりは電子レンジを使って火を通したり、焼いた方が、より多くのビタミンBを摂取することができます。

サプリを活用するのも◎

葉酸はビタミンBの仲間で、たんぱく質と一緒に摂取することで、質の良い髪を育て、代謝アップにより髪の毛が生えやすくなります。
葉酸には、「怒りのホルモン」とも呼ばれるノルアドレナリンの分泌を抑える働きがあり、ストレスの緩和にもつながります。

また、「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンを作り出す働きがあり、安眠効果ももたらします。
妊娠中に飲んでいた葉酸サプリが残っている場合は、ぜひ飲み続けましょう。

抜け毛対策に効果のあるたんぱく質・亜鉛・ビタミンB6が配合されているサプリもおすすめです。
他にも大豆イソフラボンが配合されていたり、1日に2粒だけ飲めばいいというお手軽なものなど、さまざまなサプリがありますので、自分に合ったサプリをみつけましょう。
授乳中の場合は医師に相談の上、使用してください。

正しいシャンプーで抜け毛を防ぐ


シャンプー時にある程度抜け毛が出るのは自然なことですが、間違ったシャンプー方法では抜け毛が増えてしまいます。

頭皮に負担をかけない正しいシャンプー方法を身につけましょう。

  1. シャンプー前の髪の毛が乾いている状態で、ブラッシングをして、髪の絡みをほぐしておきます。
  2. 髪と頭皮をよく濡らし、シャンプー剤を手のひらでしっかりと泡立て、髪ではなく頭皮メインでつけるようにします。
  3. 十分にすすいで、しっかりタオルドライしてからドライヤーで乾かしましょう。

アミノ酸系シャンプーは肌に優しい

石油系のシャンプーは刺激が強いので、刺激の弱いアミノ酸系シャンプーの使用をおすすめします。

アミノ酸は天然素材なので、低刺激で髪や頭皮にやさしいのが特徴です
アミノ酸系以外の洗浄成分が入っていないか、余計な添加物が入っていないか、原料を確認して選ぶと安心です。

頭皮マッサージで血流をよくする

シャンプー前やお風呂上りに頭皮マッサージをすることで、血流がよくなり、髪の毛が抜けにくくなります。

たった3分でよいので、やってみましょう。
両手の指の腹を使って、頭皮を下から上にやさしく円を描くようにマッサージします

他にもできる産後の抜け毛対策4つ


食生活の改善、正しいシャンプーに加えて、他にもできる抜け毛対策をご紹介します。

良質な睡眠で成長ホルモンを増加させる

22時から深夜2時ごろは、副交感神経が優位に働き、細胞から老廃物が出て栄養が入っていく時間帯です。
授乳時間をうまく工夫し、この時間はなるべく質のよい睡眠を取りましょう

寝る直前の食事を避け、血糖値が上がらないようにしたり、お風呂や運動で寝る少し前に体温を上げて、入眠時に体温が下がった状態にすることは、睡眠時の成長ホルモンの増加に効果的です。

育毛剤で毛根に直接栄養を与える

それでも薄毛が気になるという場合は、育毛剤を使って育毛をうながすとよいでしょう
医薬部外品の育毛剤における主成分は、男性用、女性用で比較しても、大きな成分の差はみられません。
しかし、含まれる成分量に差があるようです。

医薬品は、副作用がでて、胎児への影響が考えられますので、医師や薬剤師に確認してから購入しましょう。

安心、安全を優先するのであれば、無添加のものを選ぶとよいようです。

一般的に育毛剤の効果が現れるのは、使い始めてから3ヶ月ごろからといわれていますが、個人差があります。
焦らずじっくりと続けましょう。

見た目を変える

思い切って短いヘアスタイルにすると、手入れが楽になり、頭皮への負担も減り、抜け毛も目立たなくというメリットがあります

また、ほかには帽子やウィッグを使って、薄毛を目立たなくする方法もあります。
しかし頭皮が蒸れると抜け毛につながるので、通気性のよいものを選び、人目のない所では外すといいでしょう。

スカーフをターバンのように巻く方法は、おしゃれで、薄毛を隠せます。

パパに協力してもらう

抜け毛による不安や愚痴は、パパに聞いてもらってスッキリしましょう
パパは、からかったり軽視したりせず、そっと寄り添ってあげてください。

たまには少しの時間赤ちゃんをパパに見てもらって、ひとりでのんびりとお風呂に入ってヘアケアの時間を持つとよいでしょう。

抜け毛の再発は?


産後の抜け毛が、いったん収まり回復したはずなのに、抜け毛が再発したように感じる場合は、ホルモンではなく、ストレスなど別の要因があるようです。

ストレスの解消や、食生活の改善や正しいシャンプー方法を行うなどに努めましょう。
育毛剤の使用もおすすめです。
抜け毛を防止しながら、育毛を行うことでストレスを減らし、早めの改善が期待できます。

こんな場合は病院へ


産後の抜け毛は対策をしなくても、時期が来れば改善します。
しかし次のような場合は病院で診てもらう必要があります。

6ヶ月過ぎても全く改善の兆しが見られない

産後6ヶ月過ぎても全く回復の兆しが見られない場合は、一度病院で診てもらいましょう
抜け毛が治まらない場合は、婦人科で相談すると、女性ホルモンの分泌を正常にする薬や育毛剤が処方されることもあります。

逃避神経痛

頭のてっぺんを触ると、一瞬電気が走ったように痛むことがある、そんな場合は頭皮神経痛かもしれません。

頭皮神経痛の原因はストレスや、肩こり、姿勢の悪さ、生活習慣が不規則なことが考えられます。
ただし触るとすごく痛い、という場合は、頭皮神経痛以外の病気の可能性があるので、我慢をせずに病院に行きましょう。

円形脱毛症になってしまった

ごくまれに、抜け毛や産後のストレスから円形脱毛症になってしまう人もいます。
円形脱毛症は、皮膚科や頭髪専門のクリニックを受診するとよいでしょう。

飲み薬や、塗り薬、注射や紫外線を当てるなど、症状に合わせて治療を行います。

びまん性脱毛症って?

産後の抜け毛をを放っておくと、女性特有のびまん性脱毛症に移行してしまうことがあります。
「男性型脱毛症(AGA)」の女性版で、「女性男性型脱毛症(FAGA)」といいます。

びまん性脱毛症は、頭髪が部分的ではなく全体的に薄くなるのが特徴です。

食生活の改善や育毛剤が主な治療となり、クリニックによっては電気磁気治療などが行われるようです。
専門医に相談の上、治療を進めましょう。

さいごに


産後の抜け毛は、女性ホルモンの急激な減少が原因であり、個人差はありますが6ヶ月ほどで回復してきます
気にし過ぎてストレスをためたり、早く体型を戻したいからと無理なダイエットをしないことが大切です。
なるべく、頭皮への刺激を避けて、抜け毛が悪化しないよう注意しましょう

食生活の改善や正しいシャンプー、良質な睡眠などで抜け毛は改善されます。
症状がひどい場合はサプリや育毛剤も利用し、気になる症状がある場合は病院で診てもらいましょう。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【葉酸サプリおすすめ決定版】効果・値段で徹底比較

葉酸の含有量や、一緒に摂れる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

子どもの保険に悩むママ必見!「保険のビュッフェ」の無料相談体験レポ!

子どものための保険ってどうしたらいいの?妊娠中に気になる子どものためのお金について実際に相談してみました!