産後の抜け毛はいつまで?その原因&いますぐできる3つの対策!

クシで髪をといたら、髪の毛がごっそり抜けてショック。
お風呂の排水溝にビックリするほど抜け毛がたまっていた。
だんだん前髪がなくなっていく…。
産後に、このような抜け毛の経験したことはありませんか?
突然、毛が抜けると病気ではないだろうか?などと心配になったりしますよね。
そして、髪が抜けるということは、女性にとってはとても悲しく感じることですよね。
抜け毛が多いのは私だけなのか?と思い悩んでいる方もいるかもしれません。

産後の抜け毛は誰にでも起こること

じつは出産後の抜け毛は誰でも経験することなのです!
抜け毛の量には個人差がありますが、じつは悩んでいる方が結構います。
実際、自分自身も産後の抜け毛を経験しました。

私は産婦人科の専門家なので、出産後に抜け毛が多くなることは知っていました。
妊娠中は身体中の毛がモサモサ増えたのに、出産後にはどんどん抜けてしまいました。
もともと広いおでこがさらに広くなり、前髪がなくなりました…。

毛の量がかなり減ったので、このままだったらどうしよう…と思ったこともありました。
でも、なるべく気にしないよう過ごしていたら、6ヶ月後位には抜け毛が治まりました。
1年後には妊娠前の髪に戻り、以前できていたヘアスタイルをすることができました。

そこで、自分自身の体験や知識をふまえ、今回は産後の抜け毛についてお話をさせていただこうと思います。
お話に入る前に、断言します。

産後の抜け毛の心配はいりません。

心配は要らないと言われても、なんでそう言いきれるの?と思った方もいると思います。
そこで、産後に抜け毛が増える原因や、抜け毛の時期、対策について詳しく説明させていただきます。

産後の抜け毛の原因は2つ!

産後の抜け毛にはホルモンバランスが大きく関わってきます。
ホルモンバランスの乱れの原因として次の2つのことがあげられます。

「エストロゲン」が急激に減少

産後に抜け毛が増える理由として、エストロゲンの分泌量の減少が関係しています。
妊娠を維持するホルモンかつ女性ホルモンといわれるエストロゲン。
このホルモンには、髪の毛の成長を促す作用があります。
妊娠中は、妊娠前に比べてエストロゲンの量が何十倍も増えます。
胎盤もエストロゲンを造るのです。
このホルモンにより毛の成長が促されて毛の量も増えていきます。
しかし、分娩が終わると妊娠を維持する必要がなくなりますよね。
また、胎盤も外に出てしまうので急激に女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)の量が減るのです。
髪の成長を促し維持するホルモンの量が急激に減ってしまうから髪が抜けてしまうのです。

ストレスによるホルモンの崩れ

お産によるストレスや、自分の体が本調子でないまま始まる育児によるストレス。
夜間の授乳で睡眠不足になったり、生活リズムの変化などによるストレス。
自分が感じていなくても産後にはストレスが増えているのです。
ストレス=不幸せって思うかもしれませんが、幸せに感じることも人にとってストレスになるのです。
ストレスが身体にかかりすぎると、ホルモンバランスが崩れやすくなったり身体の血行が悪くなるので、髪の毛にも影響がでます。
そして抜け毛が多くなり、薄毛になったりと髪の毛トラブルがでてくるのです。
ここまではお産後の人、全員に言えることです。

ハイリスク出産も抜け毛の原因に?

高齢で出産をしたり分娩で出血が多かったりすると抜け毛が多くなることもあります。

高齢出産

高齢の場合は、もともとエストロゲンの分泌が減って来る時期だったという理由があります。
また、年齢による体力の回復が遅いなどに理由が考えられます。

分娩時の出血多量

出血が多かった場合は、貧血になり頭皮に充分な栄養や酸素ががいきにくいなどの理由が考えられます。
このような理由により、産後は抜け毛が増えてしまうのです。
では、この抜け毛はいつまで続くのでしょうか…?

産後の抜け毛は「一時的」

女性ホルモンの関係で抜け毛が増えることはわかったとは思いますが、そこで気になるのが、いつまで続くのか?ということになると思います。
安心してください。
産後の抜け毛は一時的なものです。
赤ちゃんが生まれ、胎盤が身体の外にでて、お産が終わると、妊娠を維持していたホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)は急激に減っていきます。
妊娠する前と同じホルモン分泌の量に戻るまでは約2ヶ月です。
ちょうどそのころから徐々に、抜け毛が治まり、新しい毛が生えはじめてくるのです。
そして新しい毛が成長し元のような髪に戻るのです。

育児中にできる3つの抜け毛対策!

女性にとって髪の毛はオシャレには欠かせない大切な存在です。
抜け毛が増えてくると、髪のことに詳しい美容師さんにケアを教えてほしいって思ったりもします。
でも子育てで忙しいときに、自分のことまで手がまわるか?と言われたら、なかなか難しいのが現実です。
美容院に行きたくても赤ちゃんがいるから行きづらい。
赤ちゃんを預けたとしても母乳で育てている為、妊娠前と同じにように美容院に行ける…とはいかないですよね。
そこで、医療の専門家がおこたえします。

1.毎日のシャンプーで簡単ケア

抜け毛対策として、特別なにかをしないといけないというわけではありません。
基本的なケアをしていれば大丈夫です。
植物には土が大切なように、髪の毛には頭皮環境を整えることが大切なのです。

髪ではなく頭皮を洗うことが重要

毛穴の皮脂汚れをしっかり落とし清潔にしましょう。
表示されているシャンプーの量を守り、地肌をマッサージするように洗うことです。
それから、しっかりとシャンプーをすすぎ洗い流すことが大切です。
シャンプーが残っていたら、地肌が荒れてしまいます。

育児で忙しくてもドライヤーをかけましょう

シャンプーをしっかり流した後は、地肌を冷やさないように髪を乾かすようにしましょう。
赤ちゃんと一緒にお風呂に入ったら、ついつい、髪を乾かさずそのまま…といった行動になってしまう時もあると思います。
育児を経験している女性は誰もが経験したことがあると思います。
しかし、頭皮の為にドライヤーはかけていただきたいものです。
ドライヤーをかけることで、頭皮の血行がよくなり髪が成長しやすいのです。
基本的なヘアケアの方法は以上になります。

2.食事を見直して髪質をよくする

食事では栄養バランスを考えて食事をとりましょう。
育児をしているとつい、自分の食事は二の次になってしまいますが、母乳育児をしている方にとっても産後の疲労回復でも重要です。
もちろん髪にとってもです。
良質なたんぱく質をとりましょう。
ここでおすすめなのが大豆です。
畑の肉といわれる位、良質なたんぱく質、かつ大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きを持っているのです。
髪はたんぱく質でできているため、女性ホルモンが増え、発毛効果が期待できます。
また、亜鉛、鉄、ビタミンは髪の質をよくしてくれる作用があるといわれています。
食事でとれない時などは必要な栄養素サプリでとってもいいでしょう。

3.気分転換と休息が大切

睡眠では、夜の10時~午前2時の間に成長ホルモンが分泌されるため、髪にいいといわれています。
この時間に寝るようにしましょう、といいたいのですが、授乳時間の関係などもあると思うので、自分が休めたと思えるような睡眠をとることがいいでしょう。
そして、自分のストレス発散方法で気分転換もしましょうね。

育毛剤の成分に要注意!

それでも抜け毛が気になって仕方ないという場合は、女性用の育毛剤を使ってもいと思います。
ミノキシジルという成分が入っている育毛剤は大変効果があると様々なサイトで書かれています。
しかし、産後にはおすすめできません。
副作用が強く、微量でも血液に入ってしまうと、母乳を介して乳児に影響を与えかねません。
どうしても抜け毛がひどくて、産後に育毛剤を使用するのであれば、無添加のものを選びましょう。

育児しながらできる対策で素敵なママライフを!

産後は抜け毛が多くなり、薄毛になることは出産を経験している人には誰にでも起こることです。
薄毛になったことを嘆くより、これから生えてくる髪に何ができるかということが薄毛予防や改善につながっていくのです。
そして楽しくて素敵なママライフをおくれると思うのです。
この記事が少しでも参考になれば幸いです。

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?