産後に起こる産褥熱について


産後に起こる産褥熱について

産後に起こる産褥熱(高熱)

出産というのは、とてもとてもパワーが必要になるもの。おなかの中で長い時間育てた赤ちゃんが出てくるのですから、お母さんの体の変化は相当なものだと言えます。特に出産直後のお母さんの体はとってもデリケートなので、ちょっとした変化にも気を付けなくてはなりません。出産直後に起こりやすいと言われているのがコチラ。

このほかにも、母乳が作られ始めることでおっぱいがカチカチに張ってくる、子宮が縮む、腰や膣など体のあちこちが痛む…などの変化が起こります。その中でも特に治療が必要となってくるのが、発熱です。

産褥熱ってどういうもの?

出産後の発熱を「産褥熱(さんじょくねつ)」と呼びます。産褥熱というのは、出産後24時間から10日目頃までに・38度以上の熱が2日以上続くものをいいます。産後に37度前後の発熱があるのはよくあることなのですが、長くても産後4日ごろまでには平熱に戻るのが一般的です。

しかし、産褥熱の場合には38度以上の高熱が出てしまいますので、お母さんの体もつらく、赤ちゃんのお世話も大変になってしまいます。産褥熱と診断するには、まずは血液検査をしていきます。また、悪臭のする悪露が出ているということや、おなかの痛みなども併せて判断されます。産後に熱が出てしまう原因として産褥熱以外にも、おっぱいが詰まってしまう乳腺炎、帝王切開の傷痕からによるものなどがあるので、検査をして調べておく必要があります。では、なぜ産褥熱は起こってしまうのでしょうか、その原因を見ていきましょう。

産褥熱が起こる原因ってなに?

産褥熱が起こるのは細菌に感染してしまうせい。出産で赤ちゃんが出てくるときに産道のあちこちが傷ついてしまったり、さらに子宮に胎盤や卵膜が残っていることで細菌感染しやすくなります。出産後はトイレに行くたびにビデを使ったり、洗浄綿で陰部を拭くなどのケアをするように指導する産院が多いと思います。これは、産後は細菌感染しやすいのでそれを防ぐためでもあるんです。感染してしまう細菌についてですが、腸内細菌など普段健康な状態では感染しないような弱い細菌をはじめ、クラミジアなどになります。子宮が傷ついていたりお母さんの体も弱っているため、感染しやすくなってしまう…というわけなんですね。

昔は今のように医療が発達していませんから、産後の細菌感染のせいで亡くなってしまう方も多かったと言われています。現在では治療薬もありますし、帝王切開など手術をしたあとに感染予防のための薬を投与されるので、ほとんど心配がなくなっています。ですが油断してはならないのが、悪露が子宮に溜まってしまうことで細菌が一気に増え、重症の場合には子宮内膜が壊死してしまうということもあるという事です。分娩時・産後に細菌感染してしまう原因として考えられるのは、以下のとおりです。

  • 破水(破水してから出産までに長時間かかってしまった場合に感染しやすい)
  • 絨毛膜羊水炎
  • 帝王切開などの手術
  • 胎盤を手で剥がした場合
  • 過度の内診による傷や刺激

絨毛膜羊水炎に関する記事はこちらからご覧ください

産褥熱の治療法って…?

産褥熱の治療ですが、まずは原因菌が何なのかを調べなくてはなりません。それぞれの細菌に合った薬を使っていく必要があるからなのですが、調べるまでに少し時間がかかります。ですから、まずはさまざまな細菌に効果がある抗菌薬(広域スペクトル抗菌薬といいます)を使って、治療をしていきます。

たとえば、ゲンタマイシンやクリンダマイシンといった抗菌薬が使われます。そのほかにも、もし子宮の中に胎盤や卵膜の一部が残っていれば、取り除かないといけません。子宮内容物除去術といって、子宮の中に器具を入れて中に残っているものをかき出す手術が行われます。もちろん麻酔が使われますし、短時間で終わる手術になりますので安心してくださいね。産褥熱が起こるのはかなり減ったとはいえ、先ほど述べたようにさまざまな原因で細菌感染・発熱してしまう可能性があります。それほど出産後の体はデリケートなんだ…と認識して、産後は免疫力をつけたり体を早く回復させるためにもゆっくりと過ごしたいものですね。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア