「3・3・産後プロジェクト」始動!


「3・3・産後プロジェクト」始動!

「産後」という言葉から、何をイメージしますか?

赤ちゃんを抱っこしてママが笑っているところ? 家族とおしゃべりしているところ? それとも、ベッドで出産のお疲れを休めているところでしょうか。

少子化で赤ちゃんと接する機会が減り、兄弟姉妹や親せきの赤ちゃんと生活を共にする機会も減りました。それにより、妊娠中にイメージする産後は「赤ちゃんが生まれて、いつも笑っていて幸せいっぱい」なイメージを持っている方が多いようです。

しかし現実は…。

産後プロジェクト

腰痛・手首の痛み・会陰切開あとの痛み・尿漏れ・乳首の痛み・おっぱいの張り・肩こり・背中の痛み…。これらは産後ママの多くが感じる症状です。そして体の症状だけではなく、心の変化も…。

妊娠中及び産褥期

これほどのホルモンの大変動がおきて精神的に不安定にならないわけはなく、産後ブルーで気持ちの沈みを感じているママは約80%もいます。涙が出てばかり、母としての自信が持てない…と不安定になるのが産後の心の特徴なのです。

このように、産後とは心と体が不安定な時期。この時期に慣れない赤ちゃんの育児が始まります。「産後3カ月までが一番しんどかった」という言葉は、多くのママから聞かれます。

「出産」は女性にとってかけがえのない体験であるとともに、大変な体験だということは多くの人が認識していますが、「無事に産んだらそれで大丈夫」になり、産後ママへのサポートは十分ではありません。そしてそのことが関係していると思われる事態も増えてきています。

それは…。毎日のように報道される「乳幼児虐待事件」、そして「産後うつ」の急増。

日本は世界一周産期の死亡が少なく安全に産める国ですが、「安全に産める国=育てやすい国ではない」というのが残念な現状なのです。

この、「乳幼児虐待」や「産後うつ」が増加している原因は、「ママの個人的な問題」だけではないのです。

ママが産後に大切にされ、家族からも社会からも育児の支援を受け、いつも笑顔で過ごしていたら…虐待は減らすことができるのではないでしょうか。その逆に、産後に充分なサポートを受けられず、ママ自身に余裕がなく、疲弊し、孤立している状態であれば、子どもに優しくすることは難しい。幼児虐待被害で亡くなっているこどもは0歳児が43%と多く、ほとんどが生後半年以内。つまり、ママにとって「産後」の時期に多く起きています。

そして、「産後うつ」が急増する背景として、核家族で赤ちゃんと二人だけで過ごす時間が増えていること、出産年齢の高齢化で両親からの支援を得にくくなっていること、また地域関係が希薄化していることなどが関係しています。

つまりママが産後に大切にサポートされず、孤独で、支援を得にくくなって、社会的に孤立している…から「産後うつ」が急増してしまっているのではないでしょうか。実際に、家族や地域の女性たちから産後を支えられていた昭和初期の日本では、産後うつに悩む女性はほとんどいなかったのですから…。

そんな心身共に頑張るママたちをサポートできるような「家族」「企業」「地域」になることを願い、「3・3・産後プロジェクト」が立ち上がりました。発起人は、文教学院大学准教授の市川さんや孫育て・ニッポン理事の棒田さんたち。

「3・3産後プロジェクト」とは、日本の産後サポートの文化である「床上げ3週間」「1カ月まで」を「産後3カ月」に延ばし、産後のサポートの必要性を家族、企業、地域に伝え、産後のママと赤ちゃんの笑顔を増やしていきたい…という、産後ママへの愛がいっぱいのプロジェクト。

産後プロジェクト

具体的には、産後のママは精神的に不安定になりやすいことを周知するためにも「赤ちゃんにやさしい家族、企業の5か条」を周知できるようにし、「産後手帳」の制作、講座・研修などを実施していく予定です。また、企業・NPO・行政と連携しながら「産後サポートの必要性」と「期間の延長」を伝え、ママと赤ちゃんの笑顔を増やすことをミッションとしています。

「赤ちゃんにやさしい家族・企業5か条」とは、このような内容です。

赤ちゃんにやさしい家族5か条

  1. 産後の女性のカラダについて知識を深めます
  2. 赤ちゃんがいる生活をイメージし、父親の育休取得を含め、産後3カ月のサポート計画を、祖父母を含めた家族で立てます
  3. 妊娠中に産後ケアや子育て支援情報の収集・見学をし、産後、家族の手では足りない場合は、外部サービスを利用します
  4. 妊娠中から早起きを心がけ、朝ご飯を家族で食べます
  5. 妊娠中から夫婦・家族で近所を散歩し、産後1カ月健診でOKがでたら赤ちゃんも一緒に再開します

赤ちゃんにやさしい企業5か条

  1. 産後ママにとって家族のサポートが不足する時期(産後3カ月間)は、 そのパートナーたる父親(社員)の育休・有休(年休)取得を促進します
  2. 子が最低生後3カ月まで、父親(社員)の定時退社を促進します
  3. 自社内においてママ、パパネットワーク作りを推進し、とくに妊娠~産後3カ月の社員への、先輩パパママ社員からの声かけを促進します
  4. 社員に自分のカラダ、現在の妊娠・出産、不妊治療などについて学ぶ機会をつくります
  5. 産後ケアサービスの助成、孫育て休暇の導入などを検討し、必要があれば実施します

始動したばかりの「3・3産後プロジェクト」が、多くの行政や企業に周知されていきますように。「赤ちゃんが元気に生まれたらそれで大丈夫」ではなく、心身共にボロボロになっている産後ママをしっかり優しくサポートできる、家族・企業・社会になりますように。そして、乳幼児の虐待が減り、産後うつに苦しむママが減り、産後クライシスによる離婚が減り、あたたかい家族が増え、あたたかい社会になってほしい…そう願っています。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア