広まりつつある産褥入院について

産後デリケートな時期は産褥入院をして身体を休めよう

産褥入院

みなさんは産褥入院というものをご存知でしょうか?まだ、あまり一般的ではありませんが、産後様々な理由があり、家族のサポートを得られないというママには是非、知っておいてもらいたいものです。

実際に産褥入院するとなると、費用はいくらくらいかかるのか・・・どんな事をしてくれるのかと色々気になる事がたくさんありますよね。産褥入院について学びましょう。

スポンサーリンク

産褥入院って何?

出産直後の時期に、ママと赤ちゃんをケアしてもらうために入院することをいいます。産後養生院、産後ステイ、産後ケア、など同じようなサービスをする施設はいくつもあり、近年広まりつつあるケアサービスなんです。産褥入院は以下のような方にオススメのサービスです。

産褥入院はこんな人にお勧め

  • 夫の仕事が忙しく、サポートを頼めない
  • 核家族化で実家の家族を頼れない
  • 高齢出産、両親が高齢でサポートをお願いできない

など、何らかの理由があり、ご家族のサポートを頼れないというママは多くいらっしゃいます。

産後は慣れない育児や睡眠不足、育児への不安や疲れから約1割のママさん達が、産後うつを発症しているといわれています。産後にどれだけ安静にするか、ママの体や心のケアはとても大切なことなのです。

産後にサポートをお願いできず、赤ちゃんのお世話にも不慣れだという方は、赤ちゃんのお世話を学んだり、産後の体を回復させるために「産褥入院」という選択をするのもいいかもしれませんね。産後うつだと感じたら3・3・産後プロジェクト

産褥入院、一日にかかる費用は?

近年増加傾向にある産後うつ。産後うつを発症したことから、虐待につながったり、第二子以降の出産を諦めたりすることもあり、子育てスタート期を支援する「産褥入院」の必要性が指摘されるようになりました。そこで国や自治体も、産褥入院は虐待防止や少子化対策になると考え、入院費用を補助する支援に乗り出しました。まだまだ補助金がおりない自治体も多いですが、今後広がりを見せるのではないかと思います。

国や自治体からの補助がない場合の費用は1日2~3万円が相場となっています。これは1回の入院の費用ではなく、約1日の入院費用の金額という事になります。一週間程度入院すると約20万円前後となる施設が多いようです。

国や自治体からの補助があった場合、もっと安く利用できるのですが、補助金は家庭の所得や、利用したい施設、住んでいる自治体などによって費用が大きく異なりますので、利用したいと考えている場合は、施設に問い合わせてみる必要があります。

まだまだ、補助がおりなければ利用を躊躇してしまうくらい高額ではありますが、ママ自身が「もう無理だ・・・」と感じたときには旦那様に相談して、誰かを頼ってみることもとても大切なことです。

産褥入院中はどんなケアが受けられるの?

産褥入院中は、母乳マッサージ、母乳指導、オムツ替え、沐浴の指導などを受けることができます。また、食事はママの健康面を考慮した栄養満点の食事になっている施設が多いです。

一番の目的は、産後のママの身体をゆっくりと休め、回復させること・育児に慣れ親しんでもらうことをです。利用すると決めたら、とにかく身体を休めることを一番に考えるようにしてくださいね。

産褥入院は助産師さんが常駐して、ママや赤ちゃんのケアを行ってくれます。母乳や沐浴、オムツ替えなど育児に関する相談にも乗ってくれます。少し費用はかかりますが、産後サポートがなく不安なママの心強い味方です。産後、ママと赤ちゃんにとっていい環境で、体を休めることができますように・・・。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク