産後の夜の夫婦生活はいつから?

産後の夜の夫婦生活はいつから?

産後の夜の夫婦生活

赤ちゃんが生まれて1か月健診へ行くと、医師から「普段通りの生活に戻っても大丈夫ですよ」と言われます。それは夫婦生活も再開できるということになります。ただ、産後の夫婦生活の再開はそう簡単ではなく、「産後の傷が気になってできない」「痛くて受け入れることができない」などさまざまな問題があります。2人が思いやりをもって再開することができるように、ここでお勉強しましょう。

スポンサーリンク

夫婦生活をしてはいけない時期

出産が終わったあとの1ヶ月を(産褥期)といいます。産褥期は腟炎や子宮内膜炎などを起こすこともあるので夜の仲良しは控えましょう。この期間は、子宮内の胎盤が剥がれた跡からの出血や、赤ちゃんが通ってきた産道・膣が 傷ついてボロボロの状態なので、赤ちゃんの世話と自分の身体を癒す事が第一です。産後1か月が過ぎてもまだ悪露が続いている場合は傷が完全に治っていない証拠なので夫婦生活は控えましょう。

夫婦生活を再開する時の注意点

出産後、夫婦生活を再開する際には注意点があります。下記のことに注意して、無理のないようにしましょう。

避妊する

母乳で育てているママの場合、母乳の分泌を促すホルモンが排卵を抑えるため、生理の再開は遅くなるのが一般的です。

「母乳を与えているから妊娠しない」 「生理がまだ再開していないから妊娠しない」というのは間違っています。生理よりも先に排卵があります。産後の生理が再開する時期には個人差があります。まだ生理が再開していない方は、妊娠しても気づかない可能性があるります。まだ妊娠を希望しない方は避妊を徹底するように注意しましょう。

母乳育児と産後の生理再開についてはこちら授乳中の月経再開についてはこちら

感染症をおこしやすい

出産によって傷ついた子宮や膣がまだ回復していない時期の夫婦生活は、子宮内膜炎や子宮頸管炎などの感染症を引き起こすことがあります。産後の体の回復については、健診の際に医師に聞きましょう。

体の調子が妊娠前に戻っても「今は睡眠が大事・・・」「慣れない赤ちゃんのお世話でそれどころじゃない・・・」など、夫婦生活を苦痛に感じるママが多いと思います。

ですが、拒否をし続けていると夫婦関係にもよくありません。やさしい言い回しで、「まだ体が万全じゃないんだ。ごめんね」などしっかりと自分の気持ちを伝えましょう。そして一緒に解決策を考えるとよいでしょう。夫婦にとって、コミュニケーションはとても大切なことだと思います。夫婦生活以外にも、手をつないで寝る、ハグをする、マッサージをするなどして、日ごろからスキンシップをとりましょう。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク