妊娠中の尿蛋白に要注意!プラスマイナスの意味とは?改善する方法を解説

妊婦健診で毎回行われる尿検査では、尿蛋白の有無を調べることも目的にしています。

検査結果のプラスマイナスの意味はどういったものなのか、なぜ妊婦さんに尿検査が必要なのかといった理由や尿蛋白がでる原因、対処法などについてまとめました。

尿蛋白とは

尿蛋白の蛋白とは、良く知られている栄養素のタンパク質のことで、尿蛋白とは「尿に含まれるタンパク質」を意味しています。

腎臓は血液をろ過して身体に戻し、残った老廃物を尿として排出します。

タンパク質は血液成分と一緒に腎臓を通過して体内に戻されるので、通常は尿にタンパク質が混ざることはほとんどありません。

しかし、妊婦さんは後でお伝えする様々な要因で尿蛋白が出やすい状態にあります。

尿蛋白の検査を妊婦健診ごとにすると、妊婦さんがかかりやすい病気を早期発見しやすくなります。

尿蛋白が出る原因

妊婦さんは普通の人と比べて尿蛋白が出やすいと言われています。
それはなぜなのでしょうか。

妊婦さんに尿蛋白がでる原因についてまとめました。

妊娠による腎臓への負担

妊婦さんに尿蛋白が出る原因で多いのが、妊娠による腎臓の負担です。

妊娠中は、赤ちゃんの分の血液や不要な老廃物もママの腎臓でろ過しているので、通常よりも腎臓に負担がかかるのです。

妊娠による腎臓への負担によって、本来なら身体に戻されるタンパク質が尿に漏れてしまい尿蛋白となることがあります。

このため、妊婦さんにはだれでも尿蛋白がでる可能性があります。

運動不足・体重の増加

運動不足体重の増加も腎臓機能が低下しやすくなり、尿蛋白が出る原因となります。

運動不足だと、血液の循環が滞りやすく、腎臓でのろ過もうまくいかなくなります。

また体重が増加することも、腎臓でろ過する血液や糖分などの老廃物が増えることで腎臓に負担がかかり尿蛋白が出る原因となります。

むくみやつわりによる水分不足

妊娠中はむくみやすくなっています。
しかし、むくみをきにして水分摂取を怠ると、老廃物などの血中濃度が高くなり、尿蛋白の原因となります。

つわりによる水分不足でも同じことが起こるので、妊娠中は適度な水分摂取を心がけましょう。

水分は取りすぎても、腎臓でろ過する量が増えて負担がかかるので、一日2リットルくらいを目安にするといいです。

塩分の過剰摂取

腎臓は食事で摂取した塩分を、ろ過して排出します。

塩分を過剰摂取すると、腎臓でろ過するのに負担がかかり、尿蛋白の原因となります。

ストレスや睡眠不足

妊娠中は、なにかとストレスを抱えてしまいがちです。
ママはいつもおなかの赤ちゃんを気にしていますし、つわりも辛かったりとストレスの原因はさまざまあります。

ママが睡眠不足になったり、ストレスによって血流に変化が起こると腎臓に負担がかかり、尿蛋白の原因となります。

おりものが混入している

妊娠中はおりものの量も増えます。
おりものにはタンパク質が含まれているので、もし尿検査の尿におりものが混ざってしまうと検査結果が陽性になることがあります。

しかし、妊婦さんの尿蛋白の原因で一番気を付けないといけないのが、病気のリスクを伴う原因です。

こちらの記事もあわせてチェック!


尿蛋白は胎児や妊婦に影響があるの?

先ほど挙げた尿蛋白の原因以外に、腎臓炎や腎盂炎など健康に問題があって尿蛋白が出ることがあります。

病気のリスクを伴う原因の場合、ママや胎児にも影響があるため、妊婦健診では毎回尿検査を行います。

尿蛋白が出ている状態だと、胎児や妊婦にどんな影響があるのでしょうか。
考えられるリスクや影響についてまとめました。

尿路感染症

妊娠中は、免疫力が下がり細菌が引き起こす病気にもかかりやすくなっています。
尿道炎や膀胱炎、腎盂炎なども妊婦さんがかかりやすくなっている病気です。

これらは尿路感染症によって引き起こされることが多く、発症すると尿蛋白がでます。

特に、腎盂炎は発症すると激しい悪寒や背中・腰の鈍痛、38度以上の高熱などを引き起こし母体に影響を与えます。

さらに、腎盂炎が原因で破水や早産のきっかけになることがあるので、尿蛋白の原因が尿路感染症の腎盂炎であった場合は早急な対処が必要です。

妊娠糖尿病

糖尿病になると、腎臓に負担がかかり尿蛋白が出ることがあります。

妊娠糖尿病になると、羊水過多になったり、出産よりも前に胎盤がはがれてしまう胎盤早期剥離妊娠高血圧症候群の引き金になることもあります。

妊娠高血圧症候群

高血圧によって腎機能が低下し、尿蛋白が出ることがあります。

妊娠高血圧症候群はママや胎児に様々なリスクがあります。

血管障害や、臓器障害を引き起こし、症状や場合によっては妊娠を中断しなければいけない状況になることがあります。

尿蛋白が出たからといって、すぐさま妊娠高血圧症候群とは限りませんが、尿蛋白がでたらママが気を付けたい病気のひとつです。

尿蛋白の値の見方

尿検査をしたときに、尿蛋白の値がプラスマイナスだったりプラスだったりしますが、尿蛋白の値の記号の意味は何なのでしょうか。

記号の意味を簡単にまとめました。

±(プラスマイナス)の状態

尿蛋白の検査の結果が±だった場合は、「プラスが疑われる」という状態です。

ごく微量のタンパクを検出した状態で、この時点では特に深刻に考える必要はありません。
±では経過観察になることがほとんどです。

+(1プラス)の状態

妊婦さんは尿蛋白が出やすい状態なので、いちどだけ1プラスがでてもすぐ問題視されることはありません。

運動不足などの生理現象が原因であることが多いので、経過観察になることが多いです。

しかし、2回以上1プラスだった場合はさらに詳しい検査をする可能性があります。

++(2プラス)の状態

2プラスは蛋白量が100mg/dL以上で、蛋白量が多い状態を指します。

気になる症状が蛋白のみの場合は病気だとは断定されませんが、注意が必要な状態です。

再検査や、入院する可能性もあります。

尿蛋白を出さない予防法

尿蛋白が出ている状態だと、さまざまな病気が潜んでいることもあると分かりました。

では、尿蛋白を出さないようにする予防法はどういったものがあるのでしょうか。

生活習慣を見直す

適度な運動や、睡眠と休息をしっかりと取るなど、生活習慣を見直しましょう。

ママの健康管理や体重管理をすることで尿蛋白がでる原因を減らすことができます。

特に、ストレス睡眠不足には注意しましょう。

塩分を控える

塩分を控える食事をすることで、腎臓への負担を減らすことができます。

塩分が多いと、腎臓でろ過しなければいけない老廃物が増え、腎機能が低下して尿蛋白の原因となってしまいます。

塩分過多の食生活は見直しましょう。

カロリー管理をする

ママのカロリー管理をしっかりすることで、肥満や高血圧を防ぐことができます。

肥満と高血圧は腎機能を低下させる原因となるので、尿蛋白も出やすくなってしまいます。

妊娠中は食欲も増すかもしれませんが、健康のために気を付けましょう。

水分を十分にとる

妊娠中のむくみを気にして、水分摂取を怠ると腎機能が低下しやすくなってしまいます。

一日に2リットルほどの水分を目安に、しっかり水分を取りましょう。

適度な運動を一緒にすることで、むくみも気にならなくなります。

尿蛋白が出た場合の対処法

もし、妊婦健診で尿蛋白が出てしまった場合は、どのように対処したらいいのでしょうか。

尿蛋白が出た場合の対処法についてまとめました。

病気が原因の場合は医師の診断に従う

尿蛋白の原因が、腎盂炎や妊娠高血圧症候群といったなんらかの病気と診断されることがあります。

病気だと診断された場合には、速やかに医師の指示に従ってください。

場合によっては入院するかもしれませんが、ママと赤ちゃんの健康のためなので医師の指示に従いましょう。

食生活を改善する

尿蛋白が出てしまったら、食生活を見直しましょう。
塩分量やカロリーバランス、水分の量に原因があるかもしれません。

・出汁の効いた調理法を採用する
・ハーブや柑橘系の薬味を使用する
・適度な焦げ目をつける

など、塩分を減らす調理法を試してください。
カロリー管理適切な水分量の摂取も同時に行うと効果的です。

カリウムを摂取する

カリウムを多く含む食材を摂取しましょう。
カリウムは塩分を排出してくれる機能があり、腎機能の低下を防いでくれます。

・きゅうり
・バナナ
・きのこ類
・豆類
・海藻類

などの食材にはカリウムが多く含まれていますので、意識して摂取しましょう。

運動不足を改善する

マタニティヨガなど、身体に負担のかからない運動を取り入れて運動不足を解消しましょう。

運動不足だと血流が悪くなり、腎臓に負担がかかることがあります。

また、血流が悪いとろ過機能も劣ってしまうのでウォーキングやマタニティヨガ、マタニティスイムなど、ママのストレスにならない適度な運動を取り入れましょう。

ストレスや睡眠不足を改善する

出産が近づくと、夜中に赤ちゃんがポコポコと動いて寝られなかったり、ホルモンバランスによって急に不安を感じたりと、ママはストレスや睡眠不足を抱えがちです。

ストレスと睡眠不足は体の不調を招き、尿蛋白も出やすくなってしまいます。

夜寝られないなら、お昼寝したりリフレッシュに散歩するなど自分なりの解決策を見つけてみてください。

アロマを試したり、ゆったりとぬるめのお風呂につかることもおすすめです。

こちらの記事もあわせてチェック!

尿蛋白に気を付けて生活習慣を見直しましょう

尿蛋白の原因や、尿蛋白が出てしまったときの改善方法について解説しました。

尿蛋白には、これといった治療法はありません。

減塩や体重管理などに気を付けて生活習慣を見直すことで予防と改善ができます。

尿蛋白がいちど出たくらいならそこまで心配しなくても大丈夫ですが、なかなか改善しなくて不安なときには医師や助産師さんに相談してみると良いでしょう。

注目記事

【おすすめしたい葉酸サプリランキング】効果・成分・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

      

【2017年版!妊娠線予防クリームランキング】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線クリーム選びで大事にしたいポイントと、先輩ママから支持された評判の妊娠線クリームをランキングでご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク