生後1ヶ月の赤ちゃんの身長や体重、健診について


生後1ヶ月の赤ちゃんとの生活

赤ちゃんの沐浴抱っこ授乳など様々な事に慣れ始めた頃ではないでしょうか。この頃から少しずつ赤ちゃんの表情や動きが豊かになってきます。そういう変化を見る事が出来た喜びや楽しみがママを強くしていきます。寝不足だったり、家事と育児の両立などで大変な事も多いかと思います。寝不足が続くのは今だけです!日々成長している赤ちゃんの成長を楽しみに頑張って乗り越えていきましょう!

生後1ヶ月の赤ちゃんの体重と身長

男の子

男の子 体重:約3~6kg、身長:約51~59cm

女の子

女の子 体重:約3.5~5.5kg、身長:約50~58cm

赤ちゃんそれぞれに個人差や、出生時の身長・体重の違いもありますので、「生後1ヶ月目の赤ちゃんは身長○○cm!」と断定する事は出来ませんが、出生時に比べて身長が約3~5センチ程度伸び、体重は1キロくらい増えていれば順調に成長している証拠です。

生後1ヶ月赤ちゃんの様子

赤ちゃんの成長が著しい時期です。身体には皮下脂肪が付き始め、ふっくらとした赤ちゃんらしい体つきになってきます。運動機能が発達し始める頃なので、手足をバタつかせる仕草を時折見せるようになります。生まれたときに比べ、口周りの筋肉も発達しているので、おっぱいを飲むのも上手になったのではないでしょうか。まだまだ、泣く・ミルクを飲む・寝る事が仕事!という感じの赤ちゃんですが、日々様々な部分が成長しているのです。

新生児期に比べ、少しだけ視力も良くなり、今まで匂いや触感などでママの乳頭を探していましたが、目で見て分かるようになります。赤ちゃんの目の見え方についてはこちらをご覧下さい

授乳時間の間隔が定まってきている子も中にはいるのではないでしょうか。間隔がまだ定まっていなくても焦らないで!3~4ヶ月頃までには、ほとんどの赤ちゃんの授乳時間が定まってきます。周りに出産・育児経験のある友達がいる場合、「えー!?まだ出来ないのー?うちは○ヶ月で出来たよー!」という会話が出てくることがあります。赤ちゃんの成長スピードは、それぞれ違いがあり差があるのは当たり前の事です。同じ時期に生まれた子が出来たから「うちの子が出来ないとおかしい!」という事はありません。焦らず、わが子の成長を見守りましょう。

1ヶ月健診に行こう!

1ヶ月健診は、赤ちゃんが生まれて1ヶ月の間、順調に成長しているか健康状態に異常はないかを確認するための健診です。ほとんどの方が、出産した病院で1ヶ月健診を受けるかと思いますが、出産後に里帰りした方、お引越しをされた方などは、1ヶ月目を迎える前に、近くの自治体に1ヶ月健診について電話で確認しておきましょう。自治体によっては、集団健診を行っていたり、個人で小児科で健診を受ける事もあります。集団健診か、個人で病院を受診するかは負担金額などに違いが出てくることがあります。自治体の広報などは必ず目を通し、それでも分からない場合は自治体へ問い合わせしてみましょう。

1ヶ月の健診内容は、身長・体重の測定、刺激に対してしっかりと反応を示すか、生まれた時に見つからなかった病気がないかの確認、ビタミンK欠乏症予防の投与などを行います。赤ちゃんがしっかりと育っているか確認するための大切な健診です。忘れずにしっかりと健診を受けましょう。

赤ちゃんと一緒のお出かけは、退院以来この日が初めてというママも中にはいらっしゃると思います。外出時に必要なものは、忘れないようにしっかりとまとめておきましょう。

マザーズバッグの中に入れておくと便利なもの

  • おむつ数枚
  • おしりふき
  • 使用済みおむつを入れておくためのビニール袋
  • 念のためのお着替え>
  • タオルやガーゼハンカチ
  • 母子手帳
  • 授乳用ケープ
  • 粉ミルクや哺乳瓶
  • 綿棒
  • おむつ替えシート

あらかじめ、外出用のマザーズバッグを作っておくと便利です。

1ヶ月の赤ちゃんを育てているママに役立つコラムのご紹介

初めて子育てする方も、そうでない方も、授乳に関する疑問や悩みはつきません。1ヶ月の赤ちゃんを育てている方のお悩みや疑問などを解決出来そうなページをご紹介致します。

この他にも、さら助産院院長の直井先生と助産院ばぶばぶの院長のこばやしひさこ先生が母乳育児に関してのコラムを掲載しています。母乳育児・乳腺炎・断乳など様々な内容を掲載しています。為になる内容となっていますので、お時間がある方は、ぜひ読んでみてくださいね♪母乳育児コラム一覧

その他にも、関本先生・吉野先生によるベビーマッサージについてのコラムもあります。ベビーマッサージは生まれてすぐに行う事が出来る、赤ちゃんとのスキンシップです。ぜひ、こちらもお読み下さい♪ベビーマッサージコラム一覧

パートナーの方は育児に協力的ですか??パパ・ママとして、一緒に一歩ずつ成長していくために、パパにも出来る限りの事は協力してもらうことが大切です。ママが抱え込みすぎる事によって産後クライシスを招く可能性があります。甘えられるところは出来るだけ甘えるようにしましょう!産後クライシスのコラムはコチラから

予防接種のスケジュール

予防接種は赤ちゃんの成長に合わせてスケジュールを組まないと受けたい予防接種を逃してしまう事があるので、しっかりとスケジュールを立てましょう。以下は年齢別の予防接種スケジュールです。

1歳未満の予防接種スケジュール

※1歳以降のスケジュールは作成中です。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア