【生後3ヶ月赤ちゃんの育児】体重やミルク量、風邪、外出ってどうなの?

生後3ヶ月は、ママが育児に少しずつ慣れてきたころではないでしょうか。

生後3ヶ月では、赤ちゃんの体重は生まれたときのほぼ2倍になり、首もしっかりしてきます。
また、授乳時間や睡眠時間が安定し始める時期でもあり、ママも休む時間が確保しやすくなるでしょう。

今回は、生後3ヶ月の赤ちゃんの発育や発達とあわせて、気をつけるべき点を解説していきます。

生後3ヶ月の体重と身長


生後3ヶ月の赤ちゃんは、男の子と女の子でそれぞれ次のような身長・体重にまで成長します。

男の子

身長:57.5cm~66.1cm
体重:5.12kg~8.07kg

女の子

身長:56.0cm~64.5cm
体重:4.84kg~7.53kg

体重は出生時の体重のおよそ2倍にまで増え、身長は12~13cmほど伸びます。
全体的にふっくらとした身体つきになり、より赤ちゃんらしくなるでしょう。

体重は著しく増加しますが、首がしっかりしてくるため、抱っこがしやすくなります。
首がすわるようになれば、縦抱きでも安定するようになり、ママも抱っこが楽になるようです。

もちろん、2ヶ月で首がすわる子もいれば、4ヶ月以降で首がすわる子もいます。
3ヶ月になってもまだ首がすわっていなくても、焦る必要はありません。

生後3ヶ月の発育・発達

生後3ヶ月になると、ママやパパとコミュニケーションが取れるようになり、おもちゃにも興味を持ち始める時期です。

生後3ヶ月では、下記のことができるようになります。

  • 声かけに反応して声を出す
  • ママやパパの指を握る
  • 自分の手を見つめる
  • 指しゃぶりを始める
  • ガラガラで遊ぶ

喃語(なんご)が増える

あやされると声を出すようになり、「アー」「ウー」といった喃語(なんご)をよく発するようになります。

喃語は新生児のころから発しますが、生後3ヶ月になると喃語のバリエーションが増えます。
話をしているような感じを受け、聞いている側も楽しくなるのではないでしょうか。

また、声を出して笑いはじめるのも生後3ヶ月ごろです。
聴覚が発達し感情表現が豊かになってきたことで、楽しそうに笑ったり甘えたような声を出します。
表情もこのころから豊かになってきます。

視力の発達

視力が発達し、ママやパパの指を握るようになるでしょう。
3ヶ月ごろの視力は0.04~0.08といわれており、ママやパパの口元が笑っているかどうかを判別することもできるのです。

ハンドリガード

生後3ヶ月では、赤ちゃんは自分の手の存在に気づきます。
目の前に手を持ってきてじっと見つめるのをみかけるようになりますが、これを「ハンドリガード」と呼びます。

ハンドリガードは、生後2~3ヶ月くらいの赤ちゃんにみられる反応のひとつです。
自分の手のひらを「これは何?」と考えながら眺めているのです。

ハンドリガードが始まると、赤ちゃんが自分の体を認識し始めたという証拠であるとされています。

片手を目の前に持ってきてジーっと見ていることもあれば、両手を眺めている事もあります。
そして、自分の体であることを確認するために、手を口に入れ、感覚を確かめているのです。

これは、赤ちゃんが自分の身体を認識する第一歩といえます。
片手を見つめて動かすこともあれば、両手を目の前に持ってきて組むこともあるのです。

指しゃぶり

手の存在に気づいたら、指しゃぶりを始める赤ちゃんがいるかもしれません。

指しゃぶりを止めさせようとする方もいるようですが、指しゃぶりをすることで、口の中の感触を覚えたり、吸いつく力を覚えるようになります。

指しゃぶりは遊びだけでなく、初めて学習することでもありますので、無理に止めさせる必要はありません。

指しゃぶりが衛生的に気になるということでしたら、ウェットティッシュなどで拭いてから指しゃぶりをさせてあげましょう。
また、爪が伸びていると口の中を傷つける恐れがありますので、爪が伸びていないことを確認してください。

握力の発育

生後3ヶ月は握力がつき始める時期です。
今まで軽いものでも持つことができなかった赤ちゃんが、ガラガラなどのおもちゃを握って遊べるようになります。

おもちゃを与える際には、軽くて握りやすいものを選ぶといいでしょう。

なお、赤ちゃん用のおもちゃは対象月齢が決まっているものがほとんどです。
安全のために、生後3ヶ月を対象にしたおもちゃを選びましょう。

生後3ヶ月の首すわり

中には生後3ヶ月になる前から首がすわる赤ちゃんがいますが、首がすわる時期でもっとも多いのは生後3ヶ月です。

首がすわるとは、首で頭を支えられる状態にあることです。
首がすわっているか確かめるには、下記のことができるか確かめます。

  • たて抱きにしたときに頭がグラグラしないか
  • うつ伏せにしたときに頭を自分で持ち上げられるか
  • 仰向けの状態で、両腕を持って引き起こすと身体と一緒に頭がついてくるか

なお、首がすわるようになると、ほぼ同じ時期に寝返りができるようになる赤ちゃんもいます。
寝返りを覚えると、ママが目を離している隙にうつ伏せになっていたということがあります。
うつ伏せは窒息の危険性が高まるため、目を離さないことが大切です。

授乳の回数と量

生後3ヶ月になると授乳間隔が整ってきて、夜寝る前に授乳すると朝まで起きない赤ちゃんが出てくるようです。
1回に飲む量が増えてくるため、授乳の間隔が長くなるでしょう。

生後2ヶ月のころに比べると満腹中枢が発達しているため、お腹がいっぱいになれば飲むのをやめるようになります。

母乳育児の場合

母乳のみで育てている場合は、1日の授乳回数は8回前後が目安です。
1回の授乳時間は20分ほどで、それでお腹いっぱいになる子もいればまだ足りない子もいます。

授乳間隔が整ってくる時期とはいえ、ムラが出てくることもあります。
体重が順調に増えていて機嫌が良ければ問題ありません。

母乳とミルク混合の場合

生後3ヶ月にもなると、ママの母乳の量は以前よりも増えてきます。
母乳が足りなかったためにミルクを足していた方は、このころから母乳のみでも間に合うようになることがあります。

完全母乳を目指している方は、赤ちゃんの体重をみて移行するタイミングを決めましょう。

ミルクのみの場合

ミルクのみで育児をしている場合は、授乳回数は1日5回ほどで、4~5時間おきに与えます。
1回あたりの量は180cc~220ccが目安です。

飲む量は赤ちゃんによって異なるため、体重増加の幅やおしっこの量などをみて調節してください。
ミルクは栄養価が高く、消化に時間がかかるため、最低でも3時間の間隔を空けるようにしましょう。

このころは満腹中枢ができるため、ミルクを飲み残すこともあります。
ミルクが残るともったいないと思うかもしれませんが、満腹の状態でミルクを与え続けると、お腹がいっぱいでも食べる癖がついて、肥満を招いてしまいます。

将来、健康的な食生活を送るためにも、ミルクは無理に全部飲ませないことが大切です。

生後3ヶ月の睡眠時間

生後3ヶ月ごろの平均睡眠時間は13時間前後で、生後0~2ヶ月のころに比べると起きている時間が長くなります。

お昼寝の時間は30分~2時間と短めですが、そのぶん夜は授乳したあとに寝れば、朝までぐっすり眠る子も出てきます。

生後4ヶ月になると体内時計が機能しはじめて、朝と夜を区別できるようになりますが、今のうちに昼は起きて夜にぐっすり寝るという習慣をつけるほうがいいでしょう。

新生児~生後3ヶ月までの間は、寝ている時はいつでも成長ホルモンが分泌されますが、生後4ヶ月ころになると大人と同じように22時~2時の間に成長ホルモンが分泌されるようになるのです。

そのため、昼夜逆転したり夜寝るのが遅くなりすぎると、発育に悪影響が出るかもしれません。
生後3ヶ月のうちに生活リズムを整えて、あとあと規則正しい生活ができるようにしましょう。

生後3ヶ月はたそがれ泣きが始まる時期

このころから、急に「たそがれ泣き(コリック)」が始まります。
たそがれ泣きとは、夕方を過ぎた(だいたい毎日同じ時間帯)ころに、原因もなく泣き出すことです。

原因は不明ですが、夕方以降に赤ちゃんの疲れが溜まって、グズるのではないかといわれています。

生後3ヶ月ごろから始まり、5ヶ月ごろまでには自然と治まるといわれていますが、長い子では1歳を迎えるころまで続く子もいるようです。

夕方以降というと、ママにとっては夕飯の支度などで、とても忙しい時間帯なので途方にくれる方も少なくありません。

赤ちゃんがぐずったら

  • 抱っこヒモなどで一緒に行動する
  • 外を散歩する
  • 車でドライブする
  • 子ども向け番組を見せる

などの方法があります。

夕方の忙しい時間帯に泣かれると、「家事もしなくちゃいけないのに、なんでこんなときに泣くの?」とイライラしてしまいがちです。

赤ちゃんを泣かせたままにしておくわけにもいかないので、いったん家事を諦めて赤ちゃんと一緒に過ごし、赤ちゃんが落ち着いてから家事を再開するなり、簡単な料理を作るなどで乗り切りましょう。

「やらなきゃいけない!」と焦りの原因となっている仕事を、一度あきらめると気持ちが楽になるでしょう。

生後3ヶ月の遊び

生後3ヶ月ごろからコミュニケーションが取れるようになってくるため、赤ちゃんと一緒に遊ぶのがますます楽しくなってきます。

赤ちゃんの感情や脳の発達をうながすために、次の遊びを取り入れてみてください。

お口アワアワ

生後3ヶ月は喃語のバリエーションが増えるだけでなく、ときに奇声を発することもあります。
これは聴覚が発達してきたことにより、音に対する興味が湧いている証拠です。

ママが「あー」と言いながら自分の口をふさいだり開けたりすることで、音の違いを聴かせます。
赤ちゃんが声を発したタイミングで赤ちゃんの口をふさいだり開けたりするのも効果的です。

いろいろな音があるということを認識させ、気分転換にもなるでしょう。

ボール追いかけ

色がついたボールを、赤ちゃんの目の前でゆらゆらさせ、赤ちゃんが自分の手でボールを取るようにうながします。

生後3ヶ月ごろの赤ちゃんは視力は十分ではありませんが、色がはっきりしているものは見えやすいようです。
赤や青、黄色といったカラフルなボールを使って見えやすいようにするのがコツです。

手先を使うことは脳の発達によいとされており、色を見せることで視力の発達にもつながります。

にぎにぎ遊び

生後3ヶ月は握力がつきはじめ、好奇心も高くなる時期なので、なんにでも掴もうとします。
ガーゼやハンカチなど、柔らかいものを握らせて軽く引っ張りっこをしてみましょう。

グーで握る週間をつけることで、指先の力を鍛えることができます。

百面相

生後3ヶ月の赤ちゃんは、相手の表情やしぐさに興味を示すようになります。
ほっぺを膨らませたり舌を出すなど、パパやママがいろいろな表情をして、好奇心をくすぐってあげましょう。

パパやママの笑顔を見せることで、赤ちゃんは「愛されている」という自覚を持つようになります。
愛情を感じることは、これから生きていくなかで自信につながるため、積極的に向かい合って笑ってあげてください。

生後3ヶ月の風邪

赤ちゃんは生後6ヶ月ごろまではママの免疫を引き継ぐため、病気になりにくいとされていますが、気温の変化などで風邪をひくことがあります。

普段から赤ちゃんの様子を観察して、風邪の予防や早期発見をすることが大切です。

普段からチェックしておく点

赤ちゃんの健康状態は、お世話をしていくなかで見たり、さわったりする部分に出やすいのです。

  • 機嫌がいいか
  • 母乳やミルクを飲むか
  • 体温が高すぎないか
  • 下痢や便秘をしていないか
  • 肌が赤かったり発疹が出ていないか
  • 目やにが出ていたり、目が充血していないか
  • 鼻水や鼻づまりがないか

もし上記のなかで異常が出ている点があれば、症状をメモしておくと、経過をみるのに役立ちます。

迷ったら#8000に電話を

風邪をひいているようでも、病院につれていくべきかどうか迷うことがあるかもしれません。
その際は、「#8000」(厚生労働省小児救急電話相談)に電話して、受診すべきかどうかの指示をあおぎましょう。

「#8000」は、電話で小児科医師や保健師などから病気に関するアドバイスをもらえるサービスです。

なお、熱があっても機嫌がよく授乳も順調にできている場合は、24時間以内に受診すれば大丈夫といわれています。
母乳やミルクを拒否したり、ぐったりしている場合は受診してください。

風邪をひいたときのホームケア

風邪をひいてしまったときは、病院を受診する以外にも家で風邪が悪化しないように気をつけましょう。

熱があれば温度調節

熱が上がると、血流が悪くなって手足が冷たくなったり、悪寒を起こすことがあります。

寒そうにしている場合、厚着をさせたり毛布をかけてあげるなどして、温かくしてください。

汗をかき始めると、熱が上がりきったということですので、薄着にしたり室温を下げるなどして調節してあげましょう。

水分補給をこまめに

風邪をひくと、水分が失われやすくなります。
脱水症状を防ぐために、こまめに水分補給をしてあげましょう。

生後3ヶ月になると、母乳やミルク以外でも、赤ちゃん用のイオン飲料などの飲み物が摂取可能になります。

市販で販売されている赤ちゃん用飲料水の中で、生後3ヶ月を対象にしたものを与えるといいでしょう。

お風呂は機嫌をみて

基本的に、体温が38.5℃以下であればお風呂に入れても問題ないとされています。
機嫌がいい場合は、通常通りお風呂に入れてあげましょう。

ただし、長風呂は身体がほてってしまい、かえってよくありませんので、注意してください。

生後3ヶ月の外出

生後1ヶ月を過ぎたら徐々にお出かけを増やすママが多いようです。
生後3ヶ月の外出では、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。

体調と生活リズムを優先

生後3ヶ月は、すでにお出かけを頻繁にする方も多いでしょうが、このころは生活リズムを整えることが大切な時期です。

長時間の外出はなるべく避け、通常起きている時間帯に出かけるのをおすすめします。
夜に外出すると、寝つきが悪くなる可能性があるため、寝る数時間前までに外出を終えることが好ましいでしょう。

また、体調が悪いときの外出は控えることがベストです。
外に出ると気温の変化やウイルスの感染など、病気の要因はたくさんあります。

服装で温度調節

寒すぎたり暑すぎる時間帯は温度調節が難しいため、気温差が激しくない時間帯を選びましょう。

春や夏は汗をかきやすいため、ベビーカーやチャイルドシートの背もたれ部分にタオルやガーゼをひいてあげるとよいでしょう。

秋と冬は手足が冷えないようにカバーオールタイプの服に毛布をかけてあげることをおすすめします。

冬場は抱っこ紐を使うと、赤ちゃんが常時温かくしていられます。
おくるみなどで赤ちゃんの全身をくるんで、ママの上着でさらに温かくしてあげるとよいでしょう。

外出先は自然がある場所やショッピングセンターがおすすめ

生後3ヶ月では、視力や聴覚などの五感を刺激してあげることが大切です。

自然がたくさんある場所は、五感を刺激するようなものが多くあるため、季節の風物詩などを観にいくといいでしょう。
公園は身近で自然に触れるには最適な場所です。

ショッピングセンターは、授乳室など赤ちゃんとママに役立つ設備が充実しています。
さらに、ベビーカーを貸し出しているショッピングセンターもあり、ママの荷物を軽くする際にも便利です。

ママに負担がかかることなく外出を楽しみたいなら、ショッピングセンターをおすすめします。

外出時に必要なグッズ

外出では、おむつや着替えなどで荷物がかさばります。
生後3ヶ月では、以下のものが最低限必要になるため、バッグにまとめて持ち運ぶようにしましょう。

  • 紙おむつ(数枚)
  • おしりふき
  • ビニール袋
  • 着替え(1~2枚)
  • ガーゼハンカチ(2~3枚)
  • タオル(1枚)
  • 粉ミルク(ミルクを飲ませている場合)
  • 哺乳瓶(1本)
  • お湯(ショッピングセンターでは授乳室にお湯を用意していることがあります)

そのほか、ベビーカーや抱っこ紐など、必要に応じて用意します。
自然がある場所に行く際には、虫よけ、虫刺され薬なども持っていると便利です。

以上、生後3ヶ月の大きさやミルク量、風邪などについてお伝えしました。

生後3ヶ月はできることが増えてきて、ママやパパはわくわくする時期です。
今回お伝えしたことに気をつけながら、成長を温かく見守ってあげてください。

お食い初め(百日祝い)


生後100日になるとお食い初め(百日祝い)を行います。
地方によっても違うようですが、100~120日の間に行うといいとされています。

お食い初めとは、赤ちゃんが一生食べ物に困らないよう願いを込めて、初めて食べ物を食べさせる儀式です。
とはいっても、まだ離乳食も始まっていない赤ちゃんに、ご飯やお魚を食べさせるわけにもいきませんので、食べさせるマネをします。

やり方や揃える食材などは、都道府県や地域によって異なるようなので、近くに両親(義父母)がいる場合は、教わりながら行いましょう。

近くに親族がいない場合は、スタンダードなメニューを揃えて行うといいでしょう。

気に入ったらシェア

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。