生後3ヶ月の赤ちゃんの予防接種や身長、体重、百日記念について


生後3ヶ月の赤ちゃんとの生活

赤ちゃんとの生活が3か月を迎えました。赤ちゃんとの生活にも慣れ、生活のリズムが整い始めてきているのではないでしょうか。パパやママの事をしっかりと認識出来ているので、パパとママにしか見せない表情などが出てきます。それを見て、益々わが子の事が愛おしく思えるのではないでしょうか。この頃から、様々な面で他の赤ちゃんとの違いが現れます。身長・体重もそのうちの一つです。

「うちの子は丸々としているけど、あっちの子は痩せいている」

「うちの子はあまりお喋りしないけど、あっちの子は喃語でいっぱいお喋りしてる」

「あの子は首もしっかり座ってる」

などなどです。赤ちゃんの成長速度は、子どもによって異なります。他の赤ちゃんと比べて「何でうちの子は・・・」などと考えないようにしましょう。

生後3ヶ月の赤ちゃんの体重と身長

男の子

男の子 体重:約5~8kg、身長:約57~66cm

女の子

女の子 体重:約4.5~7.5kg、身長:約56~64cm

0~3ヶ月までの赤ちゃんの成長はとても著しく、生後3ヶ月目では生まれた時の倍の体重になっている子も多くいます。

ハンドリガードが盛んになる時期です

ハンドリガードとは、生後2ヶ月~3ヶ月くらいの赤ちゃんに見られる反応のひとつです。赤ちゃんが、顔の前に自分の手を持ってきて、ジーっと見つめる事はありませんか?自分の手のひらを「これは何?」と考えながら眺めているのです。ハンドリガードとは、そのような反応の事をいいます。

ハンドリガードが始まると、赤ちゃんが自分の体を認識し始めたという証拠であるとされています。 片手を目の前に持ってきて、ジーっと見ていることもあれば、両手を眺めている事もあります。そして、自分の体であることを確認するために、手を口に入れ、感覚を確かめているのです。最初のうちは、色々な場所を舐めていますが、徐々にお気に入りの指が決まってきます。指しゃぶりには、赤ちゃんの精神を安定させる効果があるともいわれています。大人になっても指しゃぶりが直らないという方はいません。いつかは自然と治まりますので、無理やり止めさせたりしないようにしましょう。

たそがれ泣き(コリック)が始まります

この頃から、急に「たそがれ泣き(コリック)」が始まります。たそがれ泣きとは、夕方を過ぎた(だいたい毎日同じ時間帯)頃に、原因もなく泣き出す事を言います。原因は不明だと言われていますが、夕方以降に赤ちゃんの疲れが溜まって、グズるのではないかとも言われています。たそがれ泣きは、日本だけでなく海外でも見られる現象です。生後3か月頃から始まり、5か月頃までには自然と治まると言われています。長い子では1歳を迎える頃まで続く子もいるようです。夕方以降というと、ママにとっては夕飯の支度などで、とても忙しい時間帯です。赤ちゃんがグズった場合・・・

  • 抱っこヒモなどで一緒に行動する
  • 赤ちゃんのぐずりが納まるまで一緒にいてあげる
  • 赤ちゃんの目線に座って家事をする
  • 家事を諦める

などの方法があります。

夕方の忙しい時間帯、「家事もしなくちゃいけないのに、何でこんな時に泣くの!!」とイライラしてしまいます。赤ちゃんを泣かせたままにしておくわけにもいかないので、きっぱり家事を諦めて赤ちゃんと一緒に過ごすし、赤ちゃんが落ち着いたら家事を再開するなり、ぱぱっと作れるような簡単な料理を作るなどで乗り切りましょう。「やらなきゃいけない!!」と焦りの原因となっている仕事を、一度諦めてしまうと気持ちが楽になりますよ。

3か月の赤ちゃんが受けるべき予防接種

生後2か月頃から、赤ちゃんの予防接種がスタートします。生後6か月までに受けさせておきたいワクチンは6~7種類あり、接種回数は15回以上もあります。早めにスタートし、確実に接種を受けさせることで、赤ちゃんを病気から守る事ができます。2か月目に予防接種を受けさせていない方は、今月からスタートしましょう!2か月目に予防接種を受けさせている方は2度目の「B型肝炎」「ロタウイルス」「ヒブ」「小児用肺炎球菌」と、「四種混合」を受けさせましょう。今月から予防接種をスタートする方は「ヒブ」「小児用肺炎球菌」「ロタウイルス」「B型肝炎」「四種混合」を受けさせましょう。

百日記念を祝おう

100日記念(百日祝い)や、お食い初めなどの行事を迎えます。地方によっても違うようですが、100~120日の間に行うといいとされています。ぴったり100日目に行うか、週末に合わせて、または大安日に合わせて行うなど、家庭の都合に合わせて行うようにしましょう。

※地域によって100記念をする時期が異なりますので地域の風習や大安、スケジュールの都合を考えて行うようにしましょう。百日記念を120日以降に行うご家族もいらっしゃいます。

お食い初めとは、赤ちゃんが一生食べ物に困らないよう願いを込めて、初めて食べ物を食べさせる儀式です。とは言っても、まだ離乳食も始まっていない頃の赤ちゃんにご飯やお魚を食べさせるわけにもいきませんので、食べさせるマネをします。やり方や揃える食材などは、都道府県や地域によって異なるようなので、近くに両親(義父母)がいる場合は、教わりながら行いましょう。近くに親族がいない場合は、スタンダードなメニューを揃えて行うといいでしょう。

お食い初め

  • 赤飯
  • すまし汁
  • 煮物
  • 酢の物
  • 鯛の塩焼き
  • 小石

小石は、丈夫な歯が生えてくるようにという意味が込められているそうです。少し前までは漆器のお食い初めセットで行うのが普通でしたが、今では通常の赤ちゃん用食器セットで行う家庭も増えてきています。お食い初めで使う「お食い初め膳」の準備が大変だという方は、こちらを利用してみてはいかがでしょうか?

お食い初めセット


天然焼き鯛

お吸い物や煮物は自分で準備出来る!という方はコチラがオススメ!

また、赤ちゃんに着せるものも色々あります。せっかくの100日記念(お食い初め)なので、うんとオシャレさせてあげましょう。

女の子用 袴

女の子用 ドレス




男の子用 袴

男の子用 蝶ネクタイフォーマル

写真館などで、記念写真を撮られるかと思いますが、最近では「寝相アート」という写真も流行しています。寝ている赤ちゃんの寝相を利用して、何かに見立てて写真を撮るといったものです。

寝そ相アート

記念写真館では少な目のショット数で注文して、自宅で寝相アートを楽しんでいるご家庭も増えてきているようなので、興味がある方は、ぜひ寝相アートに挑戦してみてくださいね♪

3ヶ月の赤ちゃんを育てているママに役立つコラムのご紹介

縦抱きにすると頭を自分の力で持とうとする子が出てきます。首の筋肉がしっかりとしてきた証拠です。ですが、正式な首すわりは早くても3ヶ月を過ぎた頃からだと言われています。この頃は「首がすわった」と言えるほど、首の筋肉は発達していませんので、まだまだ注意が必要です。首すわりの条件はコチラから確認できます

赤ちゃんとコミュニケーションをとろう

この頃から早い子では「ウーウー」「アウー」「アー」などの喃語を話し始める子がいます。この喃語には、特に意味はないとされていますが、自分の口から発せられる音を楽しんでいるとも言われています。話しかけると喃語でお返事を返してくれる子もいますので、おしゃべりを始めたら沢山話しかけコミュニケーションをとりましょう。

3ヶ月の赤ちゃんを育てているママに役立つコラムのご紹介

初めて子育てする方も、そうでない方も、授乳に関する疑問や悩みはつきません。3ヶ月の赤ちゃんを育てている方のお悩みや疑問などを解決出来そうなページをご紹介致します。

この他にも、さら助産院院長の直井先生と助産院ばぶばぶの院長のこばやしひさこ先生が母乳育児に関してのコラムを掲載しています。母乳育児・乳腺炎・断乳など様々な内容を掲載しています。為になる内容となっていますので、お時間がある方は、ぜひ読んでみてくださいね♪母乳育児コラム一覧

その他にも、関本先生・吉野先生によるベビーマッサージについてのコラムもあります。ベビーマッサージは生まれてすぐに行う事が出来る、赤ちゃんとのスキンシップです。ぜひ、こちらもお読み下さい♪ベビーマッサージコラム一覧

予防接種のスケジュール

予防接種は赤ちゃんの成長に合わせてスケジュールを組まないと受けたい予防接種を逃してしまう事があるので、しっかりとスケジュールを立てましょう。以下は年齢別の予防接種スケジュールです。

1歳未満の予防接種スケジュール

※1歳以降のスケジュールは作成中です。

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?