生後5ヶ月の赤ちゃんの身長、体重、寝返り、突発性発疹について

生後5ヶ月の赤ちゃんとの生活

生後5か月になると、赤ちゃんの好奇心が益々旺盛になります。離乳食も始まるので、赤ちゃんもママも新しい事へ挑戦しなければいけない時期となります。寝返りが出来、一層赤ちゃんから目が離せなくなり、そこに慣れない離乳食作りが追加され、ママは益々忙しくなってしまいます。ですが、赤ちゃんとのコミュニケーションなども日に日に取れるようになっていき、可愛さや愛おしさも増していっているかと思います。手間のかかる離乳食は初めのうちだけなので、頑張っていきましょう!初めて離乳食を作るというママは、離乳食がスタートの項目を呼んでみてくださいね♪

スポンサーリンク

5ヶ月の赤ちゃんの体重と身長

男の子

男の子 体重:約5.7~9kg、身長:約60~70cm

女の子

女の子 体重:約5.5~9kg、身長:約60~68cm

体重・身長は目安です。ここの記載のある数字よりも、大きい子もいれば小さい子もいます。ぽっちゃりしている子は特に心配する必要はありませんが、極端に小さい(軽い)子は、母乳が足りていない(母乳が出ていない・上手に吸えていない)など、何らかの問題がある可能性があります。極端に小さい場合は、産院で相談してみましょう!

赤ちゃんの成長

生後5か月頃になると、赤ちゃんの視力は上がり、生まれた時に比べるとだいぶハッキリと見えるようになってきます。パパとママの顔や声、匂いなどをしっかりと認識している為、知らない人に対する表情と、パパ・ママに対する表情に違いが出てきます。早い子では人見知りが始まる子もいますが、だいたいの子は生後7か月ころから人見知りをするようになります。5か月頃になると「取りたいものへの距離感」がつかめるようになってきます。また、足腰の力が付き、寝返りをマスターする子が増えてきます。寝返りが出来るようになったら、SIDSに注意しましょう。SIDSについては下の項目でお話していますので、ぜひ目を通してみてください。

離乳食がスタート

5か月から離乳食を始められる方も多いかと思います。最初は1さじから徐々に始めていきましょう。この頃は、まだまだ母乳がメインとなります。あまり食べなくても、食べる練習という風に考え、ゆっくりと赤ちゃんのペースで進めていきましょう!

離乳食初体験のママさんは、離乳食の進め方をご覧ください
離乳食レシピはこちらから

寝返りが出来るようになる頃はSIDSに注意

5~6か月頃から寝返りができる様になります。そこで注意しなければいけないのがSIDS(シズ)です。SIDSは「乳幼児突然死症候群」の英語の略称で、元気だった赤ちゃんが突然亡くなってしまうという悲しい病気です。

sids

1歳未満の赤ちゃんの死亡原因の第3位に入っており、毎年150人前後の赤ちゃんがSIDSにより亡くなっています。
SIDSで亡くなる原因は色々ありますが、原因の1つとしては、うつぶせに寝かせたときの方が、あおむけ寝の場合に比べてSIDSの発症率が高くなると報告されています。SIDSを防ぐだけでなく、窒息死なども防ぐ為にも「目を離す際に柔らかい場所に寝かせておかない」「うつ伏せのままにしておかない」などの工夫が必要です。SIDSについて、詳しく知りたいという方はこちら

パパとママの事を認識できるようになります

今までぼんやりと見えていたものが、だんだんとくっきり見えてくるようになる時期です。この頃になるとパパ・ママの顔を認識出来るようになり、パパやママが覗き込むと満面の笑みを見せてくれる事も。あまり馴染みのない顔が覗き込んでくると、「誰だろう?」と一生懸命考えているのか、じっと顔を見つめるような様子を見せます。

よく笑う

パパとママの顔が認識出来る様になってきた頃から、パパやママがあやすとよく笑うようになります。他人があやすよりも、よく笑ってくれるので母性本能が刺激されることでしょう。目と目がしっかりと合うようになるので、見詰め合って、たくさん話しかけてあやすようにしましょう。

鏡もオモチャに

視力が上がり、人の顔が少しだけ見えるようになってきたこの頃から、手鏡などの鏡を見せると不思議そうに鏡を見つめるようになります。顔を見慣れた頃からは、鏡に向かって笑いかけるようにもなりますが、自分の顔だという事が分かるのは1歳を過ぎてからです。外出先などでオモチャを持っていない場合は、手鏡などを見せてもいいかもしれません。

家の中をチェックしておきましょう

早い子では6か月を過ぎた頃から、寝返りを打ちながらゴロゴロと移動出来る子が出てきます。また6か月頃からは、何でも手に取って口の中に入れて舐めたり噛んだりしてみる時期なので、家の中を見渡してみて、赤ちゃんに危険が及ぶようなものは今のうちに移動や片付けをしておきましょう!大人の目線から見ると分かりづらい事も多いので、寝室やリビングなどを赤ちゃんの目線になって確認してみましょう!テレビ台の下にペットボトルのキャップが落ちていたり、棚と棚の隙間に画鋲が落ちていたりと、赤ちゃんが口に入れると危険な物が見つかるかもしれません。細かく念入りにチェックしましょう!

5か月の赤ちゃんを育てているママに役立つコラムのご紹介

初めて子育てする方も、そうでない方も、授乳に関する疑問や悩みはつきません。5ヶ月の赤ちゃんを育てている方のお悩みや疑問などを解決出来そうなページをご紹介致します。

この他にも、さら助産院院長の直井先生と助産院ばぶばぶの院長のこばやしひさこ先生が母乳育児に関してのコラムを掲載しています。母乳育児・乳腺炎・断乳など様々な内容を掲載しています。為になる内容となっていますので、お時間がある方は、ぜひ読んでみてくださいね♪母乳育児コラム一覧

その他にも、関本先生・吉野先生によるベビーマッサージについてのコラムもあります。ベビーマッサージは生まれてすぐに行う事が出来る、赤ちゃんとのスキンシップです。ぜひ、こちらもお読み下さい♪ベビーマッサージコラム一覧

予防接種のスケジュール

予防接種は赤ちゃんの成長に合わせてスケジュールを組まないと受けたい予防接種を逃してしまう事があるので、しっかりとスケジュールを立てましょう。以下は年齢別の予防接種スケジュールです。

1歳未満の予防接種スケジュール

※1歳以降のスケジュールは作成中です。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク