赤ちゃんの首すわりの時期と首すわりの判断・確認条件

この記事の監修医師
助産師・ベビーウェアリングコンシェルジュ
平尾時栄先生

NPO法人だっことおんぶの研究所・ベビーウェアリングコンシェルジュ。 「楽で安全な抱っこ」の練習会や、乳幼児親子サロンやベビーマッサージクラスを開催。 気持ちが楽になる育児のお手伝いを目指して活動している。

生まれたばかりの赤ちゃんは、首がぐらぐらで、抱っこをするときは、おそるおそるというママが多いかもしれません。

赤ちゃんの首がすわるのはいつ頃なのでしょうか。

この記事では、赤ちゃんの首がすわる時期や首が座ったかどうかの判断など、赤ちゃんの首すわりについて解説します。

首がすわるってどういう状態?

生まれてすぐの赤ちゃんは、頭を自分で支えることができません。

ママが抱っこをしてあげるときには、赤ちゃんの頭やからだをつつみこむように全体をしっかり支える必要があります。

それが、抱っこや話しかけ、日々のお世話などで赤ちゃんの身体感覚が刺激され、さまざまな動きをくりかえすうちに重力に対応できる筋肉やからだ全体の発達が進み、首もすわっていきます。

最終的には、赤ちゃんが自分で頭の動きもコントールできるようになります。

首すわりが完成した状態というのは、赤ちゃんが自分で頭を自由に動かせる状態です。

スポンサーリンク

赤ちゃんが生まれてから首がすわる過程

赤ちゃんは生まれてから、身体を動かす運動発達と心や知性などの精神発達が進んでいきます。

「首がすわる」のは運動発達のひとつの過程といえます。
一般に、赤ちゃんの運動発達は頭から体幹(上から下)など、一定の方向性や順序性があります。

例えば、目で物を追うことができるようになり、首がすわり、その後に寝返りやハイハイ、おすわり、つかまり立ち、つたい歩きという順番です。

赤ちゃんの首がすわるまでの過程をみていきましょう。

    【赤ちゃんの首がすわるまでの過程】

  1. 仰向けに寝ているときなどに、少しずつ首を左右に動かすようになります。
  2. 少し首の筋肉がついてきて、うつ伏せにしたとき首を持ちあげようとします。
  3. 少しの時間なら、首をまっすぐに保つこともできるようになってきて、音がする方向に顔を向けるようにもなります。
  4. うつ伏せの状態で首を持ちあげる時間が長くなり、だんだんと首すわりが完成していきます。

赤ちゃんの首がすわる時期の目安は?

厚生労働省の調査によると、早い赤ちゃんで1~2ヶ月頃から首のすわりがみられ、多くは3~4ヶ月にできるようになります。

ただし、赤ちゃんの成長・発達には個人差がありますので、あまり焦らず、心配な時は医師に相談するとよいでしょう。

「首がすわったかどうか」判断は医師に任せて

赤ちゃんの首すわりの完了をどうやって確認すればいいのか、その判断基準がわからないというママは多いようです。

首すわりは行政の乳児健診(生後3~4ヶ月健診)の際に、医師が確認しますので心配しすぎることはありません。
目安として知りたい方のために、以下に厚生労働省「平成22年度(2010年度)乳幼児身体発育調査」で行った首すわりの判断基準をご紹介します。

あおむけにし、両腕を持って引きおこしてみる

まず赤ちゃんをあおむけに寝かせてください。

その状態から、赤ちゃんの両腕を持って、そっと赤ちゃんの上体を引きおこします。
体と一緒に首が持ち上がるようなら首がすわっていると判断します。

遅れた場合、引きおこしたのを少し戻し再度引きおこして首がついてくるか確認します。

首すわりの前後で変わる赤ちゃんの抱っこ

赤ちゃんを抱っこするときのポイントは、首すわり前後で変わっていきます。

首すわり前の抱っこ

首がすわる前は、頭と首が安定する抱き方を心掛けましょう。
頭と首がぐらぐら動かないようにサポートできる抱き方であれば、縦抱きでも横抱きでも構いません。

首だけでなく身体全体も不安定な時期なので、赤ちゃん全体を包み込むように支えられると安定します。

首すわり後の抱っこ

首がすわると縦抱きの際に頭を支えなくても、自力で安定させることができます。

ただし赤ちゃんが寝ているときは、頭が揺れないように抱く人の胸にもたれさせてあげましょう。
赤ちゃんの状況や環境などによって、赤ちゃんが楽で安定した抱っこの仕方であるかが大切です。

首すわりの前後で変わるベビーカー

出かける際の必需品という人も多いベビーカーも、首すわり前と後では適した型が違ってきます。
ベビーカーにはA型とB型があります。

ベビーカー:A型

A型のベビーカーは180度フラットになるため、首がすわる前の赤ちゃんに適しています。
生後1ヶ月ころから使え、赤ちゃんの首に負担がかかりません。

ただし、かさばることと、重くて場所をとり使用期間が2歳ごろまでと短期間しか使えないというデメリットがあります。

ベビーカー:B型

B型のベビーカーは首すわりが完了したあとの生後7~8ヶ月の赤ちゃんに使えます。

比較的軽くて場所を取らず、4歳くらいまで対応できます。
赤ちゃんの身体の状態や生活環境などに合わせて、使いやすいベビーカーを選ぶとよいでしょう。

おんぶはいつから?どうおんぶする?

赤ちゃんをおんぶできるようになると、ママは両手が使えるようになるので家事をするのが楽になります。

ただし、赤ちゃんをおんぶするのは、赤ちゃんの首がすわってからにしましょう。

高い位置で密着するおんぶができると、しだいに背中で赤ちゃんの様子が感じられるようになります。
低い位置のおんぶは、場合によって赤ちゃんの身体が沈み込みすぎるなど、姿勢が不安定になりがちです。

また、背中にいる赤ちゃんの気配が、高い位置のおんぶよりも感じられにくいようです。
おんぶをするときは、おんぶがママにとってつらい姿勢にならないか、赤ちゃんの様子に不安を感じないかなどに気をつけましょう。

おんぶするなら、赤ちゃんの首すわりが完了してからが安心です。

首がすわっても無理に椅子に座らせない

首がすわったら、次は腰がすわる番です。

赤ちゃんはハイハイなど自由に動けるようになってから、自分の力で座るようになります。
赤ちゃん自身でお座りができるようになる前は、必要時以外は固定される椅子に長時間座らせることは控えた方が、赤ちゃんが運動する機会が増えます。

寝返りやハイハイの時期は、無理に座らせずに同じ視線になって遊んであげるのもよいですね。

離乳食など短時間おすわりをさせてあげたいときや、お風呂場で寝かせてあげられる場所がない場面などで、体を支えるグッズも役に立つかもしれませんね。

ベビーチェアやベビーソファなど、サポートしてくれるアイテムは赤ちゃん自身が動ける機会が少なくならないよう、使用時間に気をつけるとよいでしょう。

焦らずに赤ちゃんの成長を見守って!

赤ちゃんの首すわりの時期や、判断基準、練習方法や、首すわり時期の注意点についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ママやパパは初めての赤ちゃんだと、発達だけでなく、さまざまなことが気になりがちです。
しかし、赤ちゃんの成長には、個人差があります。

他の子と比べることなく、赤ちゃんの成長をおおらかな気持ちで見守ってあげましょう。


注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事の監修医師・専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク