ミルクの作り方と哺乳瓶の種類、おすすめウォーターサーバー

赤ちゃんのミルクを作るときに、正しい作り方がわからずに戸惑うママやパパは多いようです。

そこで、正しいミルクの作り方や、哺乳びん、ウォーターサーバーの選び方までご紹介いたします。

粉ミルクはいくつかのメーカーから販売されていますが、厚生労働省が定めた基準によって品質が保たれており、主な成分はそれほど変わりません。
また、赤ちゃんに飲ませるための衛生的な調乳の手順は同じです。

正しいミルクの作り方

粉ミルクをビンに入れる 缶ミルクの場合は、専用の調乳スプーンが付いていますので、必ずそれを使ってください。調乳スプーンすり切り1杯に対してお湯◯mlなどの規定の分量が記載されていますので、調乳方法に記載されている通りに作ってください。
消毒した哺乳瓶に作りたい分量の粉ミルクを入れます。

 

 

哺乳ビンにお湯を注ぐ 70度〜80度のお湯を出来上がりの分量の1/3〜1/2だけ注ぎます。

 

哺乳瓶を振る 哺乳瓶に乳首をつけてよく振ってミルクを溶かします。あまり泡立たないように振ってください。

 

お湯を注ぐ いったん乳首を外して、出来上がりの分量までお湯を足します。このときのお湯は湯冷まし(1度沸騰させてから冷ましたお湯)を使うとミルクを冷ますときの時間が短くてすみます。

 

ミルクを振る フタをして哺乳びんを気泡ができないように、左右に静かに振ってミルクをきちんと溶かします。

 

哺乳瓶を水道の蛇口から出る流水に当てながら冷ますか、ボールなどに入れた冷水に浸して冷まします。

 

ミルクを腕にたらす ミルクを腕の内側にたらして、温度を確認します。少し温かく感じるくらいが適温です。熱い時は水道で哺乳びんの周りを冷やしましょう。赤ちゃんに飲ませるミルクの温度は、人肌程度の38度〜40度が適温です。腕の内側にミルクを垂らしてみて少し熱く感じるくらいの温度が40度です。

ミルクは必ず1回ごとに作りましょう
作りおきをしたり、飲み残したミルクを冷蔵庫に保管して、温めなおして飲ませることはしてはいけません。
ミルクを保管している間に雑菌が繁殖します。

70度〜80度のお湯を使う理由

粉ミルクは無菌ではありません。
粉ミルクを作るときに無菌にすることは不可能で、ミルクの中には少しですが細菌(サルモネラ菌やサカザキ菌などの病原菌)が混ざっています。

70度以上のお湯でミルクを溶かすことによって、細菌を殺すことができます

では熱湯を使えばよいのかというと、そうではありません。
熱湯で溶かすとミルクに含まれている栄養素がこわれてしまいます
よって、70度〜80度が適温とされています。

外出時のミルクの作り方

基本的な調乳方法は同じです。
ミルクは必要な分量だけ清潔なビニール袋に小分けにしてもいいですし、小分けにして持ち歩くためのミルカーという入れ物が売られています。

直接哺乳瓶にミルクを入れておいてもいいです。
また、外出用にスティックタイプのミルクも便利です。

お湯は70度以上に保温できる魔法ビンに入れたものと、湯冷ましの2種類を持って行くとミルクの温度調整が簡単にできます。

ミルクの飲ませ方

哺乳びんからミルクが垂れ落ちる キャップの閉め具合を調整して、哺乳びんを下に向けたときに、乳首からミルクがポタポタとたれてくるぐらいにします。

 

ママのひざの上でミルクを飲む赤ちゃん 赤ちゃんをひざの上にのせ、片方の手で赤ちゃんの頭を支えて横抱きにします。頭がさがっているとミルクが飲みにくいので、頭は高めにするようにしましょう。

 

 

乳首を深く含ませる

哺乳びんの乳首は浅く口に含ませると、赤ちゃんが上手に吸うことができないので、深く口に含ませるのがポイントです。

赤ちゃんの舌の上に乳首をのせ、左のように乳首全体を深く口に含ませましょう。

哺乳瓶を傾ける 哺乳びんは常にミルクが赤ちゃんの口に入って行くように傾けましょう。

ちゃんと傾けないと、哺乳びんの中の空気をたくさん飲み込んでしまい、お腹いっぱいになってしまいます。

赤ちゃんにゲップをさせる ミルクを飲み終えたら、赤ちゃんを縦抱きにして背中をさすったり軽くたたいたりしてげっぷをさせましょう。

もし、げっぷをしない場合は、飲んだミルクを吐くことがあります。
横向きに寝かせて、吐いても窒息しないようにしましょう。

 

ミルクの成分と種類

産まれてすぐの新生児期から与えることができる粉ミルクは、葉酸、DHA、タウリン、オリゴ糖、βカロチン、シスチン、ラクトフェリンなどの母乳に近い成分から作られています。

メーカーによって多少成分は異なりますが、大きな違いはないので、赤ちゃんの好みで決めるのがよいでしょう。

においや甘みがメーカーによって少し異なるので、最初はスティックタイプのものを少し買って試してみて、赤ちゃんが気に入って飲んでくれれば缶のタイプのものを購入するとよいでしょう。

離乳食が進んでいくと、フォローアップミルクに変えていきます。
フォローアップミルクは、3回の離乳食では十分に摂取することができない栄養素を補うために作られています。

忘れてはいけない手洗いと哺乳瓶の消毒

ミルクを作る前は必ず手洗いをして清潔な手で調乳しましょう。
哺乳瓶は必ず1回ごとに消毒したものを使いましょう。

産まれてすぐの赤ちゃんは、抵抗力が弱く病原菌に感染しやすいため、低月齢のうちは哺乳瓶の消毒を必ず行ってください。

哺乳瓶に残ったミルクは、栄養素が豊富に含まれています。
適度な温度や湿度、栄養は、雑菌が繁殖するのにもってこいの場所になってしまうからです。

生後4ヶ月〜6ヶ月頃になると、おもちゃを口に入れたり、離乳食が始まったりと、赤ちゃん自身の免疫力も少しずつ上がってきますので、低月齢のころほど消毒に力を入れなくても問題ありません。

しかし、使ったあとの哺乳瓶はすぐに洗って乾燥させ、清潔な状態で使用するように心がけましょう。

哺乳瓶の消毒方法3つ

以下に3種類の哺乳瓶の消毒方法をご紹介しますので、ママ(もしくはパパ)がもっともやりやすいと思う方法で行ってください。
どの方法でも、まずは哺乳瓶と乳首をきれいに洗ってから消毒を行うという手順は同じです。

煮沸消毒

  1. 哺乳瓶と乳首が十分につかる大きさの鍋にたっぷりのお湯を沸かします。
  2. 哺乳瓶と乳首を入れて、哺乳瓶は10分、乳首は3分煮沸消毒します。
  3. トングなどで取り出して自然乾燥させます。

家にある鍋や器具などで簡単にできますが、やけどに注意してください。

薬液消毒

次亜塩素酸ナトリウムが入っている薬液に哺乳瓶と乳首をつけて消毒します。

哺乳瓶と乳首は1時間以上薬液に浸したあと、取り出してすぐに使えるので簡単ですが、薬液のにおいが気になる人もいるようです。

電子レンジ消毒

専用のケースに哺乳瓶と乳首を入れて、電子レンジで加熱して消毒します。

加熱後は専用ケース内がスチームで高温になっているので、取り出す際は完全に冷めてから取り出すなど使用上の注意点をよく読んでからご使用ください。

哺乳ビンの種類と選び方

哺乳瓶、乳首ともにさまざまな種類が販売されています。
赤ちゃんの成長や使い勝手によって、哺乳瓶の大きさと素材、乳首の種類を変えて使うとよいでしょう。

哺乳ビンの大きさ

哺乳瓶の大きさは、100ml以下のものから240mlまであります。
産まれてすぐの赤ちゃんには100ml以下のもので十分です。

赤ちゃんのミルクを飲む量が増えるにつれて、大きいサイズに買い変えていきましょう。
小さいサイズは、お茶や白湯、果汁などを飲ませるときにも使えて便利です。

哺乳ビンの素材

哺乳瓶の素材には、ガラス製とプラスチック製の2種類があります。

ガラス製の哺乳瓶

ガラス製のメリットは、汚れが落ちやすく、傷がつきにくいこと。
全ての消毒方法に耐えることができ、劣化しにくいことが特徴です。
また、ミルクを冷ますときは、比較的早く温度が下がります。

ただし、ガラスという素材が重く、落としたら割れるという点がデメリットです。
外出時には不向きかもしれません。

プラスチック製の哺乳瓶

プラスチック製のメリットは、軽く、落としても割れないことです。
外出時に向いているといえます。

デメリットとしては、傷や、においがつきやすいことです。
また、購入する際には、どの消毒方法に対応しているかを、確認する必要があります。

メリット、デメリットを考慮して、お家用とお出かけ用を使い分けるのもよいでしょう。

乳首の素材は3種類

乳首の素材には、天然ゴム製やシリコーンゴム製、イソプレンゴム製があり、天然ゴム製の乳首は感触が柔らかく、ママの乳首に似ています。

乳首は1種類だけを使い続けると、ママの乳首や新しい乳首をいやがるケースがあるようです。
ひとつのものに慣れすぎないよう、3個程度の乳首を交互に使用するとよいでしょう。

天然ゴム製

天然ゴム製の乳首は、若干ゴムの臭いがして、熱に弱いのが特徴です。
煮沸消毒や、電子レンジ消毒を行う場合、頻繁に授乳をする時期は、早く劣化してしまうことも。
そうなると、取り替える必要があります。

シリコーンゴム製

シリコーンゴム製は、ゴムの臭いがなく、熱に強いのが特徴です。
煮沸消毒や電子レンジ消毒を繰り返しても、劣化しにくいようです。
シリコーンゴムは固めとやわらかい物があるので、月齢の低い赤ちゃんにはやわらかい物がよいでしょう。

イソプレンゴム製

イソプレンゴム製は、少しゴム臭がして、シリコーンゴムほど熱には強くありません。
やわらかさは、天然ゴムとシリコーンゴムの間です。

乳首の穴

乳首の穴は、3種類のタイプがあります。

丸穴タイプ

丸い穴があいているものは、「丸穴タイプ」です。

哺乳瓶を傾けるだけでミルクが出てくるので、産まれてすぐの赤ちゃんに向いています。

出てくるミルクの量が一定なため、最初はSサイズのものを購入し、赤ちゃんが成長して飲む量が増えると、穴のサイズをM 、L と変えていく必要があります。

スリーカット/クロスカット

Y字型に切れ目があるものは、「スリーカット」、X字型に切れ目があるものは、「クロスカット」です。
スリーカット、クロスカットともに、赤ちゃんの吸う力によってミルクが出てきます。

産まれてすぐの吸引力の弱い赤ちゃんには不向きです。
生後2ヶ月〜3ヶ月以降で、赤ちゃんが上手にミルクを飲めるようになっていれば使えます。

両方とも赤ちゃんの吸う力によってミルクの出方が変わるので、赤ちゃんの成長によって乳首を買い変える必要はありません。

赤ちゃんの吸う力が同じだと、スリーカットよりクロスカットの方がミルクが多く出てきます。

赤ちゃんによって、飲むのが上手な子、飲むのが遅い子、すぐにむせてしまう子など色々ですので、試してみて赤ちゃんにあった乳首を選んであげてください。

ウォーターサーバーの活用

たかがミルク作りといっても、1日に何回も、まして夜中もいちいちお湯を沸かさないといけないのは手間ですし、慣れない育児の中では大変な苦労です。

ウォーターサーバーを活用するのもひとつの方法です。
重いペットボトルを買って自宅まで運ぶ手間も省けます。

ウォーターサーバーは水の種類に注目する

ウォーターサーバーを選ぶときに気をつけたいのは、水の種類です。

ミネラルウォーターの多くはミネラル、カルシウムを多く含む硬度の高い硬水です。
硬水は赤ちゃんの内臓に負担をかけてしまいますので、硬度の低い「軟水」を選ぶようにしましょう。
ちなみに日本の水道水は軟水です。

ミルクを作るときは、70度〜80度のお湯で溶かさなければいけないので、80度くらいのお湯がすぐに出るウォーターサーバーを選ぶと、お湯を沸かす手間が省けて便利です。

子どもが大きくなったときの安全性を考え、チャイルドロックがついているものを選んでおくと、お湯でやけどをする心配が減ります。

容器の容量が大きいと交換回数は少なくなりますが、その分重くなり、補充が大変になることも。
少ない容量のものだと、交換回数は増えますが、その分補充がしやすいのが特徴です。

レンタル価格や自宅への配送料など、コストパフォーマンスの比較もしてみてください。
「調乳用」を売りにしているものもあるようです。

おわりに

混合育児やミルク育児を出産前から目指している方は、事前に知っておくと、出産後に赤ちゃんのお世話をスムーズにできです。

母乳育児を目指している方でも、乳腺炎などの母乳トラブルや、ママの体調が悪くなったときは、ミルクを使うケースがあります。

パパやママが、正しいミルクの作り方を知っておくことは、スムーズな育児につながります。

気に入ったらシェア

【葉酸サプリおすすめ決定版】効果・値段で徹底比較

葉酸の含有量や、一緒に摂れる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

子どもの保険に悩むママ必見!「保険のビュッフェ」の無料相談体験レポ!

子どものための保険ってどうしたらいいの?妊娠中に気になる子どものためのお金について実際に相談してみました!