哺乳瓶の消毒と洗い方

哺乳瓶を使った後は洗って消毒!

哺乳瓶の消毒と洗い方

生まれた赤ちゃんはお母さんから受け継いだ免疫が急速に低下します。免疫力は徐々につき始め、約10カ月かけてゆっくりと生まれた時と同じ位の免疫レベルに戻ります。1歳ぐらいで大人の半分程度の免疫力になると言われてます。免疫力が低下している時期は細菌に感染しやすく、回復力も弱い状態で、少量の細菌でも大事に至る危険性がある為、哺乳瓶の洗浄と消毒はしっかりとしましょう!

哺乳瓶の洗い方

■哺乳びん専用のおそうじアイテム

哺乳瓶は下図のような哺乳瓶を洗う専用の物が売っていますので、専用の物を使用して洗うと良いでしょう。ガラス・プラスチック哺乳びん兼用で乳首洗いも出来るものがオススメです。

■哺乳びん専用の洗剤

哺乳瓶を洗うと時は洗剤を使用して洗います。洗剤も上図のような専用の物がありますので、専用の物を使用して洗いましょう。哺乳瓶専用の洗剤は、野菜も洗えるような食用の成分を使っているので赤ちゃんに優しい為です。

哺乳瓶の消毒

哺乳瓶を洗った後は消毒をしましょう。哺乳瓶の消毒の仕方は下記の3種類のやり方があるので、自分に合ったやり方を選びましょう♪

■電子レンジ消毒

哺乳瓶をケースの中に入れて電子レンジでチンするだけの簡単消毒!上図の商品は除菌後、そのまま保管ケースとして使用出来ます。

■薬液消毒

容器の中に錠剤又は液体の消毒液と水を入れて(規定の量が記載されていますので、説明書をご覧下さい。)その中に哺乳瓶を入れて消毒をします。

■煮沸消毒

  1. 大きめの鍋に水をたっぷり入れて沸騰させます。
  2. 沸騰した鍋の中に哺乳びんを入れて強火で7分間煮沸します。
  3. 7分煮沸したところで乳首とキャップを入れてそのまま強火で3分間煮沸して火を止めて清潔なふきんの上などで自然乾燥させて、完全に乾いたら密閉容器にれて保存します。

下の哺乳瓶専用のトングが販売されてます。鍋から哺乳瓶を取り出す時に便利です。

哺乳瓶の消毒はいつまで?

はっきりとした明確な時期はありません。赤ちゃんにも免疫の個人差などがあります。3ヶ月で消毒をやめるママもいれば半年でやめるママもいます。明確な時期はないのですが、目安として、おしゃぶりを始めるようになり、いろいろなものを口に入れるようになる時期に下痢などがないようであればやめても良いのではないかと思います。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。