赤ちゃんの沐浴方法は?沐浴剤はいるの?準備や洗い方まとめ

出産を終え病院から自宅に戻ると、あらためて家族だけの生活がはじまります。

赤ちゃんのお世話は初めてのこともたくさんあり、両親にとっても毎日がチャレンジの連続になることでしょう。

なかでも、赤ちゃんをお風呂に入れる行為は慣れるまでが大変ですし、とくに不安を感じるという方は多いのではないでしょうか。

産まれて間もない赤ちゃんは湯船で自分の身体を支えることができないので、新生児期は沐浴を行うことになります。

こちらでは、正しい沐浴の方法についてご紹介します。
これからママになる方も、あらためて正しい沐浴方法を知りたいという新米ママもぜひ参考にしてみて下さい。

沐浴とは?


沐浴はあまり見慣れない言葉なので、いまいち正確な意味が分かっていないという方もいるのではないでしょうか。
まずは沐浴の定義と、何ヶ月までの赤ちゃんに必要なものなのかをご説明します。

新生児期に必要な「沐浴」

沐浴は大人と同じ浴槽に入るのではなく、生まれたての赤ちゃん専用のベビーバスに入れてお湯をかけるようにして身体を洗っていく方法です。

赤ちゃんの身体は糞尿や汗、お乳の飲みこぼしなどで思った以上に汚れているもの。
赤ちゃんの肌はデリケートで傷つきやすいため、それらの汚れを毎日しっかりと落としてあげる必要があります。

しかし、新生児の赤ちゃんは細菌に対する抵抗力が弱いため、大人とお湯を共有するのは控えた方がよいのです。
そこで、赤ちゃん用のベビーバスを用意し、清潔なお湯で身体を洗ってあげることを沐浴と呼びます。

沐浴は何か月までが正解?

沐浴は、生後1ヶ月程度まで行うものとされています。

1ヶ月の検診で医師の許可が出て、赤ちゃん自身も大人と一緒に入って嫌がらないようであればそのまま通常の入浴に移行して問題ありません。

もしも赤ちゃんが入浴を嫌がるようであればじばらく様子を見つつ、徐々に湯船に慣れさせてあげるのがよいでしょう。

沐浴は通常の入浴と同様に毎日行いますが、1日1回以上でもかまいません

むしろ汗をかきやすい夏場などは1日に何度か沐浴を行う方が、肌を常に清潔に保つことができますし、赤ちゃんも気持ちよく過ごすことができます。

そのほか、赤ちゃんの身体が汚れてしまったなと感じたら沐浴させてあげるのがよいでしょう。

スポンサーリンク

正しい沐浴の方法

生まれたての赤ちゃんはとてもデリケートなため、沐浴の際にも身体に負担をかけないように注意を払う必要があります。

また、はじめてパパやママになった方にとって、最初は首が座っていない赤ちゃんの身体を洗うのは一苦労です。

直前で焦ってしまわないためにも、正しい沐浴方法についてあらかじめしっかりと学んでおきましょう。

事前に準備しておくもの

はじめての沐浴で慌てないためには、事前の準備がとても大切です。
まずは沐浴の際に必要なものを確認しておきましょう。

石けんまたは沐浴剤

身体を洗う石鹸は、赤ちゃんの肌にも安心して使える成分のものを用意しましょう。
基本は「無添加」です。

石鹸はプッシュだけで簡単に使える泡タイプ・液体タイプや、長持ちしてコスパが良い固形タイプなどの種類がありますので、状況に合わせて選んでください。

スキナベーブ 500mL (医薬部外品)

沐浴専用の「沐浴剤」は泡立ちせず、上がり湯の手間がはぶけるので赤ちゃんの負担を軽減できます。
泡が赤ちゃんの目に入ってしまうことを防げるため、沐浴に慣れていない新米ママでも使いやすいというメリットがあります。

石鹸と沐浴材は、選ぶときに成分をチェックし、使用前に赤ちゃんの足裏でパッチテストをしましょう。

タオル

ブルーム 今治タオル 認定 グルービーボーダー ガーゼ バスタオル 2枚セット 速乾 ガーゼタオル 日本製 (グレー・ブラック)

赤ちゃんの肌にも優しく、清潔なバスタオルを数枚用意しておきましょう。

バスタオルは多めに用意しておくと、赤ちゃんが暴れてお湯が飛び散ってしまった際にも安心です。

赤ちゃんの着替え、おむつ

Skip House(スキップハウス) 【オーガニックコットン】新生児肌着5枚組 くま柄 50cm - 60cm キナリ 綿100% RNB-1
赤ちゃんの着替えは洗った後すぐに着られるように、ボタンや紐などはあらかじめ外しておくとよいでしょう。

また、その際おむつも忘れずに用意しておきます。

衣服やおむつは赤ちゃんに着せる順番に重ねておくと、スムーズに着替えを済ませられます。

ベビーバス

永和 新生児用ベビーバス 498111

沐浴用のベビーバスを用意します。

ベビーバスの選び方は、サイズをしっかりみることが大切です。

赤ちゃんの身体の大きさと、ベビーバスの適用身長を確認しましょう。

ベビーバスにはさまざまな種類があり、なかには赤ちゃんの身体を支えるのにぴったりなふかふかとした素材のものや、収納に便利な折りたたみタイプのものもあります。

ガーゼ

ファブリックプラス 赤ちゃん用ガーゼ沐浴布 コットンガーゼ(80本ガーゼ)日本製 35×70cm 2枚セット 生成り(無漂白) 綿100%

赤ちゃんの皮膚は、大人の三分の一程度の厚みしかありません。

そのためタオルよりも肌への刺激が少ないガーゼは、赤ちゃんの素肌をケアするのに適しているといえるでしょう。

沐浴後、全体の水分はタオルで吸水し、肌をかわかす際はガーゼを使用するようにすると安心です。

洗面器または手桶

リッチェル 手おけEX 「ハユール」 ホワイト

沐浴剤ではなく石鹸を使用する場合は、上がり湯用の洗面器や手桶を用意しておきましょう。

保湿クリーム

ヴェレダ カレンドラベビーフェイシャルクリーム 50ml

沐浴後、赤ちゃんのスキンケアのためのクリームを用意しましょう。

石鹸と沐浴剤はどっちをつかったらいい?

沐浴をするときに、沐浴剤と石鹸のどちらを使うと良いのかは悩みどころです。
そこで沐浴剤、石鹸のそれぞれのメリット・デメリットから、それぞれの特徴をみてみましょう。

  メリット デメリット
沐浴剤
  • 慣れていなくても沐浴しやすい
  • 泡立て、すすぎがいらない
  • 石鹸にくらべて洗浄力が弱い
  • 沐浴剤の成分が肌に残るため、肌トラブルにつながることがある
石鹸
  • 汗や汚れをしっかり洗い流せる
  • 無添加で肌にやさしく、かぶれや湿疹のリスクが低い
  • すすぎに時間がかかる
  • ツルツル滑るので洗いにくい

これらをみると、石鹸は沐浴剤と比べると沐浴に手間がかかりますが、しっかり身体をキレイにでき、肌トラブルのリスクが少ないことがわかります。

そのため、日常的に沐浴するなら石鹸、カンタンに沐浴させたいときは沐浴剤という使い分けをすると良いでしょう。

赤ちゃん用石鹸ならシャボン玉石けんがおすすめ!

赤ちゃん用石鹸を用意するなら、無添加石けんのパイオニアであるシャボン玉石けんの「ベビーシリーズ」がおすすめです。

ベビーシリーズは、保湿力の高いアボカドオイルと合成界面活性剤・香料・着色料・酸化防止剤を使用しない無添加の製法で、赤ちゃんの肌も安心・安全に使えます。

肌へのやさしさは、シャボン玉石けんの開発から40年以上経つ現在も、知らない人はいないほどのブランド力の高さからもうかがえます。

ベビーシリーズのなかでも泡タイプのベビーソープは、赤ちゃんをしっかり抱えながら洗えるため、はじめての沐浴のときにも使用しやすいでしょう。

ほかにもオンラインショップ限定の特別セットでは、沐浴に使うタオル、服、ガーゼなども安心して洗える洗剤など、育児に必ず必要になるグッズも合わせて購入できるので、検討してみてはいかがでしょうか。

≫シャボン玉石けんの公式サイト≪

沐浴の手順


沐浴の手順は次のとおりです。

STEP1.準備

上記の必要なものを用意します。
なるべく手の届く範囲にすべて置いておけば、沐浴の前後に慌てることもありません。

STEP2.お湯を張る

ベビーバスにお湯を張ります。
お湯の温度は38度前後の、ぬるま湯がベストです。

赤ちゃんの肌はデリケートで熱にも弱いので、湯温計を用いてしっかりとお湯の温度を管理しましょう。

沐浴は立ちながら行う方が楽なので、ベビーバスをシンクや洗面台にセットするのもよいでしょう。

また、沐浴剤を使用する場合は、このタイミングでお湯に加えて混ぜておきます。

石鹸を使用する場合は、手桶や洗面器を横に置き、あらかじめ上がり湯を用意しておきましょう。

STEP3.赤ちゃんをお湯に入れる

赤ちゃんを足からお湯に入れます

赤ちゃんがびっくりしてしまわないように、様子を見ながらゆっくりと入れていきましょう。

利き手で身体を洗うために、赤ちゃんの頭はもう片方の手で支えるのがポイントです。

STEP4.洗う

赤ちゃんの身体を洗っています。

石鹸やベビーソープを使用する場合は、石鹸を泡立ててから、次の順番に優しく洗いましょう。

赤ちゃんの身体を洗う順番





お腹

背中

おしり

お股

このとき、赤ちゃんが安心できるように声をかけてあげるようにするとよいでしょう。

お腹の上にガーゼをかけてあげるとご機嫌になる赤ちゃんもいますので、赤ちゃんに合わせたリラックス方法で楽しくスキンシップをとっていきましょう。

また、耳の後ろや首、わきの下など、しわになりやすく汚れが溜まる場所は指の腹をつかって念入りに洗ってあげるのがコツです。

赤ちゃんを片手で支えながら身体を洗うのが難しい場合は、頭部分がクッション素材になっていて、赤ちゃんの頭を支えてくれるベビーバスがおすすめです。

身体を洗うのは全体で5分~10分程度にし、赤ちゃんの身体に負担がかかりすぎないように小まめに状態を気にしてあげます。

STEP5.上がり湯

石鹸やベビーソープを使用する場合は、ベビーバスで全体をさっと洗い流したら、別に用意した上がり湯で石鹸を落としていきます。

沐浴に慣れてきて、赤ちゃんが嫌がらないようであれば弱めのシャワーで洗い流すのがおすすめです。

STEP6.身体をふく

最後に赤ちゃんをベビーバスから上げ、用意したバスタオルの上に赤ちゃんを寝かせて、優しくふいていきます。

このとき、素肌を直接ふくのはガーゼを使用してもよいでしょう。

また、おへそや耳、鼻などは綿棒を用いて優しくケアしてあげましょう。

身体が冷えて風邪をひかないうちに、素早く保湿ケアをして服を着せてあげれば完了です。

正しい沐浴方法で赤ちゃんの肌を健やかに守る!

沐浴の期間はおよそ1ヶ月と短いですが、慣れてしまえば楽しく、親子のスキンシップを取るには最適な時間です。

はじめは気を使い、疲れてしまうかも知れませんが、赤ちゃんと一緒に徐々に慣れていくでしょう。


注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク