不注意から起こる赤ちゃんの転落・転倒の防止

赤ちゃんの転落・転倒の防止

赤ちゃんの転落

転倒や転落の事故は、寝返りをうつ頃からよく起こります。柵を下ろしたままのベビーベッドやソファーに寝かせていると、目を離した隙に初めての寝返りに成功して、転落してしまうというパターンが最も多いようです。目を離す際は、ソファーには寝かさないようにし、ベビーベッドの柵をしっかりと閉めてから寝かせましょう。

また、お座りが出来るようになってきた頃からは、ベビーチェアからの転落事故が増えてきます。1才前後からは階段やベビーカー、自転車(ママチャリ)からの転落事故も増えてきます。赤ちゃん・子どもはバランス感覚がまだまだ未熟な為、転倒・転落の危険が耐えません。ベランダなどに子どもが上れるような足場がある場合は、落下の危険性があるので早めに対策を施しましょう。

まれに、人が抱っこしていて赤ちゃんを落としてしまうという事故もあります。赤ちゃんを抱きなれていない方に赤ちゃんを抱かせる場合は注意しましょう。

転落・転倒事故防止ポイント

転倒・転落を防ぐ為に下記のことに気をつけましょう。

転落

ソファーには赤ちゃんは寝かせないようにする
寝返りが始まる前の赤ちゃんであっても、ソファーに寝かせて置く事は危険です。ソファーやイスに赤ちゃんを寝かせる事はやめましょう。
ベビーベッドの柵はしっかりと閉めて使用する
赤ちゃんが小さいうちは、ベビーベッドの柵を開けっ放しにして使用しているご家庭が多いようです。ですが、ベビーベッドからの転落は、赤ちゃんの転落事故の中でも最も多いと言われています。赤ちゃんがどのタイミングで寝返りやお座りを始めるか分かりません。ついうっかり、柵を閉め忘れてしまったベビーベッドから赤ちゃんが転落してしまうという事が起こらないように、ベビーベッドは日ごろから閉めて使う習慣をつけておく事が大切です。
ベビーカーやベビーチェアのベルトは必ず締めて使用する
ベビーカーやベビーチェアは、赤ちゃんが活発に動くとズレて落下の危険性が出てきます。
ベビーカー・ベビーチェアに座らせる場合は必ずベルトを着用しましょう。
階段や段差に要注意
ハイハイが出来るようになると、赤ちゃんは家中を探検して回ります。その際、階段や段差から転げ落ちる危険性がありますので、階段・段差があるところには柵を設置するようにしましょう。玄関のような小さな段差であっても、子どもにとっては大きな段差です。「このくらいの段差」という風に考えず、何にでも注意しておく事が大切です。
窓をしっかりとしめて、ベランダからの転落を防ぎましょう
上でも少しお話しましたが、ベランダには赤ちゃん(子ども)が上れるような足場は作らないようにしましょう。その足場に上り、下を覗き込んで落下してしまう危険があります。また、赤ちゃんが鍵を開けられるようになると、鍵を開けてベランダへ出てしまう可能性があります。ベランダの窓は二重ロックにして、手の届かない部分の鍵を常に閉めておくようにしましょう。
自転車(ママチャリ)に乗せたまま放置しない
自転車からの赤ちゃんが転落するという事故も、とても多いので気をつけましょう。赤ちゃんを自転車に乗せている時は、自転車から絶対に離れない・目を離さないを徹底しましょう。

転倒

お箸やフォークなど棒状のものをくわえたまま歩かせない
お箸やフォークのような棒状のものをくわえたまま歩いているのを放置していると、赤ちゃん・子どもが転倒してしまった時に大変な事になります。のどを突いてしまう恐れがありますので、くわえさせたまま歩かせないよう注意しましょう。
テーブルや家具の角には安全ガードを。
テーブルや家具の角の部分は、ちょうど赤ちゃんや子ども達の頭の高さにある事が多いです。その為、安全ガードやカバーをしていないと、角に頭や体をぶつけてしまい、怪我をする恐れがあります。子どもが生まれたら、早いうちから家具やテーブルなどの角にカバーをつけるようにしましょう。
小さいうちは室内は裸足で
まだ、バランス感覚がうまくとれない赤ちゃん(子ども)にスリッパなどを履かせてしまうと、スベって転倒してしまい、頭をうってしまうことがあります。バランス感覚を養うためにも、小さいうちは裸足で過ごさせるようにしましょう。冬場に靴下を履かせる場合も、すべりやすくなりますので転倒に気をつけましょう。

転落・転倒した場合の応急処置と対応

転倒転落

子供達の成長はあっという間です。まだ寝返りやお座りが始まっていないからと、対策を先延ばしにしてしまうと、そのまま対策を忘れてしまい「転倒」「転落」を招いてしまうという事があります。ひとつ先を行く対策を行う事が一番大切です。お子様を守るために、しっかりとした対策を行いましょう。

転倒・転落で怪我を防ぐ商品のご紹介

ミッキーマウス コーナーガード

ミッキーマウスの手の形のコーナーがードです。赤ちゃんがぶつかってしまった時の衝撃をやわらげます。

ハート型コーナーガード

ハート型のコーナーガードです。小さいけれど子どもの口には入らないサイズなので安心。

カワイイコーナーガード

クマの形のコーナーガードです。クマ以外にもネコやカエルもあります。

フロアマット

4.5畳用(81枚セット)です。お子様がよく遊ぶところにお使い下さい。

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク