赤ちゃんがやけどをした時の対処法

赤ちゃんのやけど

赤ちゃんの火傷

赤ちゃんの「やけど」のほとんどが家庭内で起こっています。その原因となるのが、アイロン・タバコ・ヒーター・温かい飲み物・やかん・鍋などです。赤ちゃんのやけどは、大人の不注意から起こる事が多いので、やけどの原因となり得るものが近くにある場合は、赤ちゃん(子ども)の手の届かない場所へ移動するか、目をはなさないようにしましょう。

電気毛布やホットカーペット、あんか(行火)などは長時間使用する事で低温やけどを起こす事があります。使用する場合は注意しましょう。

赤ちゃんのやけどを予防する

赤ちゃんのやけどは、大人が気を配る事で未然に防ぐ事ができます。大人はどのような事に気をつけてあげれば良いのでしょうか。

熱いミルクなどをそばに置かない
赤ちゃんの皮膚は薄く、大人なら問題のない熱さでも「やけど」をしてしまう事があります。ミルクを作るためのポット、冷まし中のミルクなど、赤ちゃんの隣に置く事は止めましょう。
ストーブやヒーターの置き場所を考える
上記でも少しお話したように、暖房機器を長時間利用する事で低温やけどを起こしてしまう事もありますし、暖房機器から出てくる温風も場合によっては赤ちゃんに危険を及ぼす事があります。床に立てておくタイプの暖房機器の場合は、赤ちゃんに直接当たらないような場所を選びましょう。また、ハイハイ・つかまり立ちが出来るようになった赤ちゃんの場合、目をはなした隙に暖房機器を直接触れてしまうという事もあります。暖房機器がある場所には立ち入れないよう柵で囲うなど対策を考えましょう。(柵の場合、火事にも注意しましょう。)
テーブルクロスをひいたテーブルに注意する
赤ちゃんがつかまり立ちを始めると、つかまれる物には何にでもつかまり、立つ練習をします。テーブルクロスをひいたテーブルの上に熱いもの(料理・飲み物など)を置いていると、赤ちゃんがテーブルクロスにつかまり、引っ張ってしまう事があります。その際に、テーブルの上にあった物が赤ちゃんにかかってしまう事があるので注意しましょう。つかまり立ちを始めたら、テーブルクロスを外すか、つかめない長さに調節しましょう。
アイロンやポットなどは手の届くところに置かない
アイロン・ポット・炊飯器など、熱い湯気が出たり、それ自体が熱くなるものは手が触れられる場所には置かないようにしましょう。
赤ちゃんを抱いたまま熱いものを持たない
赤ちゃんを抱きながら、熱い飲み物を飲んだり食べたりしないようにしましょう。当たり前のようにも聞こえますが、リビングなどでくつろいでいる時間に、赤ちゃんを膝に座らせて、ついつい食べたり飲んだりしてしまいがちです。間違えてこぼしてしまうと大変な事になってしまうので、熱い物を飲み食いする際は赤ちゃんを移動させてからにしましょう。

もし、赤ちゃんがやけどしてしまったら・・・

赤ちゃんの行動は予測がつかず、どんなに大人が気を配っていても、やけどを起こしてしまう事があります。そのような場合は、どのような処置をしたらよいのでしょうか。

やけどの対処方法

赤ちゃんのやけどの大半が、大人の不注意から起こるといわれています。ハイハイやつかまり立ちをする頃の赤ちゃんは、好奇心が旺盛な時期ですので、コップに手を入れてみたり、風が出ていたりするものに自分から向かっていく傾向があります。近くに熱い飲み物や料理、温風が出る暖房器具がある際は細心の注意を払うようにしましょう。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【葉酸サプリおすすめ決定版】効果・値段で徹底比較

葉酸の含有量や、一緒に摂れる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

子どもの保険に悩むママ必見!「保険のビュッフェ」の無料相談体験レポ!

子どものための保険ってどうしたらいいの?妊娠中に気になる子どものためのお金について実際に相談してみました!