出産直後にやってはいけない骨盤ケア

産後の骨盤ケアについて、インターネットの情報や知人からの情報に頼り、結果、自覚症状の有無に関わらず、自己流で骨盤ケアを行っている方が多く見受けられます。

出産直後の患者さまの中には、骨盤ベルトを直ぐにつけて欲しいと希望される方や産褥ニッパーやガードルを付けないと骨盤が歪んでしまい、痩せにくくなってしまうと思われている方がたくさんいらっしゃいます。

残念ながら、産後の骨盤の歪みやポッコリお腹は、骨盤ベルト、ガードル、産褥ニッパーなどでは改善する事はできません。骨盤が歪む原因は、妊娠中から分泌されているリラキシンホルモンの影響です。ホルモンの影響によって関節や靭帯が緩んでいる為に身体を支えている筋肉が酷使され、全体のバランスを崩す事が歪みの原因です。

このホルモンの影響は、早くても産後1ヶ月までは残っていますので、出産直後にベルトや補正下着でギューギュー締めても効果はありません。また、ベルトを使う事によって筋力の低下をまねいたり、キツく締めすぎてしまうことにより血行不良となり、リンパの流れが悪くなったり、むくみやうっ血、基礎代謝の低下、低体温などをまねき、逆効果、つまり太りやすい状態になってしまう場合もあります。出産直後の一番の骨盤ケアは安静です!

出産直後の過ごし方とトレーニング!

出産直後は、少なくても3週間は安静にして過ごす事が回復をはやくする為に一番大切です。ガードルやニッパー、骨盤ベルトは安易に使わない。退院後も直ぐに動きすぎない。正しい姿勢を心がける。この三つを実践することをお勧めします。正しい姿勢を意識して、筋肉をキチンと使い、正しい座り方、歩き方を身体で覚える事が産後の骨盤ケアの第一歩になります。

産後にオススメの座り方は、「猫背にならないあぐら」です。
整体

あぐらを組んで、猫背にならない様に背骨を真っ直ぐに天井から吊られている様なイメージです。慣れないうちは、身体が後ろに倒れているよな違和感を感じるかも知れません。筋肉を使い、正しく座る事で、自力で骨盤矯正ができる場合もありますので、是非、日々の生活の中に取り入れて続けて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

産後に向かない座り方は、横坐り、ペタンコ座り!

膝や股関節に負担がかかりますし、猫背になりやすく骨盤が歪みやすくなるので避けた方が良いと思います。
整体
横座り
整体
ペタンコ座り

産後に気をつけたい寝方

側臥位(横向き)で寝ると、上側の足が前方に落ちてしまう為に骨盤が歪みやすくなります。しかし、産後にオススメしたい授乳方法は添い乳です。横向きで寝た状態で授乳をすることが、ママの身体にとって最も楽な授乳方法ですから、助産師さんにすすめられることが多いと思います。
横向きでも、骨盤が歪まない様に工夫してみましょう。
右を向く時、左を向く時のバランスを均等に、上側の足が前に落ちて骨盤が歪まないように様に、枕やクッション、抱き枕などに足に乗せるように使用して下さい。

整体
クッションを使った場合
整体
クッションを使わない場合

骨盤が前にねじれる様になってしまいます。この姿勢が長く続くことで股関節痛や腰痛の原因にもなりますので、添い乳で授乳する時、お休みになる時にほんの少し工夫する事でお身体の痛みを予防することもできます。

産後にオススメしたい寝方

出産直後のお腹の中は、どうなっているでしょう?大きくなった子宮が一気に小さくなり、内臓が不安定な状態です。うつ伏せで寝ると 内臓や子宮が有るべきところに落ちつき安定し、痛みも軽くなると言われています。是非、試してみて下さい。

佐藤雅子先生

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー