A型ベビーカーはどれが正解?買うタイミングと選ぶポイント

赤ちゃんが生まれると、必要不可欠なベビーカー。
ベビーカーは「A型」や「B型」に分けられ、それぞれ多くの種類の製品があります。

「どんなベビーカーを買えばいいかわからない」というママも多いでしょう。
今回はA型ベビーカーに焦点をしぼり、選び方のポイントやおすすめの製品などを紹介します。

A型ベビーカーの特徴は?

ベビーカーは大きくわけて、「A型」・「B型」の2種類あります。

A型ベビーカーの特徴やメリット・デメリットを、B型ベビーカーと比較しながら、みていきましょう。

A型ベビーカーってどんなベビーカー?

「A型ベビーカー」の最大の特徴は、シートがリクライニング式となっていて、首の座っていない生後1ヶ月ごろから使用できる点です。

機能性が高く、ほとんどの製品が「対面式」「背面式」に対応しています。

いっぽうでB型ベビーカーは、リクライニングができず、背面式のものが一般的です。

そのためB型ベビーカーは、腰がすわった生後7ヶ月ごろからの赤ちゃんが対象です。

※従来「AB型」と分類されていた製品は、2004年より「A型」に含まれます。

A型ベビーカーのメリットとデメリット

いっけんA型ベビーカーの方が長く使えて高機能のようですが、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

メリット

  • 安定性の高い丈夫な作りになっている
  • 対面式・背面式に対応している製品が多く、赤ちゃんの状況に応じて変更できる
  • リクライニングができるので、生後間もない新生児のころから使用できる
  • 使用期間が長く、A型ベビーカー1台のみでベビーカー期を乗り切れる

このようなメリットが、あげられます。

デメリット

    B型ベビーカーと比較して…

  • 値段が高い
  • ベビーカーが大きく、重くなりがち

といった問題があります。

これらのメリット・デメリットをふまえたうえで、どちらのタイプのベビーカーを購入するのか検討しましょう。

スポンサーリンク

A型ベビーカーの選び方のポイント

ここではA型ベビーカーを選ぶときに、基準となるポイントを紹介します。

軽さは重要なチェックポイント

ときにはベビーカーをたたんで、赤ちゃんを抱えて歩く場面もあるので、ベビーカーの軽さは、選ぶうえで大事なポイントでしょう。

赤ちゃんを連れての外出は荷物も多くなりがちなので、軽いベビーカーはとても助かりますよ。

B型よりも重くなりがちですが、軽いものだと3キロ台の製品もあります。

外国製の製品はデザイン性にも優れ、安定性が高いですが、重いものだと10キロを超える製品もあるので、重量はしっかり確認した方がいいでしょう。

操作のしやすさや利便性

操作のしやすさは、タイヤが大きく関わっています。

大きなタイヤであるほど、でこぼこした道でも安定性を保てるので、押しやすいでしょう。

またオート4輪(4キャス)機能がついていると、小回りが利くので人の多い場所やスーパーなどでも安心です。

普段から車を利用する人は、折りたたんだときのコンパクト具合も重要でしょう。
大きいと収納も場所をとるうえに、「トランクに入らない」なんてことになると、とても不便です。

あらかじめ自分の行動パターンを考えて、使いやすいサイズであることも確認しておくといいですね。

赤ちゃんの安全性が第一!

ベビーカーにとってなにより大切なのは、赤ちゃんの安全性といえるしょう。

最近ではハイシートで、夏場に地面からの照り返しを防ぐタイプの製品が多いようです。

そのほかにも通気性のよい素材を使っていたり、安全ベルトに工夫があるものなど、赤ちゃんへの配慮が多い製品であるほどいいことは間違いありません。

価格

どれだけ性能がよくても、あまりに値段が高いのも考え物です。

人気のベビーカーは3~4万円程度が相場のようですが、高いものだと10万円を超えるものもあります。

ただ高い製品でも、ネットショップで在庫が残っていたり、型落ちモデルだと安く買える可能性もありますよ。

安い買い物ではないので、お財布と相談しながら、納得のいくベビーカーを選んでくださうね。

ベビーカーっていつ買えばいい?

出産準備や、ベビー用品の準備で出産前からなにかと忙しいですが、ベビーカーはいつ買うのが正解なのでしょうか。

さまざまな意見があるので、参考にしてください。

赤ちゃんが生まれる前に購入する派の意見

  • 産後すぐに移動があるなど、具体的な目的がある。
  • 産後は育児で忙しく、買いにいく時間がない。
  • 赤ちゃんがいるとゆっくり選べない。

妊娠中にベビーカーを用意する方からは、このような意見が、みられました。

赤ちゃんが生まれた後で購入する派の意見

  • 早い時期からベビーカーに慣らしておきたい。
  • 実際にはベビーカーを使わないかもしれないから。
  • 赤ちゃんが小さい間は抱っこ紐で事足りそう。
  • 実際に赤ちゃんを乗せてみて決めたい。

産後に購入した方からは、このような意見があり、どちらの意見も納得できるものです。

いつまでに買うべきだという決まりはないので、産後の生活スタイルを考慮しつつ購入時期も検討しましょう。

おすすめのA型ベビーカーは?

ベビーカーは、同じブランドからも数機種、販売されており、種類がかなり多いものです。
そのため「どの商品を買ったらいいのかわからない」、というママも多いでしょう。

そんなママのために、口コミで人気の高いおすすめベビーカーを紹介していきます。

第1位:アップリカ カルーンエアー


Aprica (アップリカ) 軽量ハイシートベビーカー カルーンエアー (karoon air) チェックブラック BK 驚きの軽量3.8kgを実現!  ※3年保証登録対応品 2022250

A型ベビーカーなのに、3.8キロという軽さが魅力です。

電車やバス利用の多いママにも、安心の重さといえます。

軽くても機能はしっかりしていて、でこぼこした道でも赤ちゃんに振動が伝わりにくいのがうれしいポイント。

荷物がたくさんはいり、ベビーカーの開け閉めもワンタッチでできます。

赤ちゃんとママ、どちらにも優しいベビーカーです。

価格 32,000円 (税込 34,560円)
対象年齢 生後1ヶ月~36ヶ月(体重15キロ以下)
重さ 3.8キロ(最軽量)
大きさ W455×D815~985×H1000~1035(mm)
閉じたときの大きさ W455×D305×H962(mm)
カラーバリエーション 2種類

第2位:ピジョン ランフィ エフ

ピジョン Pigeon 両対面式 A形ベビーカー ランフィ Runfee RA7 ライム&ブラック 軽量5.4kg 1ヵ月~36ヶ月対象 「押しやすさ」にこだわったシングルタイヤのベビーカー

大きなタイヤでどんな道も快適に走行できます。

オート4輪切替なので、カーブもスムーズに走行できるのが、人気のようです。

赤ちゃんへの振動だけでなく、暑さやホコリからも守る54センチのハイシートなもの高ポイント。

清潔に保つため、通気性のいい素材を使用し、丸洗いができるのもママにはありがたいですね。

価格 53,000円 (税込 57,240円)
対象年齢 生後1ヶ月~36ヶ月
重さ 5.4キロ
大きさ W510~545×D825~955×H1030(mm)
閉じたときの大きさ W510×D380×H1010(mm)
カラーバリエーション 7種類

第3位:アップリカ オプティア

Aprica (アップリカ) オート4輪ハイシートベビーカー オプティア optia ブルーBL 3年保証登録対応品 92783

紫外線や花粉・ホコリのつきにくいフードで赤ちゃんを外の刺激から守ります。

抱っこひもごと、そのままベビーカーに乗せ換えられる「キャリートラベルシステム」を採用しているので、寝ている赤ちゃんを起こす心配もありません。

価格 64,500円 (税込 69,660円)
対象年齢 生後1ヶ月~36ヶ月(体重15キロ以下)
重さ 6.8キロ
大きさ W515×D905~1035×H1018~1035(mm)
閉じたときの大きさ W515×D480×H1025(mm)
カラーバリエーション 5種類

第4位:コンビ ホワイトレーベル メチャカルハンディ オート4キャス compact エッグショック HG

コンビ ホワイトレーベル メチャカル ハンディ オート4キャス compact エッグショック HG チャコールブラック(BK) 生後1カ月~36カ月頃まで対象

座面から背面までシート全面にエッグショックを内蔵しているので、赤ちゃんも安心してお出かけできます。

折りたたんだベビーカーを片手で持てる軽さと、持ちやすいグリップがついて、持ち運びも苦になりません。

収納かごも大きいので、たくさん買い物しても心配いりませんよ。

価格 58,000 円(税込 62,640円)
対象年齢 生後1ヶ月~36ヶ月(体重15キロ以下)
重さ 4.9キロ
大きさ W487×D770~950×H870~1070(mm)
閉じたときの大きさ W487×D450~480×H860~1,010(mm)
カラーバリエーション 4種類

くわしいスペックはこちらから。

第5位:アップリカ スムーヴ AB

Aprica (アップリカ) 3輪ハイシートベビーカー Smooove(スムーヴ) AB マリンポルカドットNV 【エアタイヤ搭載 + ブレスエアー搭載カンタン取り外しシート】 92727 ※3年保証登録可

プラスチック製のタイヤではだせない、エアタイヤの安定感で抜群の走行性です。

多少の段差は衝撃が伝わらず、赤ちゃんもママもストレスフリー。

めずらしいハンドルブレーキつきで、下り坂も安心です。
デザイン性にも優れており、かわいいアクセサリも販売しているので、可愛くカスタマイズできますよ。

価格 59,000円 (税込 63,720円)
対象年齢 生後1ヶ月~36ヶ月(体重15キロ以下)
重さ 9.0キロ
大きさ W550×D885×H1120(mm)
閉じたときの大きさ W550×D435×H900(mm)
カラーバリエーション 4種類

第6位:アップリカ ラクーナライト

Aprica (アップリカ) ハイシートベビーカー Carry Travel System ラクーナライト ホワイトマリンNV 【CTS対応品】(高剛性フレーム & 大容量20リットル下カゴ付)  ★3年保証登録可★ 92978 ≪迷った時のメーカーおすすめ品≫

軽量だけど高機能!
ハイシートや丸洗いできるインナーシート、熱から守るハイシートなど、欲しい機能はしっかり備わったベビーカーです。

しかも抱っこひもをそのままセットできる「キャリートラベルシステム」に対応しています。

の軽量タイプ。乗せかえスムーズ。安心、快適、スムーズなおでかけを実現。

価格 43,000円 (税込 46,440円)
対象年齢 生後1ヶ月~36ヶ月(体重15キロ以下)
重さ 4.9キロ
大きさ W460×D850~985×H965~1010(mm)
閉じたときの大きさ W460×D335×H980(mm)
カラーバリエーション 4種類

ベビーカーは賢く購入しよう


ベビーカーはけっして安い買い物ではないので、できるだけ安く購入したいものです。

少しでもコストを抑えるためのポイントを紹介します。

モデルチェンジの時期を狙うと◎

ベビーカー業界は、だいたい10月前後が新作発表の時期です。

新作が出る前の8~9月は、型落ちモデルが値下がりするタイミングなんです。

メーカーによって多少は時期がズレますが、この時期なら、お目当てのベビーカーが新品でも、安くで手に入る可能性がありますよ。

中古製品を選ぶのもひとつの方法

最近、急速に普及してきたフリマアプリやオークションなどで、中古製品を格安で購入できます。

しかしどのような使いかたをしてきたか、ぐらつきや故障はないかなど自分の目での確認ができないので、購入前にしっかり出品者に状態を確認する必要があります。

中古製品でも気にならないのであれば、かなりコストをおさえることができますよ。

A型ベビーカーはレンタルという手もアリ

「たった半年ほどの差なのに、高価なA型ベビーカーを買うのもな…」と悩むママには、最初の半年は、A型ベビーカーをレンタルするという方法もあります。

また購入前にお試しで、レンタルするという活用法もあるので、上手に利用しましょう。

自分の生活スタイルに合ったベビーカーを選ぼう!

ベビーカーといっても機能は製品によってさまざまです。

自分のライフスタイルに寄り添うようなベビーカーを選ぶことで、子ども連れのおでかけもぐんと楽になりますよ!

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク