子どものむし歯の進行と治療

子どものむし歯の進行と治療

小さなお子さんがむし歯になってしまったとき、歯医者さんに連れて行ってはみたものの、大泣きしてイスにすわることもできないなんて時、「どうせ乳歯はぬけるのだし、こんな思いをさせてまでむし歯をなおさないといけないのかな?」と思うママも多いかもしれません。

「どうせ抜ける」乳歯のむし歯を治療しないでほうっておくとどうなるのか?
子どものむし歯治療についてのお話しをいくつかお伝えしていきたいと思います。
今回は、むし歯の進行と治療についてのお話しです。

むし歯は風邪のように「様子をみていたらいつか治る」ということはありません。
最初にむし歯を見つけたときに治療しておけば、たった1回の簡単な治療ですむはずだった虫歯も、進んでしまうと治療に必要な回数も時間もどんどん増えて、麻酔が必要になったり、神経を取らなくてはいけなくなったりします。
むし歯が進むと、どんな治療が必要になるのか、むし歯の小さい順からみてみましょう。

CO

C0

むし歯になりかけている状態で、歯の表面が白くなったり茶色くなったりしていますが、まだ歯に穴はあいていません。
【治療】
甘いものを飲んだり食べたりする回数を減らしたりフッ素を利用したりすることで、これ以上進まないようにすることができます。

C1

c1

歯の表面をおおっている「エナメル質」という部分だけに穴があいています。まだ痛みを感じないことがほとんどです。
【治療】
まだ歯をけずったりしないで、定期検診で様子を見ることが多いです。食生活を見直したりフッ素を利用したり、奥歯の溝などのくぼんでいるところには「シーラント」というコーティングをすることで、進行をおさえることができる場合があります。

C2

c2

歯の表面にある「エナメル質」から、その奥にある「象牙質」まで穴があいています。
冷たいものを食べたり飲んだりしたときにしみることもありますが、子どもの場合、痛みを訴えないことも多いです。
【治療】
むし歯の部分を削って、つめものをします。むし歯が大きい場合は麻酔が必要になることもあります。
治療はほとんどの場合、白いつめものをする場合は1回、銀歯にする場合は2回でおわります。

C3

c3

むし歯が歯の神経(歯髄)まで進んでしまった状態です。神経が元気なうちは痛みを感じますが、神経が弱ってしまうと、痛みを感じないこともあります。
夜眠れなかったり、ご飯が食べられなくなるくらい歯が痛くなってしまう場合もありますが、ここまでむし歯がすすんでも、痛みを訴えない子も多いです。神経が弱ってしまうと、根っこの先に膿がたまって歯肉が腫れることがあります。
【治療】
むし歯の部分を削り、神経の入っていた穴がきれいになるまでおそうじをして薬をいれてから、歯につめものをします。
治療は少なくとも2~3回、むし歯の状態によっては、1本の歯の治療に5回以上かかることもあります。最初の治療のときに麻酔が必要になることがほとんどです。

C4

c4

むし歯で歯がほとんどなくなってしまって、根っこだけになってしまった状態です。ここまでくると、普段は痛みを訴えない子が多いですが、感染をおこして歯肉が腫れたり、膿が出てくることがあります。
【治療】
麻酔をして歯を抜きます。

CO、C1くらいのむし歯のうちは、食生活を見なおしたりフッ素を利用したりしながら少し様子をみていても大丈夫なことが多いですが、C2まで進んでしまったむし歯は、それ以上すすむと歯が痛くなってしまったり、治療が大変になってしまうので、なるべく早く治療をしてもらうことをおすすめします。

年齢が小さかったり、治療をいやがって大暴れしてしまうような場合、なかなか近所の歯医者さんでは治療をしてもらえないことがあります。
日本小児歯科学会のホームページから、お近くの小児歯科専門医を探すことができます。小さな子どもや歯医者さんが苦手な子どもの治療に慣れている先生たちですので、参考にしてみてください。
日本小児歯科学会のホームページはこちらhttp://jspd.or.jp/contents/main/doctors_list/index.html

むし歯が大きくなってしまうと、治療が大変になってしまうだけではありません。次に生えてくる永久歯に影響を与えてしまうこともあります。乳歯のむし歯があると、どんなふうに永久歯に影響するのか?また別のコラムでお話ししたいと思います。

今村由紀先生

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。