『いないいないばぁ』の赤ちゃんの効果とは?

ベビーマッサージの実践編で『いないいないばぁ』を取り入れた手遊びハンカチ遊びを紹介しています。
この『いないいないばぁ』は赤ちゃんの脳の発達にとても影響し、「ものを覚える力の土台作りになる」と言われています。今回は『いないいないばぁ』の赤ちゃんの脳への影響について紹介します。

月齢の小さい赤ちゃんから『いないいないばぁ』遊びをしても、もちろんいいのですが、これが脳の発達と結びつくのは大体生後10カ月程度が目安を言われています。
生後10ヶ月頃の赤ちゃんは、「バイバイ」と手をふったり、大人のまねができるようになる時期ですね。
生後10ヶ月頃になると、今まで行ってきた『いないいないばぁ』体験を記憶し、思い出せるようになり、お母さんが『いないいない』で隠れて見えなくなっても、『ばぁ』とまた出てくるだろうという予測を赤ちゃんができるようになります。その予測通りに、お母さんが現れて、笑顔を見せてくれるため、赤ちゃんは嬉しくなり、笑うという反応につながっていきます。

では生後10ヶ月頃の赤ちゃんの脳に、どの様な変化があるのか少し詳しく説明します。
生後10カ月頃、脳の記憶をつかさどる部位『海馬』の活動の始まりによって記憶ができるようになると言われています。
『海馬』とは、体験の記憶を伝達する場所です。
そして『海馬』のとなりについているのが『扁桃体』です。
『扁桃体』は、「好き・嫌い、快不快の感情」を判断する場所で、その感情を『海馬』に伝えます。
『扁桃体』と『海馬』は影響し合って働き、楽しい状態にあるときは『海馬』が活発になり、記憶もどんどん伝達されます。
しかし、楽しくない状態にあると、記憶のみならず、情報の伝達機能の働きも低下してしまいます。

赤ちゃん

『いないいないばぁ』をして、たくさん笑う→『扁桃体』が「楽しい」と感じる→『海馬』が活発に働く→記憶力のアップにつながります。
さらに『いないいないばぁ』で赤ちゃんが笑うと、お母さんも笑い返すので、その相乗効果で赤ちゃんはどんどん楽しくなり、脳の働きが活発になっていきます。

『いないいないばぁ』はものを覚える力の土台作りとなります。
『いないいないばぁ』遊びは、絵本、手遊び、ハンカチ遊びなど色々なバージョンがあるので、赤ちゃんの好きな『いないいないばぁ』遊びをお母さんと一緒に楽しみながら見つけてみてください。

参考文献:AERA with Baby 2015年6月号

奥山麻理先生と石坂晶先生

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【葉酸サプリおすすめ決定版】効果・値段で徹底比較

葉酸の含有量や、一緒に摂れる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

子どもの保険に悩むママ必見!「保険のビュッフェ」の無料相談体験レポ!

子どものための保険ってどうしたらいいの?妊娠中に気になる子どものためのお金について実際に相談してみました!