再-妊活一周期目

昨年の夏、流産を経験して、ますます妊活、妊娠について情報収集をしました。
最初の妊活では基礎体温を計ることだけで、おりものの状態も無知で、排卵期と思われる時期に一回のタイミングでできるものだと思っていた時もありました。
婦人科に通いだしてからは医師まかせである程度の検査はしたものの問題なかったので、それ以上、妊活のためにと自分の体について知ろうとあまりしていませんでした。

まずは基礎中の基礎からの情報収集。

  • 妊活にはまず第一に体を冷やしすぎてはいけないこと。(特に下半身)
  • カフェイン入りの飲み物は、紅茶、緑茶、コーヒーなどホットであっても体を温める効果はなく、むしろ体を冷やしてしまうこと。
  • 生理が遅れているのではなく排卵がずれて、結果生理の周期が乱れていること。
  • 排卵は、必ずしも生理開始からの二週間とは限らない…しかし生理は排卵からおよそ二週間でくること。
  • 排卵前になるとおりものが透明でのびていること。
  • 基礎体温より、必ずしも高温期前日が排卵日とはいいきれない…高温期に入る前後3日くらいの間で排卵がおこっていることが多いこと。
  • そして卵子には約24時間の受精可能時間がないこと。
  • 精子は長くて5日ほどの受精期間しかないこと。
  • 排卵したときには、精子が待機している状態を作っていた方がいいこと。
  • 受精可能期間や、待機しておくことを踏まえると、排卵日の二日ほど前から、1.2日おきのタイミングが理想なこと。

妊娠しやすい生活習慣とは?

2015年 7月上旬に完全流産となってしまい、それからおよそ一ヶ月半ほどしてから一度目の生理がきました。
医師によって流産後の妊活は一度の生理見送り、二、三度見送り後…または半年あけてからと様々なようですが、私が通っていた婦人科では一度の生理を見送ったら妊活再開OKと言われていたので、8月下旬の生理スタートから妊活再開となりました。
再開の一周期目は卵胞チェックにいき、先生も以前の流産のことを気にかけてくれて今回は注射や、投薬をしてみよう!とのことでした。
排卵直前と思われる時には排卵を促す効果のためにHCG5000を投与しました。もちろんタイミングの指示もありました。

妊娠を望むアナタに必要な情報がこのページに集まっています
妊娠中の流産について

その後、三日後に受診した際、排卵後を確認しHCG3000の投与と、着床を助け流産を防止するようにと一日三回服用するよう、デュファストンという飲み薬を投薬されました。

HCGには二つの効果があると言われて
いるようで排卵前には排卵を促すための投与。
排卵後には黄体ホルモンの補充のためとしてそれぞれの目的で投与されました。

そして飲み薬として処方されたデュファストンにも黄体ホルモンと同じ働きをしてくれるというものでした。
HCGとデュファストンは、妊活中の方のブログでもよく目にしていたものだったので、初めてではありましたが、特に不安などはなく受け入れることができました。

流産後は妊娠しやすい。と、ネットや、周りからの情報で少し期待していた上に
注射や服薬での助けもあれば妊娠するのではないかと期待が大きかった一周期目…

高温期後半になると意識してしまう妊娠超初期症状と思われるものもないままD32 高温期17日でのリセットとなってしまいました。

勉強不足だったのですが生理がきた後で、さらに調べてみるとデュファストンには体温をあげる効果はないものの、高温を持続させる効果はあるようで。
服用中は生理がこない方も多いようです。妊娠していない時は、飲み終わりから2.3日後には基礎体温も下がり生理がくるだろうと言われているようです。(服用中に生理がきたと言う方もいらっしゃったので必ずしも同じようになるとは言えません。)
実際私も高温期14日目で飲み終わり、3日後にリセットしました。

妊活を意識しだして、体を冷やさないよう気を付けていたのは、まずはすごく簡単なことからでした。
とにかく氷の入った飲み物をなるべくとらない、大好きな紅茶も減らす。
お腹や腰を触ってみて冷えていたらとにかく温める。
まずはこのくらいからのスタートでしたが、ウォーキングを日課にして運動してみたり…
関係あるかは分かりませんが、不順だった生理周期も30~35と私の中では定まってきていました。

一度は自然妊娠ができたこと。
排卵前のおりものの変化が分かるようになったこと、そして生理周期もなんとなく定まったことで、今回のリセットを機に、婦人科への通院は止めてみようと決めました。

二周期目からは完全自己流妊活になります。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いたママライター

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。