私が妊娠することを意識しだしてから妊活中にしたこと

私が妊娠することを意識しだしてからしたこと…。
妊活中は、妊娠する為にいい!と聞いたことで取り入れやすいことは取り入れるようにはしていましたが、ストレスにならない程度に、本当にゆるく自分が継続できることだけにしてみました。

まずは、基本中の基本。

基礎体温を計り、自分の体のサイクルを知る

低温期、高温期も知らずにサイクルの知識もないうちから、とにかく基礎体温を計る癖をつけることから始めましたが…最初の三ヶ月はなかなか続かず…(笑)
三日坊主がちらほらと…。
どこから体温の変化があったかも分からないほどでした(笑)。
低温期と高温期に分かれて、高温期に入ってからは二週間で生理がくる。と分かってからは、自分の体もその通りでなんだかおもしろくなり(笑)、毎日の基礎体温が楽しみになって計り続ける癖がついてきました(^^)
(とはいえ、やはり妊活をちゃんと意識しだすと、その後高温期には体温が下がったり、上がったりに一喜一憂していくんですけどね…。)

そして妊活のためと言わず自分の体にもいい!と思い次にした事は・・・

適度な運動と温活

バイトを始める前は専業主婦だったので、専業主婦のうちは毎朝30分~1時間のウォーキング。
お風呂上がりに、ストレッチとスクワット。
室内でも靴下を履いて寒くないように。
外出時にはお腹まで隠れる毛糸のパンツ着用。
シャワー生活から湯船にも浸かる生活へ。
なるべく氷入りの飲み物は飲まない。
ホットルイボスティーを一日一杯飲む。
生理終了から排卵期までよもぎ温座パッド。
無理なく続けやすい温活をしていました。

葉酸サプリの摂取

こちらは妊活中の方はご存じの方も多いかと思います。

流産防止との話もみたことがありますが、実際に夏の妊娠時にも飲んでいたのですが、やはり初期流産は避けられるものではないと実感し、流産防止のつもりではなかったですが、妊娠初期のうちには必要な成分だということで、いつ妊娠発覚してもいいように、妊活時から葉酸サプリは飲んでいました。

葉酸サプリは色々なところで販売されています。
産婦人科でもみましたし、婦人科でも処方してもらえるらしく、薬局にもあると言っていました。
もちろんドラッグストアなどにもあります。
そして、葉酸以外にも一緒に摂取できる成分もあったりと…商品によって違うようです。
少し大きめの錠剤で1錠でいいものもありますし、臭いが少しあるものなど… ほんとうにたくさんあるようです。


私の最大の決めては値段!(安い) 小さい錠剤で臭いがないので飲みやすいとの口コミがよかった! 鉄とカルシウムも一緒にとれること! でした。

今は、妊娠初期の葉酸の必要性はかなりメジャーになってきているようですが、それでも私も妊活意識しだして初めて知りましたが、母子手帳などにも記載されていました。

食事でとれるのが一番だとは思いますが、やはり不足しがちだろうし、今まで意識したこともなかったので簡単に、妊娠初期まではサプリで補おうと思いました。

直接口に入れるものなので、ご自身に合った安全なものを選んでほしいと思います。

基礎体温だけでは分からず排卵日予測の為に排卵検査薬!

日本製のものは高いとの情報と、ドラッグストアなどでも店頭に並べているわけではないのでレジで店員さんに伝えないといけないようで…(>_<) 近所のドラッグストアではなかなか買いづらいなー。と思っていたので、海外製のもので安く大量にネット購入できるものを選びました。 私が購入したのはDAVIDというものです。 継続していた温活なども、体質改善に繋がったと信じていますが、今回授かることができたのは排卵検査薬を使ってタイミングを確実にとれた事が良かったと思っています! タイミング時には!タイミングをとった直後は腰の位置を高くして安静にする! ネットや、友人からもよく情報は入っていました。『タイミングをとったら直後にトイレにいったり、お風呂に入ったりせず、30分は腰の位置をあげて安静にしていた方がいい。』そのまま実行していました。 効果のほどはわかりませんが(笑)。

100%パイナップルジュース

以前のブログでも少し触れましたが、パイナップルが、着床を助ける説!!こちらも真意はわかりません(笑)医学的根拠はない。ともみたような・・・。

しかし、妊活サイトでパイナップルの成分は内膜をふかふかに柔らかくしてくれる…とも見ていて。
正体不明のお薬や、怪しいものを試すわけではないし。嫌なものを無理矢理口にするわけでもないので、おやつ代わりに・・・と取り入れました。
パイナップルは好きではないので、100%ジュースで代用しました。(笑)

子宮をあたためすぎない

精子は温めすぎると動きが弱くなる。温めすぎるのはよくない。と聞いたことがあったので、よもぎ温座パッドもタイミング後は中止していたし、寒くてもお腹付近にカイロを貼るなどはしませんでした。それでも冷やすのはおすすめできないので、腹巻き付き毛糸のパンツのみで乗り切りました。お腹が冷えることなく、無駄に温める必要もなく、過ごせました。

柔軟や、スクワットで腹部に力を余計に入れすぎない!

着床時期に下腹部に力をいれないほうがいい。と聞いたことがあったので、念のためお風呂上がりにしていた柔軟やスクワットも、高温期5日目くらいからは中止しました。 スクワットなど下半身の血流をよくするのは妊活にもいい。と見たことがあったので、着床するであろう直前までは行っていました。

以上☆☆
私が妊活中、意識して行っていたことです。

最後に妊娠発覚後に妊活に納豆もいいとみました。

  • 血流をよくするので冷え性改善になる。
  • 良質なタンパク質の摂取は元気のいい精子や卵子を育てる。
  • 大豆イソフラボンがホルモンバランスを整えてくれる。

という効果があるようです。
偶然にも、昨年の冬から、毎晩主人の納豆を半分もらって食べるようにしていました。
約三ヶ月だったのですが、何かしらの効果があったかな?(^^)と今は思っています。主人も同じく毎晩納豆を食べていたので元気な精子が育ったのかな?と思ったり。

よく、妊活にストレスはよくない。と言われますが、妊活を意識すると妊娠に敏感になってしまいます。(>_<)
私は、妊娠のことを忘れて過ごすことなど無理でした。
基礎体温を計らないようにしても高温期のどのくらいかはなんとなく計算してしまうし、下腹部が痛むと期待もしました。
生理がくると排卵までを気にしていたし…タイミングをとるということは妊娠を意識した生活でした。
ただそんな中でも妊活のために!と必死になりすぎたり、我慢したりはせずに生活しようと思っていました。
温活などもいろんな情報の中から、取り入れやすいものばかりでしたし、妊娠検査薬の陽性反応をみるまではアルコールもとっていました。
主人と旅行にいったり、ライブにいったり、バイクで遠出したり、二人で飲みに行ったり…妊娠したらできなくなるかもしれないと思うことを存分に楽しみながら過ごした妊活期間でした。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いたママライター

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。