私の妊娠超初期症状

妊活中の人では誰もが気になる妊娠超初期症状。

妊娠検査薬は、通常は生理予定日から一週間後。妊娠週期でいうと5wで行うものとされています。しかし、妊娠を経験した方の中には、着床時期と思われる頃から、5wまでの間に、何かしらの症状があった!と言われることが多いようです。

個人差はあるし、気にしていなければ気づかないような症状も中には多いようで。
私も妊活を意識しだして、ネットでいろいろと調べているうちに『妊娠超初期症状』という言葉を知りました。

妊娠超初期症状と言われる代表的なものは以下。

  • 着床時期の軽い出血。(着床出血)
  • 胸の張り、痛み
  • 食欲不振、または増進
  • 便秘、または下痢
  • おりものの変化
  • 風邪のような症状(だるさ、頭痛、微熱)
  • 高温期中の基礎体温の二段あがり
  • 下腹部のちくちくした痛み
  • 足のつけ根のちくちくした痛み

など・・・です。しかし、これらも必ずしも妊娠したから出た。とも言い切れず(T_T)確定しにくいものでもあります。

風邪のような症状だったり、生理前の状態とも似ていたり・・・ということで、期待したり、落ち込んだりと妊娠超初期症状としてあげられているものと自分の症状を比べては一喜一憂する妊活中の方は少なくないと思います。私も数ヵ月…高温期も後半になるとそのような生活でした。

今回の妊娠は、実際には症状が出て異変に気づく前にフライング検査で陽性反応をみていたので、妊娠超初期症状で一喜一憂する…ということはなかった上に、それこそ『妊娠超初期症状』なのか?妊娠とは関係なく出たちょっとした症状に敏感になりすぎていたのかは謎ですが…。
一応、私の高温期後半からの症状を書き出してみます。

高温期7日目 のびおりに気づく。
高温期8日目 くしゃみした時に、下腹部~足のつけ根にかけてつるような、ひっぱられたような感覚になる。
高温期9日目 《妊娠検査薬 陽性☆》
高温期10日目 おりものが増える。
高温期12日目 生理前のような腰の重い違和感と、生理が始まったんじゃないか?!と思うような、出血した感覚があり、トイレにいくと、おりものが出ている。ということが何度も。

腰の違和感と、出血!?と思い実際はおりものだったと言うことは生理予定の2.3日後(4w3d)くらいまで続いて毎回ひやひやしていました。

腰の重い感じや、腰痛は妊娠2ヶ月くらいまで続きました。
産婦人科の先生に腰痛について尋ねましたが、まだお腹が大きいわけではないので腰痛には早いから神経質にならないように。と言われましたが、妊娠経験の友人やネットなどでは、初期に腰痛を感じていた方は多いようです。
子宮に血液を集めようとするので腰に違和感を感じやすいとも書かれていました。
しかし多くの方が言っていたように3ヶ月頃には全く気になることはなかったので、初期の腰痛は早いうちにおさまることが多いようです。

夏の妊娠では高温期後半で、胸の張りを感じていましたが、今回は生理予定以降から(5w目前頃)胸の張りと痛みを感じ始めました。
また、前回は高温期10日頃から体調不良ではないのに食欲不振があり気になっていましたが、今回は5w以降のつわりが出るまで、食欲は全く変わりませんでした。

つわりの有無もそうですが、妊娠超初期症状も、同じ人でも毎回の妊娠によって症状は変わるんだなー。と思いました。
少なくとも私は以前の妊娠の時の症状は全くあてにならず。同じことはありませんでした。

以上が今回の妊娠超初期症状で私が感じたことです☆☆

気に入ったらシェア

 

この記事を書いたママライター

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。