2歳の子どもを連れて長距離フライト

魔の2歳児との長距離フライト!どう乗り切る!?

魔の2歳児との長距離フライト

子どもも2歳を超えたし、そろそろ海外旅行にも出かけてみたいと思う方もいるかと思います。しかし、2歳と言えば、魔の2歳児とも呼ばれ、すごく手のかかる時期です。そんなイヤイヤ期真っ最中の子どもを連れて、長距離飛行機なんて乗れるのかしらと不安に思う方も多いでしょう。筆者は2歳児を連れて、パリー大阪間を往復しました。この経験をふまえて、2歳の子どもを連れて長距離フライトに乗る時に気をつけたいことをお教えしちゃいます。赤ちゃんを連れての長距離フライトに関してはこちらイヤイヤ期についてはこちら

機内持ち込み荷物

2歳児の子どもを連れての手荷物はどんなものが必要でしょうか。オムツがとれていなければ、オムツを10枚ほどと、お着替えを3枚程度持っておくといいでしょう。

2歳児だと機内食も食べれるとは思いますが、念のためにおにぎりなどの軽食。離陸着陸時の耳抜きのためにおやつやジュースがあるといいと思います。ただ2歳児になるとジュースもすぐに飲み終えてしまうので、噛むのに多少時間のかかるおやつの方がいいかと思います。筆者はクッキーや干しぶどう、いちじくを持っていきました。また離陸着陸の時はベルトをして大人しく座らせなければなりません。おやつを食べている間は大人しく座っていてくれたので、すごく役立ちました。

新しいおもちゃを準備しておこう

そして大事なのがおもちゃ。長いフライト時間を乗り切るのは、いかに子どもがおもちゃで長く遊んでくれるかというのが大事なことです。新しいおもちゃは子どもを惹き付けます。何個か新しいおもちゃを買って、当日飛行機の中まで見せないようにしましょう。今回の長距離フライトで役立ったのは本、シール帳、電車やミニカーなどの小さめのおもちゃでした。

機内で長く寝てもらう方法とは?

子どもが長く寝てくれるということで、親も子どもも1番楽に機内で過ごすことができます。赤ちゃん時代とは違い、2歳児になるとフライトの間ずっと寝てくれるということはありません。それでもなるべく長く機内で寝させるために、勧められた方法は二点です。

疲れさせて寝不足の状態にする

飛行機に乗る前日にとにかく外でいっぱい遊ばせて、疲れさせる。そして夜あまり寝かせない。筆者は時間の都合もあり、この方法は取りませんでしたが、実践したママ友によると、よく飛行機の中で寝てくれたとのことです。

空港内を探検して疲れてもらう

2点目は飛行機に乗る前、とにかく早めに空港について、疲れるほど歩かせる。飛行機に乗る時には疲れて寝てくれるのだそうです。それでも子どもによっては環境の変化もあってなかなか寝てくれないということもあります。夜便を選んで乗ると、子どもの睡眠のリズムから機内で寝てくれる時間が長くなる可能性は高いのではないかと思います。

飛行機の中で軽くお散歩をしてみる

新しいおもちゃにも飽きた、全然寝てくれないという時は、飛行機内を少し歩くといいでしょう。2歳児の子どもはとにかく活発に動きたがるので、やはり身体を少し動かすことで子どものストレスも発散されると思います。ただ、飛行機内はシートの手すり部分などぶつかると危ないものもあって、怪我する子どもも多いそうなので、十分に気をつけて歩かせるようにしてくださいね。もちろん、他のお客様がいらっしゃるので、走ったり他の方に迷惑をかけないよう、一緒について歩きましょう。

ベビーカーは機内持ち込みにする?

2歳児だともうベビーカーは機内持ち込みにしなくても大丈夫なのではないかと思われる方もいると思います。航空会社によってはベビーカーの貸し出しもおこなってるのでその場合はお預け荷物にしてしまった方が楽だと思います。

筆者の経験上、日本に帰国する便は入国審査もスムーズにいくので飛行機を降りてから、ベビーカーなしでも問題はありませんでした。しかし、海外の入国審査は時には1時間以上かかることもあります。筆者はフランスに帰ってくる時の入国審査で1時間ほど列に並ばされました。ちょうど時差の関係もあって子どもは眠たい時間。機内持ち込みでベビーカーを持っていってたので、その間子どもはベビーカーの中で寝てくれました。ベビーカーのなかった親は列に並びながら、子どもをずっと抱っこして大変そうでした。訪れる国の入国審査の事情次第ではベビーカーの機内持ち込みをした方がいいと思います。

魔の2歳児を連れての長距離フライトを乗り切るのに1番大切なことは、2歳の子どもにとって長距離フライト(長距離移動)は大変なんだということをしっかり頭で理解をし、子どもがぐずったりしても穏やかな気持ちでいることだと思います。親のストレスは子どもにも伝わります。あと、パパとママの体調も万全で飛行機に乗り込みましょう。2歳児を連れての10時間以上のフライトは体力勝負でもあります。家族で楽しい旅行にするためにも、万全の体制をとってお出かけしてくださいね♪

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク