妊娠6ヶ月 妊娠22週~妊婦健診、転院が早まる

妊婦健診へ行ってきました。

  • 浮腫:-
  • 尿検査:糖・蛋白共に-
  • 血圧:正常値内
  • 体重:妊娠前体重とほぼ同じになりました♪
  • エコー検査:異常なし
  • ここから、赤ちゃんの推定体重がわかるようになります。
    推定体重:447g

浮腫(むくみ・ふしゅ)とは
尿タンパクとは
妊娠中の血圧正常値とは
体重に関しては、ここで、やっと元の体重に戻りました。
前回と比べると、戻る時期が遅いですが、今度の事を考えるといい感じかもしれません♪

そして、赤ちゃんが逆子でいることがわかりました。
どうりで、子宮の下の方をガシガシと蹴っていたはずです。
帝王切開した傷に悪影響を及ぼさないか心配していたので、大丈夫かと確認で聞いてみたら、一応、子宮の傷に影響を及ぼすことはないそうです。
激しい蹴りなので、本当に大丈夫なのか疑問に思いますが……。

逆子体操を学ぼう!逆子の胎動の感じ方やトラブルについて
整体で逆子は治るの?

赤ちゃんの写真ですが、今回は、男の子のシンボルがはっきりとわかるように写してくれました。
右側に、くっきりはっきりと写っているの、わかるでしょうか?
22w1dです☆

妊娠22週エコー写真

どう見ても、性別が女の子に覆ることはなさそうです(笑)
わかっていても、やっぱり、ちょっと残念☆

4Dエコーでは、前回がすごく可愛かったので、今回はさらに可愛くなっているのではないかと、わくわくして診察台にあがったのですが、映し出されたのが、これです。

妊娠22週4Dエコー写真
前回の可愛さは、どこへ~~?!!!!!
前回のギャップの激しさに、泣きたくなりました。
できることなら、もっと可愛く撮ってほしかった……。
でも、成長ははっきりと見て取れます。
顔の前にあるのは、手であるらしく、成長途中なのか、指が短いです☆

健診が終わると、医者から、少し早い転院を告げられました。
理由は、病院側で話し合った結果。
次の妊婦健診が2週間おきの期間に入ることから、そのタイミングに合わせたいようでした。
今のところ、私にも赤ちゃんにも問題はないので、おそらく、総合病院が、前回の出産の件から、早く移ってほしいのだなと、勝手に納得。
次の妊婦健診は、出産予定の総合病院になります。
個人病院とは、ここでお別れです。
総合病院に4Dエコーはないでしょうから、赤ちゃんの姿を鮮明に見られるのも、これで最後。
次に、赤ちゃんの顔を見られるのは、産まれてからだと思うと寂しいです。
最後なら最後で、4Dエコー写真。やっぱり可愛く撮ってほしかったです(笑)

今週の症状や変化

  • 季節が夏になろうとしているせいか、暑くなってきて、夜になると足がむくむことが多くなる。
  • 普通のブラジャーがきつくなったので、マタニティブラを使用。

普通のブラジャーをつけると、胸の圧迫感や不快感がでるようになりました。
マタニティブラに替えると、不快症状がなくなるので、出産するまで、ずっとマタニティブラで過ごします。
妊娠中につけるマタニティブラのサイズは、少し大きめのカップ。
妊娠中でも胸は大きくなるので、買い直ししない対策です☆
ただ、産後の事も考えてマタニティブラをたくさん買うのは、ちょっと危険かな?と思います。
出産すると、人によっては、カップが2つも3つも上がる人がいるらしいので、下手に山ほど買っておくと、サイズが合わなくなって買い直しする羽目になります。
前回の妊娠時では、どれくらい自分の胸が大きくなるかわからないので、産後用は、実際の胸を見て買おうと思っていました。
ですので、今、持っているマタニティブラは、3枚です。
出産したら、すぐに母乳が出る人もいるらしいですが、私の場合、前回の出産経験から、出産した直後から胸が大きくなるということはありませんでしたし、母乳が出ることもありませんでした。
どれくらい胸が大きくなるかは、未知数です。

注目記事

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いたママライター

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー