妊娠7ヶ月 妊娠24週~転院先で初めての妊婦健診

妊娠7ヶ月に入りました。出産まで、あと3ヶ月!

個人病院から転院した、NICUのある総合病院で初妊婦健診をしてきました。
流れとしては、尿検査→体重→血圧→受診→助産師との相談。

始めに、尿検査と体重、血圧は、受診前に終わらせて、呼び出されるまで待合室で待ちます。
待ち時間は、総合病院だから長いと思っていたのですが、早い時間だったこともあってか、15分ほどで呼ばれました。
これは、ちょっと嬉しい誤算☆
診察室に入ってベッドに横たわると、腹囲と子宮底長をメジャーで測られました。
個人病院では一度も行われたことがなかったので、細かいな~という印象でしたが、ちょっと新鮮♪

その後は、経腹エコー。
お腹を見る機械は個人病院とは比べ物にならないしっかりとしたもの。
さすが、総合病院です。
しかも、その機械では、数秒ですが、赤ちゃんの心音チェックができるのです!
これには、びっくり!
実際にその場で心音を聞くことが出来るので、しっかりと脈打っている心臓の音が聞けました。
個人病院とは明らかに違う。すごい!!

しかし、思った通り4Dエコーはありませんでしたので、エコーは2Dエコーのみでした。
こんな感じで映し出されたのですが……
24w4dです。

妊娠24週のエコー写真
こ……怖い(涙)
顔半分が映し出されていますが、お世辞にも可愛いとは言えません(汗)
2Dエコーは、見慣れないので修業が必要だと実感しました。がんばる。

続いては、経膣エコー検査。
受診が初めてなので診るという形なのですが、この時、胎盤が低いかな?との呟きをされました。
手術部位にかかっているかもしれないと言われて、心臓がバクバク。
しかし、問題はない位置と言われたので、ドッと疲れるように安堵しました。よかった……

エコー診察が終わったら、医者との対話になります。
個人病院では、医者から現状を伝えられて終わりでしたので、ここでもあっさり終わるのかと思ったのですが、
実際には、医者の方から妊娠中やこれからのことについての不安はないかなど、いろいろ聞いてきてくれました。
あまりにも、話しやすい雰囲気でしたので、私がどんな考えをして、どう思っているかなどを、包み隠さず話しました。
一度、帝王切開した身なのに、本当は、助産院で産みたかったなど、とんでもないこともずらずらと……(笑)

すると、帝王切開するにしても赤ちゃんをお腹の中に少しでもいさせたいという私の言葉を聞いて、医者は、すぐに手術日を決めてくれました。
予定帝王切開は、手術する曜日が決まっているので、ギリギリまで待てる日に即予約。
ありがたかった!!もう、感謝です!!
私の希望をできるだけ取り入れてくれるということが、本当に嬉しかった。

帝王切開で出産した、その後の出産は普通分娩が可能なの?
分娩方法を決めておこう
そして、私からの話が終わると、最後は医者から改めて話がありました。
まず、必要な個人情報等に関する書類への署名です。
総合病院らしいといいますか、おかたい……いえ、きちんとされています。
これは、次の受診時に持って来ればいいとのことで書類を受け取りました。
続いて話されたのは、胎児スクリーニングと胎児心臓エコー検査の受診についてでした。
強制ではありませんが、行ったらどうかと。

胎児ドック(胎児超音波スクリーニング検査)の検査内容や費用について
何しろ、前回の出産が残念な結果。しかも、原因不明。
病院側としては、しっかり検査した方がいいというのです。
でも、今さら、赤ちゃんに何かがあると分かって、どうなるというのでしょうかというのが、本音。
出産するまでの残りの時間を、泣いて悲しめというのでしょうか。
前回の出産で、嫌というほど苦痛を味わったので、出来ることなら知りたくありません。
医者にそのまま気持ちを伝えると、赤ちゃんのためだと言われましたが、納得できないので、一応、形だけの予約をいれました。

受診が終わると、一度、待合室に戻され、再び助産師に呼ばれるまで待ちます。
呼ばれたら、別室で助産師との対話です。
ここでは、医者に聞くまでもなかったことや、ちょっと心配していることなどを話すことができます。
私の場合は、総合病院で初めての受診ということもあり、通院する妊婦に渡される書類などを渡されました。
通院する妊婦に渡される書類
中身は、病院での予約方法、母親学級スケジュール、病院のお手製小冊子などなど。
個人病院では、病院のパンフレットなどでしたので、もらえる物は病院ごとに違うようです。なんか面白い♪
個人的は、妊娠中のことや妊婦の体のことなどが書かれた小冊子の内容がわかりやすくて気に入りました(笑)
あとは、家族構成や産後予定など、色々話して終了。
とても、話しやすい雰囲気だったので、総合病院は冷たいとイメージがぬぐえました。
病院によって違うといいますが、本当でした!!

ちなみに、妊婦健診の結果は下記のとおりです。

  • 子宮底長:22cm
  • 腹囲:94cm
  • 浮腫:-
  • 尿検査:糖・蛋白共に-
  • 血圧:正常値内
  • 体重:妊娠前体重から、0.4kg増
  • エコー検査:異常なし
  • 赤ちゃんの推定体重:792g
  • まだ、逆子

今週の症状や変化

  • 胎動が激しくなる
  • お腹を触ると冷たい

胎動が激しいのは、赤ちゃんが元気な証拠と思っていましたが、お腹が冷えていると寒いから、自分を温めるために動いている説を聞いて反省しました。
何しろ、思い当たることありまくりです。
季節が夏になったこともあって暑い日中。
少しでも暑さを感じたくなくて、今まで履いていたレッグウォーマーを履かず、靴下も履かず、常に生足状態。
しかも、扇風機を常に体に当て続けていれば、嫌でも体が冷えます。
極めつけに、お腹を触れば、ひんやりと冷たい……
赤ちゃんは、温かい生き物なのに、なんてことーーーー!!!!!!!(汗)
すぐに腹帯を取り出してつけましたが、お腹が大きくなっていたためか、すぐに苦しくなって断念。
ならばと、赤ちゃんのためにレッグウォーマーと靴下を履き始めました。

レッグウォーマー
生足でも、足首を冷やさないことが大事!
暑いからと嫌がっている場合じゃない!!
足首付近には、子宮のツボがあるらしいので、ここを温めると子宮がポカポカになるらしいのです。
しかも、逆子対策にも有効。
わかっていても、さぼっていた自分を反省して、冷えと逆子対策、両方がんばります!!

妊娠中の体の冷えに注意!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いたママライター

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

【妊娠線予防クリームおすすめ15選】効果トップ3はどれ?選び方のポイントは?

妊娠線予防の基本は、「保湿クリームやオイルでのマッサージ」。 たくさんのボディクリームやマッサージオイルが売られていますが、一番妊娠線予防によい商品は? 効果で選んだベスト3をご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー