アメリカの小学校のランチは適当?!ランチャブルズが大人気!!

アメリカの小学校のランチは適当?!ランチャブルズが大人気!!

アメリカの小学校のランチは適当?!ランチャブルズが大人気!!

学校生活で子どもたちの楽しみといえば、クラスのお友達と一緒に遊んだりすること以外では、お昼に食べるお弁当や給食を食べるのも楽しみの一つではないでしょうか?日本の小学校ではお弁当の学校もありますが、バランスのとれた献立の給食というところも多いかと思います。

ところが、アメリカの小学校となると、給食を出している学校は珍しく・・・ほとんどはお弁当を各自持参します。日本のお弁当というと、ご飯、おかず、野菜、果物、など色彩鮮やかで見た目も美味しそう。作っているママやパパも、なんと言っても栄養のバランスを考えて、お弁当を持たせていると思います。近頃は、懲りにこったキャラクターを真似た「キャラ弁」なんかも普通に作っている方も多いですよね。ですが、アメリカはあまり子どものお弁当に手間をかける習慣はありません。

アメリカでは、まずお米をランチに食べるという感覚はなく、アメリカ人にしてみると「お昼からお米を食べるの??お米ってステーキやらメインの端っこにたまにあるピラフのようなものでしょう??」という感覚。

そんな、アメリカ人の子どもたちはお昼に何を持ってきているかというと・・・一番はサンドイッチを持参している子が多いです。日本のような、豪華な野菜入りサンドとはまた違って、パン(ミミ付き)にチーズとハムを挟んだだけのものをよく目にします。野菜は中に入れず、皮を剥いたニンジンやきゅうりをそのまま持ってきてサンドイッチと一緒に食べています。

また、パン(もちろんミミ付き)にピーナッツバター&ブドウゼリージャムの組み合わせも人気です。ただし、ピーナッツアレルギーがある児童が多いため、学校によっては一切のピーナツ製品を禁止している学校も珍しくありません。

アメリカのお弁当で一番驚いたのは、「ランチャブルズ」という箱入りのお弁当です。恐らく、「お弁当(Lunch)」+「可能である(Able)」を文字っているこの商品、その名の通り、本当にお弁当には人気のようなのです。

ランチャブルズ(外部サイト)

この商品は、普通のスーパーのハムやチーズ売り場にいくと、カラフルな箱たちが一緒に並んで置いてあります。種類も豊富でチキンナゲット、ピザ、ナチョス、ホットドックなど、どれも子ども達に人気のメニューがラインナップされています。初めて目にしたときは、お弁当という感覚はなく、お菓子やスナックなんだろうなと思い・・・全く視界には入ってきませんでした。

こちらのランチャブルズですが、冷たいまま持たせて、ランチタイムには常温になったものを食べるそうです。ピザやホットドックなどは、パンと中身が個別で入っているので、自分で挟んで食べます。子どもにとっては、自分で作って食べるというのも特別でなんだかワクワクする感じもうかがえます。

メインの他には、クッキーやポテトチップス、チョコバーのいずれかが入っており、おまけにパックのジュースまで入っているので、ちょっとしたデザート付ランチボックスになっているのも魅力の一つかもしれません。値段も1箱あたり3~4ドル(300~400円程度)なので、手軽に買えるのも人気の一つだと思います。栄養バランス的に考えると、育ち盛りの子どものランチには少し抵抗があるのですが・・・やはり手軽さが人気の理由なのだと思います。

日本では忙しいときのお弁当の助っ人には、冷凍食品が大活躍しますよね。
アメリカには、そのような冷凍食品は少ないので、このランチャブルズを「いざ!」という時用にまとめ買いしている人も多くいるんですよ。最初は抵抗を感じていたこのランチャブルですが、頻繁に目にするようになると、一度買って試させてみたい気もしますが、まだ手にとって買う勇気がありません。子どもが日本式のお弁当を嫌がるまでは手作りお弁当を続けてみようと思いました。このランチャブルズという商品が流行るのも、きっと食文化の違いも大きく関係しているのでしょうね。

気に入ったらシェア

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?