断乳と卒乳その1~基礎知識~

断乳と卒乳その1~基礎知識~

母乳をいつまで飲ませていいのか、「正直なところ、よくわからない」ママが多いと思います。母親や姑、またはご親せきや近所の方から「そろそろやめたら?」と言われるのは1歳ごろの方が多いかもしれません。

まず、「断乳」と「卒乳」そして「乳離れ」の違いについて説明します。「断乳」とは、ママの意思でおっぱいを断つこと。「卒乳」は、赤ちゃん自身が自然におっぱいから離れていくこと。そして「乳離れ」とは、離乳の始まりを意味します。おっぱいから完全に切り離した状態をさすのではなく、おっぱい以外にも関心を持ち始める離乳食スタートのころをさします。

世界保健機構(WHO)は断乳について、 「生後6カ月までは母乳だけで児を育て、補完食(離乳食)を始めたのちも2歳かそれ以上まで母乳育児を続けることを勧める」としており、またアメリカ小児科学会は「少なくとも12か月、それ以後は母と子が望む限り長く授乳を続けることが勧められる」と主張しています。「1歳前後でおっぱいをやめた方がよい」とはどこにも記されていません。 母子健康手帳にも「断乳」という言葉は使われておらず、「離乳の完了」という言葉が用いられています。

「断乳」と「卒乳」のどちらが「正しい」ということではありません。まわりと同じにしなくてはいけないこともなく、わが子に合わせてママが決めていいのです。こどもの性格、生活習慣、ママの病気、ママの復職、地域性、季節…ケースバイケースで理想的な断乳・卒乳は変わってきます。

戦前は卒乳が当たり前で、卒乳や断乳という言葉の使い分けすらありませんでした。日本で初めて「断乳」という言葉が使われたのは昭和61年で、まだ最近のことです。(昭和30年代後半ごろから「1歳でやめた方がよい」という情報が広まったと考えられています)。

次回のコラムで、理想的なおっぱいのやめ方について考えてみたいと思います。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?