【妊娠中の正しいセックス】出血や腹痛はある?体位やコンドームは?

妊娠中にセックスしても大丈夫なの?
気をつけることはあるの?
出血したりしないの?
そんな風に不安を抱えていても、なかなか他人には聞きにくいものです。

そこで、今回は、妊娠中の正しいセックスについて、体位や、注意点、出血や腹痛について、控えるべき時期などをまとめてみました。

妊娠中にセックスしても大丈夫?


妊娠中の性行為に不安や抵抗感を感じて、戸惑うママは多いのではないでしょうか?

パパにしても、ママの身体を気づかうあまり、セックスに集中できなかったり、もし性交が原因で流産や早産になったらという不安から、性行為をためらうことが多々あるようです。
なかには、妊娠中1回も夫婦生活なしで過ごしたというカップルもいます。

しかし、ママの体調がよく、経過が順調であれば、セックスすることに問題はありません。
お腹の中の胎児は、子宮の中で羊水に守られていて、普通のセックスで、赤ちゃんを傷付ける可能性はほとんどないからです。

とはいえ、妊娠中の女性の身体は、妊娠していない時とは違い、デリケートで不安定になっていることは確かです。

夫婦のコミュニケーションとして大切なセックスですが、妊娠中は、ママの心と身体を気づかった配慮が求められるもの。
では、妊娠中のセックスは、どうあるべきでしょうか?

妊娠中の正しいセックスのための3つのルール


妊娠中の女性は、心身ともにとてもデリケートで、免疫も低下している状態です。

そのため、妊娠中のセックスは、何よりもママと赤ちゃんの安全が第一。
以下のことを十分に配慮して、セックスを楽しんでください。

ルールその1 清潔に

妊娠中の女性は細菌に対する抵抗力が落ちています。

性行為の前は、ママもパパも、シャワーを浴びて身体を清潔にしてください。
妊娠中のセックスで、もっとも気をつけるべきは、感染症です。

抵抗力が落ちていると、ちょっとしたことから、膣炎などをおこしやすいのです。
膣からの雑菌の侵入を、最低限に防ぐためにも、コンドームは必ず使いましょう。
性器に器具や指を挿入するのも、あまりおすすめできません。

妊娠中の感染症は、お腹の中の赤ちゃんにも悪い影響を及ぼします。
感染症を防ぐ意味ためにも、清潔なセックスを心がけましょう。

ルールその2 ソフトに

妊娠中の女性は、激しい運動はNGです。
セックスも同様で、妊娠中のセックスは、ソフトに優しくが基本です。

お腹への圧迫や激しいピストン運動は控えましょう。
子宮口を刺激するような深い挿入もおすすめできません。

妊娠をしていると、膣壁は充血して柔らかい状態になっています。
普段以上に傷つきやすくなっているので、優しく扱う必要があります。

また、長時間のセックスもおすすめできません。
妊娠中の女性にとって、お腹を冷やすことは厳禁だからです。

妊娠中は、浅く短い挿入で、母体に負担のかからない、ソフトセックスを心がけましょう。

ルールその3 無理せずに

妊婦さんの情緒はどうしても不安定になりがちです。

気分がすぐれない日や、セックスに気乗りしない日もあるでしょう。
また、お腹が張り気味の日や、腰が重い日だってあります。

セックスすることがストレスに感じるようなら、無理をせずに、セックスはお休みしましょう。

妊娠中のセックスは、無理は厳禁
ご主人に正直に、自分の体調を伝えて、理解してもらうことも大切です。

ときには、性行為の途中で、出血があったり、腹痛を感じたり、お腹が張ったりすることもあるかもしれません。
そんなときは、すぐに性行為を中断してください。

少し休んで回復するようなら、心配することはありません。
そうでない場合は、恥ずかしがらずに、産婦人科にすぐに相談してください。

妊娠中におすすめの体位


女性が苦しくなく、お腹への圧迫がない体位なら、問題はありません。

お腹がまだそれほど大きくなっていない妊娠初期から中期にかけては、正常位でも大丈夫です。
ただし、パパは両手で自分の身体をしっかり支えて、ママに体重をかけないようにしましょう。
女性が足を伸ばした姿勢をとれば、深い挿入にならずに、ソフトセックスを楽しめます。

臨月が近づく後期にもなると、かなり子宮が大きくなっていて、女性は仰向けに寝ること自体が苦しくなります。

そんなときは、横向で寝た姿勢で行う側臥位が楽でしょう。
女性が横向きになり、軽くひざをまげます。
そこに、男性が背後から女性を抱きしめる形で横たわり、後ろから挿入する体位です。

挿入は深くないのですが、そのかわりに、身体の密着感は大きく、安定感があります。
妊娠後期は、もちろんですが、初期から中期にかけて全期間通じて楽しめる体位です。

また、お腹を圧迫しない体位といえば、後背位や騎乗位などがあります。
女性にとっては、楽な体位ですが、挿入が深くなりがちなので、その点では注意が必要です。
挿入が深くならないように、お互いが心がける必要があります。

楽な体位は人によって違うので、パートナーと一緒に、苦しくない体位を、工夫しながら見つけてみましょう。

こんなときは、セックスを控えましょう


ママの経過が順調であれば、妊娠中のセックスは問題ないのですが、以下のような時は、セックスは控えましょう。

    • お腹が張っているとき
    • 出血がみられるとき
    • 切迫流産、切迫早産の兆候があると医師から言われたとき
    • 以前に、流産や早産の経験があるとき
    • 前置胎盤と診断されたとき
    • 子宮頸管が短いと診断されたとき
    • 破水しているとき
    • 上記以外でも、医師から安静をいいわたされたとき

また、たとえ、妊娠の経過は順調でも、気分的にどうしてものらないときもあるでしょう。
妊娠中の女性は、情緒不安定になりがちです。

妊娠初期は、つわりがつらい時期。
そんなときには、無理してセックスする必要はありません。

セックスはふたりで楽しむべきもの。
ご主人のために無理をして、したくないセックスをするのは、女性の精神衛生上よくありません。
正直に気持ちを打ち明けて、オープンに話し合うことも、よい関係を続けていく上では大切なことだと思います。




妊娠中のセックス、みんなの疑問に答えます!


妊娠中でもセックスできますが、そうはいっても、いろいろな不安や疑問があるものです。

そこで、妊娠中のセックスについて、よく聞かれる疑問や悩みにお答えしていきましょう。

妊娠初期のセックスは流産につながる?

妊娠初期は、体調も不安定で、胎盤も完成していない時期です。
そのために、安定期まではセックスは控えたほうがいいという意見もあります。

もちろん、つわりがひどく気持ち悪いような時は、セックスするよりもゆっくり休んだほうがいいでしょう。
ただ、つわりが軽く、気分が良好であれば、ソフトなセックスをすることに問題はありません。

妊娠初期におこる流産の原因は、ほとんどが受精卵の異常によるもので、セックスが原因で流産することはまずありません。
ただし、出血や切迫流産の兆候があるために、医師から安静にするように言われている場合は別です。
その場合は、セックスも控えたほうがよいでしょう。

避妊の必要がないからコンドームは必要ない?

妊娠中は、避妊の必要がないから、コンドームは必要ないと思っている方も多いようです。
でも、妊娠中のセックスこそ、コンドームを使いましょう。

精液には、さまざまな細菌も含まれています。
そして、妊娠中の女性は、抵抗力が低くなっている状態です。

精子の侵入が、すべて感染症につながるわけではありませんが、万全を期すためにもコンドームを使ったほうが安心です。

また、精子には、プロスタグランディンという子宮収縮を誘発する成分が含まれています。
普通の性行為で中だししたくらいの量では、陣痛を誘発することは、まず問題はないのですが、用心するにこしたことはありません。

乳首への刺激はどうしてNGなの?

妊娠中のセックスでは、乳首を刺激しないようにといわれます。
妊娠初期の症状として、乳首や乳房の痛みを訴える女性もいるようです。

触られることで、不快感を感じたり、痛みを感じたりという場合は、ご主人にきちんと説明して、乳首や乳房を刺激しないセックスをしましょう。

また、乳首への刺激は、子宮を収縮させるともいわれます。
お腹が張りやすい人や、切迫早産のリスクを医師から指摘されている場合は、乳首への刺激は、やはり避けたほうが安心です。

妊娠中に性欲が強くなることってあるの?

妊娠中の女性が、普段より強く性欲を感じることは、特におかしいことではありません。
それには、ホルモンの変化が影響しているともいわれます。

妊娠初期は、性欲がいったん激減し、安定期に入る頃に急に旺盛になり、出産の時期が近づくと再び低下傾向をとるというパターンもっともが多くみられます。

ただし、性欲については、個人差が大きいもの。
妊娠期間を通して、ずっと性欲を感じなったという女性もいます。
一時的な変化であることがほとんどですので、あまり気にしないようにしましょう。

オーガズムを感じても大丈夫?

オーガズムが流産や早産につながるのではないかと、心配する声も聞かれます。
確かに、オーガズムを感じると、子宮は収縮し、お腹が張りやすくなるようです。

しかし、しばらく休むとおさまることがほとんどで、それが流産や早産につながることは、まずありません。

セックス中にお腹が痛くなったら?

もしも、セックスをしていて、腹痛を感じり、お腹が張る感覚があったら、そのときはすぐにセックスを中断して様子をみてください。

身体を冷やすと、お腹が張りやすくなりますので、温かくして、ゆっくり休みましょう。
しばらく休んで、腹痛やお腹の張りがおさまるようなら、特に問題はありません。

ただし、腹痛が断続的に続く場合や、出血を伴う場合は、すぐに病院に連絡しましょう。

セックスで出血! どうしたらいい?

妊娠中は、膣壁や子宮が充血して柔らかくなっていますので、普段より出血しやすくなっています。
婦人科の検診で、内診のときに出血することがあるのもそのためです。

セックスのときにも、同様に、少量の出血がおこることがあります。
セックスによる出血の多くは、子宮口の近くにある「びらん」からです。
深く激しい挿入が原因で、出血は、しばらくするとおさまります。

特に問題ないことがほとんどですが、出血の裏に他の原因が隠れていることもありますから、念のために、医師に相談するのが安心です。

ただし、少量でも出血がとまらない場合や、突然の激痛を伴う出血の場合は、深刻な問題である可能性が高いため、すぐに病院に連絡してください。

妊娠中は思いやりのあるセックスを


妊娠しているからといっては、セックスを無理に我慢する必要はありません。
夫婦の良好な関係のためにも、夜の営みは大切なスキンシップです。

ただし、妊娠中の女性の身体は、デリケートで、免疫も低下している状態です。
妊娠中のセックスは、ママと赤ちゃんの体調と安全を第一に考えたものであるべきでしょう。

そのことを十分に配慮した思いやりのあるセックスを、夫婦がともに理解して、より愛情を深めていってほしいと思います。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア