授乳中に乳首を噛まれないようにする方法

赤ちゃんが乳首を噛む理由は様々ですが、一番多いのは歯が生え始め前後。むずむずしている歯ぐきや生え始めたばかりの歯でママの乳首をが「ガブッ」とされると、あまりの痛みに母乳育児をやめようと思うママまでいるほどです。

また、おっぱいの味がまずい時にもガブリとする事があります。おっぱいの味がまずい理由として考えられるのはママのお食事。お食事内容を見直すこともお勧めです。
食事についてはこちらを参考に

歯の生え始めに噛まれた場合の対処法をご紹介します。

大きな声を極力出さない

とっさにかまれると「痛い!」と声をあげてしまいがち。ママが大声を出すと、「噛む=音が出る」遊び感覚になってしまいます。噛んで、ママの声が出ることを楽しいと感じると長期化してしまう可能性も。

噛まれた時は目が合っても笑いかけない

乳首を噛んでママの反応を見ようと目を合わせた時にママが笑っていたら、「ママは喜んでいる」と覚えます。怖いお顔をする必要はありませんが、笑いかけないで無表情がオススメ。

噛まれた瞬間に鼻をつまむ

鼻をつままれると呼吸が苦しくて口を大きく開けようとします。そして、鼻をつままれるのは赤ちゃんにとっても不快な行為です。

※①と②を同時にしているママが多いようです。赤ちゃんにとって「乳首を噛む」という行為に悪気があるわけはなく、始めて噛むときにはママの反応を確認しています。噛んだ瞬間に、ママの大きな声がして笑いかけてもらったら「ママが喜んでいる」と学習してしまうかも…。

①~③を繰り返すことで、乳首を噛むことを「ママは喜んでいない」「不快なことが起こる」と学習していきます。歯が生えかけで噛む場合に上記を繰り返せば、歯が生えきった頃には噛まなくなっています。授乳は歯が生えてからも続けられます。

中には「乳首を噛む」習慣がついてしまい、傷からばい菌が入って細菌感染を起こすこともあります。噛まれた乳首の傷が長期化するときは医師や助産師に相談してくださいね。

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー