母乳分泌をよくするくすり?

母乳分泌をよくするくすり?

母乳がよく出るようにするためには、たくさん吸わせることが基本中の基本です。たくさん吸わせてママの脳内ホルモンに刺激を送ることが、分泌量を増やすために重要なのです。 しかし、分泌がおもわしくないと心配する方の中には、「母乳がよく出るようにしたい」と医師に相談し、お薬を処方してもらっている人もいるようです。○○ゼリンや○○○チールというお薬です。お薬を飲むことで、「これでよく出るようになる!」と自信がつくことはすばらしいし、お医者さんも優しさから処方してくださるのだろうと思います。

しかし、これらのお薬は母乳を出すための特効薬ではありません。お薬の副作用に「乳汁分泌」や「乳房の女性化」があるため、副作用をねらった投薬です。中年男性でも○○○チールを飲むと乳汁分泌することがあるほど。一般的には、○○ゼリンは胃薬として、また○○○チールは抗うつ剤として処方されています。

そしてその一方、 胃潰瘍治療で○○ゼリンを処方されたり、うつ病治療で○○○チールを処方されたママの中には、医師から「母乳に移行して動物実験で異常があったので母乳はやめてください」と言われている人もいる。この情報は検索すれば簡単に出てきます。

同じお薬なのに、「母乳を出すために」処方されたり、「母乳に移行して危険」と言われたり。矛盾しています。どんなお薬を内服しても「おっぱいを吸わせる」ことをしていなければ出るわけがない。「出るようになったら吸わせる」のではなく、「吸わせなければ出ない」のです。

母乳をたくさん出すために、藁をもつかむ思いでお薬を飲みたい気持ちは痛いほどわかる。けれど、母乳を出すためのお薬には、こんな矛盾した側面があることも事実です。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー