母乳だけの子に哺乳瓶の練習は必要?

母乳だけの子に哺乳瓶の練習は必要?

「哺乳瓶が飲めなくなると困るから」という理由で、ミルクを飲ませているママによく出会います。 母乳量が少なくて本当に必要なミルクなら問題ないのですが、母乳のみで十分に足りている関わらず、不必要なミルクを 追加する時はやり方を考えた方がよさそうです。

母乳育児が軌道に乗ってくると、ママと赤ちゃんはまるでつながっているかのような現象が起こります。~ママのおっぱいが張ってくるタイミングに赤ちゃんが泣き出して、赤ちゃんが泣きはじめるタイミングでママのおっぱいは張りはじめる~というような。このリズムを大切にしていたら、ママも赤ちゃんもとてもラク。理想的な流れです。

しかしミルクの練習をすると、このタイミングにずれが生じます。ママのおっぱいは張っているのに赤ちゃんはおなかがいっぱいで飲みたがらない。おっぱいホルモンは「もしかしたらかわいい赤ちゃんのおなかがすいているのではないか」と作り続けます。このおっぱいは行き場をなくし、つまりやしこり、時には乳腺炎を引き起こすことも。

母乳育児のリズムができて哺乳瓶を飲みたがらないとき、赤ちゃんはこのように考えていると思います。「いつもと乳首がちがう!」そして「いつも私が泣いたらすぐにおっぱいをくれるママは、すぐに来てくれるからもう少し待っていたいの!」と。

「事故や入院して母乳を与えられなくなったらどうしよう…」と、心配するママもいるかもしれません。しかし、大丈夫。本当に空腹になったら、赤ちゃんは何でも飲みます。哺乳瓶を飲みたがらないのは「我慢できる程度の空腹」だから。大好きなママを待っていたくて哺乳瓶で飲まないのです。赤ちゃんが賢くて、ママとの信頼関係ができている証拠なのです。

つまり、母乳だけで育っている赤ちゃんに哺乳瓶の練習をする必要はないのです。

こちらもご参考に→「預けて出かける時はどうしたらいいの?

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー