むし歯と母乳

むし歯と母乳

「いつまでも母乳を飲んでいると虫歯になりやすいですよ」と、歯科や小児科で言われることがあるそうです。はたして、母乳を長くなませていると虫歯になりやすいのでしょうか?

1999年にEricksonが「乳歯を母乳に浸したら虫歯になりやすいのか」という研究をしました。結果は「母乳だけが唯一の炭水化物である場合は虫歯にならない」が、「蔗糖と母乳を同時に摂取した場合は虫歯になりやすい」ことがわかりました。つまり、母乳だけの子は虫歯になりにくいけれど、寝る前に甘いものを食べている状態で母乳を飲めば虫歯になりやすい、ということがわかったのです。

虫歯のなりやすさには個人差があり、唾液の量とも関係しています。乳歯が虫歯になった場合、「母乳を長く続けていたから虫歯になった」のではなく「母乳育児をしていたにもかかわらず虫歯になってしまった」と考えるほうが適切なようです。

そして「パパやママとのキスや口移しでの食事などにより、唾液の中の『むし歯菌(ミュータンス菌)』がうつる」という考え方。間違いではないですが、やや極論だと思います。ミュータンス菌をうつさないようにするには、常にマスクをして過ごすくらい徹底しなくてはいけません。かわいいかわいい赤ちゃんの時期にキスができなければ、むし歯予防はできても大切なスキンシップが不足してしまいます。

また、大人のお口の中にあるのは虫歯の原因になるミュータンス菌だけではなく、生きていく上で大切な常在菌もたくさん存在します。赤ちゃんにむし歯菌をうつさないために最優先してほしいことは「パパやママのお口の中をきれいにする」こと。毎日のブラッシングは当然のこと、フロスや歯間ブラシを使っていつもよりも念入りに。さらに歯科受診して「お口のクリーニング」を受ければ、むし歯菌がうつるリスクはぐっと減ります。日本小児歯科学会の見解では「親の口腔内が清潔であれば、キスでむし歯菌はうつらない」と発表しています。

そして「乳歯がはえたら甘いものを食べさせない」ことも大切です。飴や加糖のジュースなど、歯に甘いものが長時間付着しないようにすることが最大のむし歯予防です。

もし、歯科や小児科などで「いつまでも母乳を飲んでいると虫歯になりやすいですよ」と言われたら、「この先生は母乳に関心がないんだな」と思って安心して続けて大丈夫。授乳期間の長さと、むし歯罹患率の高さは一致しません。「母乳を長く続けていたから虫歯になる」のではなく「母乳育児をしていたにもかかわらず虫歯になってしまった」と考えるほうが適切なのですから。

以下もご参考に。口移しで食べ物をあげたりキスで虫歯菌がうつる!?

注目記事

成功する産後ダイエットはいつから?授乳中に無理なく痩せる方法3選!

妊娠中についてしまった脂肪、出産後はできるだけ早く落としたいけど、母体への負担や、母乳への影響が心配。産後ママでも無理なくできるダイエット方法をご紹介。

賢いママは知っている? 妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんの部屋をフォロー