妊娠中の肌荒れはなぜおこるの?基本ケアと症状別対策法まとめ

妊娠初期はママになる喜びと同時に様々な体の変化も起こり、出産への不安も大きくなるなど、とてもデリケートな時期。

ただでさえ不安な状態なのに、肌トラブルが起きてしまうのは本当につらいですよね。
妊娠中は使用できる薬や化粧品にも制限があるので、ケア方法に困っている人も多くみられます。

そこで今回は妊娠中の肌荒れの原因や起こりやすい時期、症状などを調査。
プレママにもお腹の赤ちゃんにも優しい妊婦中の肌荒れ対策法についてまとめてお伝えします。

妊娠中の肌荒れ5つの原因

特に妊娠初期は目まぐるしい体の変化が起きているので、今までに経験のないマイナートラブルもたくさん出てきます。

その中でも多くの人が悩んでいるのが肌荒れ。
妊娠前までは肌トラブルがなかった人でも、妊娠してから急に肌が荒れることも。

一体原因は何でしょうか?

①ホルモンバランスの変化

妊娠すると女性ホルモンの1つ、黄体ホルモン(プロゲステロン)が活発に分泌されるようになります。
このホルモンバランスの変化が肌荒れを引き起こす最大原因です。

“肌荒れホルモン“=プロゲステロンが増加

特に妊娠初期に大量分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)は、別名“肌荒れのホルモン“とも呼ばれるもの。

私たちの肌は日々代謝を繰り返し、古い角質から新しい角質に変わりますが、プロゲステロンはこの働きを鈍らせてしまいます。

また、肌の水分量が崩れやすく、とても敏感になり、皮脂コントロールも悪化。
乾燥肌になったり脂性肌になったりと肌質が偏りやすくなります。

実はこのホルモン、生理前に分泌量の増えるホルモンと同じもの。
そのため、生理前と同じような肌荒れ症状が起こりやすいのです。

シミの原因メラニンも生成

プロゲステロンはまた、色素細胞「メラノサイト」を刺激し、シミの原因になる「メラニン」も作らせてしまいます。
メラニンが集まると色素沈着が起こりやすくなるもの。

妊娠中に新しいシミができたり、今まであったシミが濃くなったりするのはこのためです。

妊娠の継続に最も重要なホルモン

でも、このプロゲステロンは赤ちゃんが成長するよう子宮を整える役割を持つ必要不可欠なホルモン。
子宮内の環境を整える、体温を高める、乳腺を発達させるなど、妊娠を継続させるには最も重要な役割があるのです。

赤ちゃんのためのホルモン分泌による変化でもあるので、しばらくは我慢しながらうまく付き合っていく必要があります。

②栄養や水分の不足

お肌の健康に欠かせないビタミンやミネラルなどの栄養分が、妊娠中は優先的に赤ちゃんに運ばれていきます。

また、体重の増加で汗をかきやすくなったり、赤ちゃんにとって心地よい環境にするために体の水分が子宮に集めらることで水分不足にも。

合わせて妊娠初期はつわりで食事ができないことが多いので、栄養不足や水分不足がますます進んでしまいます。
このため、肌荒れや乾燥が生じてしまいます。

③便秘

妊娠中は便秘にもなりやすいことも肌荒れ要因の一つ。

黄体ホルモン(プロゲステロン)が影響

妊娠の継続に必要不可欠なプロゲステロンは体内に栄養を貯めようとする働きがあります。
また、子宮の収縮を防ぐ働きもするため、これが胃や腸などの消化器官の動きも鈍らせ、便秘を引き起こす原因に。

便秘によって排出すべき老廃物が体の中に留まるようになり、有害物質が皮膚から排出されることで肌荒れにつながるのです。

食事の偏りや大きくなった子宮も原因

つわりで食べる量が減り、食物繊維の摂取量も減ってしまうと、お肌の大敵、便秘になりやすくなります。
また、妊娠すると大きくなった子宮周りの胃や腸などが圧迫されるために、動きが鈍くなることも便秘の原因と言われています。

④食べつわりによるもの

空腹になると吐き気をもよおすため、ずっと何かを食べ続けなければならない辛い状態になるのが食べつわり。
甘い物や油物の摂取量が多くなってしまうことが肌の状態を悪化させる要因にもなります。

⑤ストレス

妊娠中は出産に対する不安や恐怖、つわりやホルモンバランスの乱れによるストレスが肌荒れを引き起こす原因にもなります。

睡眠不足によるターンオーバーの乱れ

人は睡眠を始めてから3時間熟睡する事により、成長ホルモンが分泌され肌の再生が促進されます。
しかし、妊娠中は様々な心身のストレスから睡眠不足になりがち。
そのため、肌のターンオーバーが乱れ、新陳代謝の低下や肌荒れを招いてしまいます。

自律神経の働きが鈍くなり体内循環が悪化

また、ストレスは自律神経の働きも鈍くさせてしまいます。
自律神経は、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整している重要な神経です。

特に血管、リンパなど循環器の働きが鈍くなることで、体内の循環が悪化。
肌への血流が滞り、充分な栄養や酸素が届かなくなることが肌荒れの原因となります。

妊娠中の肌トラブル、どんな症状が出るの?

肌タイプは人それぞれ違うため、妊娠中の肌荒れ症状も個人差がありますが、主に次のような症状が多くみられます。

  • ニキビや吹き出物といった生理前と似た肌トラブルが出現。
  • 乾燥してカサカサ、赤みやニキビのようなブツブツまで出てきて痒みがおさまらない。
  • 今まであったシミが濃くなってきたり、新しいシミが増える。
  • 今まで通りのスキンケアをしただけで肌がピリピリしたり、ブツブツが出る。

このような肌荒れは、特に妊娠初期、4~6週あたりから多く見られ、顔や首だけではなく、お腹、背中、腕や足など全身に症状が出る人も。

また、同じ妊婦さんでも始めの妊娠では何もなかったのに、2度目の妊娠で肌荒れ症状が
出たという人もいれば、その反対の人もいます。

また、以下のような、より深刻な症状が出る人もいます。

  • 妊娠初期にアトピー性皮膚炎が悪化。
  • 顔だけでなく、おでこや頬全体、脇やVラインなどに色素沈着が生じる「妊娠性肝斑」が出る。
  • 妊娠中期~後期に、腕・脚・お腹・背中・胸などに強いかゆみをともなう湿疹やじんましん、水ぶくれができる「妊娠性痒疹(ようしん)」が出る。

辛い症状、いつまで続くの?

辛い肌荒れの症状に「妊娠中ずっと続くのかな?」「もしかしてもう治らないのかな…」と不安になってしまいますよね。
先輩ママたちの体験からまとめるとおおよそ次のような状態になります。

妊娠中期で落ち着く場合がほとんど

胎盤が完成する妊娠中期(妊娠5ヶ月~7ヶ月・16週~27週)に入ると、肌荒れを引き起こすホルモンバランスの乱れも安定してきます。

合わせて、妊娠15週目以降になると、徐々に美肌作用のあるホルモン、エストロゲンの分泌量が上昇するようになります。

それと同時に肌トラブル症状も落ち着いてくることがほとんど。
つわりも治まり、肉体的・気持ち的に負担が軽くなる頃に肌荒れも軽くなってきたというママが多いようです。

ただし、個人差もあり、つわりや便秘が続くことでまだまだ肌荒れが治まらないという人も。
いくつかの症状が重なって長引く人もいます。

妊娠後期に長引く場合もあり

妊娠中期に入ると、ホルモンバランスが落ち着いてくる一方、より一層ママの水分や栄養がお腹の赤ちゃんに届くようになります。
そのため、今度はお肌の乾燥がよりひどくなることがあります。

妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月・妊娠28週~40週)に入ると、お腹がかなり大きくなり、出産が近づく不安から睡眠不足になることも。

睡眠不足になることで体内に活性酸素が増え、お肌を老化させたり、ターンオーバー(生まれ変わり)を乱してしまいます。
このため、妊娠後期も肌荒れ状態が続くママも少なくないようです。

妊娠中の肌荒れ5つの基本対策

症状を少しでもやわらげたり、悪化しないよう予防するには日常生活での以下のような基本対策や予防法が必要です。

①水分補給をしっかりこまめに

美肌に欠かせない水分。
妊娠すると、普段より汗をかきやすくなり、また、羊水や血液をつくるために充分な水分が必要となります。

摂取目安は最低で1日2リットル。
ただし、冷たい飲み物は血行を悪くし、肌荒れ・冷えの原因になるため避けましょう。

「水ばかりそんなにたくさん飲めない…」という人は果物や野菜など水分が多い食べ物を多く取り入れるようにします。

また、口当たりもさわやかなジンジャーレモンやローズヒップティーを取り入れるのもおすすめ。
どちらも美肌に欠かせないビタミンC含有量が多く、ノンカフェインで子宮収縮などの心配がなく、安心して飲むことができます。

特にジンジャーはつわりの解消や血流・代謝をよくして体を温める効果があることで人気があります。
ローズヒップには免疫力アップ・鉄分吸収を促進、ホルモンバランスを整える効果も。

ただし、1日に何十杯も飲むなど、摂りすぎに注意しましょう。
ハーブティーが体に合わない人もいるので、無理な摂取はせず、特に体調が安定しない時は控えるようにしましょう。

②妊娠前よりも紫外線対策を

妊娠中はホルモンの影響でシミができやすくなるため、特に注意して紫外線対策をしましょう。
ベビー用など低刺激性の日焼け止めを使用したり、帽子や日傘などでUVケアするようにします。
目から入る紫外線の影響も大きいので、サングラスをかけるなど対策もしましょう。

③湿度管理も大切

お肌に良い50~60%になるよう湿度を調整するのがベスト。
特に冬場は乾燥予防に注意が必要です。

産後も赤ちゃんのデリケートなお肌のために湿度管理は必要になるので、この機会に加湿器を備えておくとよいでしょう。

④食事で改善

妊娠中の体にもお肌のためにも、基本は主食、おかず、野菜、果物、乳製品の5大栄養素をバランスよくとること。

胃に負担をかけないようにできるだけ決まった時間に食事をとることも大切。
つわりなどで取れない場合は食べられるものから、少しずつ小分けにして食べるようにしましょう。

特に妊娠中に摂取したいものと、お肌には良いものの、気を付けなければならないものをご紹介します。

オススメの食材

ビタミンB群、ビタミンC、鉄分を多く取り入れるようにしましょう。

ビタミンB群

特にビタミンB群に含まれる葉酸を妊娠初期に摂取することが重要です。
葉酸は胎児の神経管閉鎖障害リスクを低減できるだけでなく、お肌の健康にも効果があるといわれています。

【葉酸を多く含むオススメの食べ物】
ほうれん草、アスパラ、インゲン、にんじん、さつまいも、大豆、果物、牛乳、卵黄、レバーなど

葉酸は熱に弱く、水に溶けやすいので、調理で失われやすい特徴があります。

日本人は特に葉酸が不足しがちなので、食事に加え、0.4㎎/1日を栄養補助食品から摂ることを厚生労働省からすすめられています。
ただし、あくまでも食事からの摂取が基本です。

ビタミンC

また、美肌に欠かせない栄養素、ビタミンCには抗酸化作用、メラニン色素の生成抑制や免疫力を高める効果も。
鉄分や葉酸といった妊娠中に必要な栄養素の吸収を高める効果もあるので積極的に取り入れましょう。

【ビタミンCを多く含むオススメの食べ物】
みかん、グレープフルーツ、オレンジ、レモンなどの柑橘類、アセロラ、イチゴ、キウイ、ピーマン、パセリ、ブロッコリーなど

鉄分

鉄分の不足は妊娠中の貧血を引き起こすだけでなく、肌荒れや乾燥にも影響します。
ビタミンCやタンパク質と一緒に摂ると吸収率がアップします。

【鉄分を多く含むオススメの食べ物】
牛や豚の赤身、イワシなどの小魚、あさりやしじみなどの貝類、ほうれん草、小松菜、切り干し大根、納豆、高野豆腐など

便秘対策にオリゴ糖も

オリゴ糖は腸内のビフィズス菌とくっつき、そのビフィズス菌を活性化してくれます。
そのため、腸内環境をさらに整えてお通じを良くする効果があります。

妊娠中でも摂取可能な成分で、主に以下の食品に含まれています。

【オリゴ糖を含む食べ物】
いんげん、玉ねぎ、ゴボウ、ハチミツ、ヤーコン、きな粉、甜菜(てんさい)、大豆、とうもろこしなど。

プレママに注意の食材

お肌に良いとされるビタミンの中でもビタミンAの過剰摂取は胎児奇形発生の危険度が高くなるため注意が必要です。

ただし、不足しても弊害があるので、適度な量を食事から摂り、サプリメントなどでの過剰摂取を気を付けつけるようにします。

食べ物で特に注意しなけらばならないのが、うなぎやレバーといった動物性食品。
うなぎは100g、レバーは10g以下なら毎日摂取しても安全とされています。

また、大豆イソフラボンの摂りすぎも妊娠中は注意が必要です。
胎児の生殖機能に影響が出る可能性があると言われています。
サプリメントなどの摂取は控えるようにしましょう。

サプリで摂る場合は?

このように、必要以上にサプリメント摂ってしまうと妊娠中の体にもお肌にも悪影響を与えてしまうことも。
基本は必要な栄養分を食事から摂るようにし、必要な場合はかかりつけの産科医と相談しながら慎重に取り入れていきましょう。

サプリは、天然素材100%、添加物のないもので、なるべく信頼できる日本製のものを選ぶようにします。 

⑤適度に体を動かす

妊娠中はどうしても運動不足になりがち。
軽いストレッチや散歩などを取り入れ、体を動かすことがお肌のターンオーバーを促進させます。
ただし、体調が悪い時などは無理をしないようにしましょう。

妊娠中におこる5つの肌荒れ、症状別対処法

それでは妊娠中におこりやすい肌荒れ症状別に、ママにもお腹の赤ちゃんにも優しい肌トラブル対策方法をご紹介します。

1.ニキビ・吹き出物

◆保湿をしっかりと
皮脂が多いからといって、乳液やクリームなどを省くのは逆効果。
余計にニキビ・吹き出物ができやすい環境をつくってしまいます。
できるだけ無添加、低刺激、天然成分の化粧水と合わせて乳液やクリームでしっかり保湿しましょう。

◆栄養バランスのとれた食事
特にビタミンB、Cを多く含む食品、緑黄色野菜を多めにとりましょう。
葉酸も効果的です。

◆肌を清潔に保つ
皮脂も大切な役割をするので、取り除きすぎないよう、低刺激、保湿効果のある石鹸などで優しく洗うようにします。

◆睡眠をしっかりとる
入眠後3時間以内にできるだけ深く良質な睡眠を得ることがお肌の生まれ変わりを促進させると言われています。

妊娠中は様々なストレスで睡眠不足になりがちです。
でも、できるだけ深い眠りを得るために毎朝決まった時間に起きて光を浴び、夜ぐっすり眠れるよう生活のリズムを整えましょう。

◆ファンデーションを控える
クリームタイプやリキッドタイプのファンデーションの使用を極力止めましょう。
どうしても使用したい場合は、オイルフリーやパウダータイプのファンデーションに変えると毛穴が詰まりにくくなります。

2.シミ

◆食生活を改善
ビタミンC(オレンジ、グレープフルーツやパプリカ、ブロッコリーなど)に美白効果があるので、緑黄色野菜を積極に摂るようにしましょう。

◆日焼け対策
ベビー用の低刺激日焼け止め帽子やサングラスでしっかりとUV対策をしましょう。

◆美白効果のある化粧品の使用
お腹の赤ちゃんへの影響も考えて、石油系の界面活性剤、着色料、パラベンやエタノールなどが無添加で低刺激のものを選びましょう。
天然100%のオーガニックの美白化粧品がオススメです。

◆睡眠をしっかりとる
ニキビや吹き出もの対策と同様に、入眠後3時間以内にできるだけ深く良質な睡眠を得ることが大切。
睡眠中に成長ホルモンを分泌させることで、コラーゲンの生成を助け、ターンオーバーを正常に行い、シミのもととなる老廃物を排泄させます。

3.乾燥

◆水分補給をしっかりこまめに
摂取目安は最低で1日2リットル。
水分の多い果物や野菜でも取り入れることもできます。

◆不足しがちなビタミン・ミネラルを摂取
緑黄色野菜や果物、魚介類や海藻を多く摂取するようにしましょう。

◆加湿器などを使って乾燥を予防
湿度50~60%になるように調整しましょう。

◆妊娠線クリームの使用
添加物の入っていない保湿剤よりも数倍は高保湿と言われる妊娠線クリーム。
妊娠初期からこのクリームを塗っておくことで妊娠後期にやってくるひどいお腹のかゆみを防げる場合も。

4.かゆみ

上記の乾燥対策に合わせて、綿100%素材で、ゆったりとしたマタニティウェアを身に着けるようにしましょう。
また、肌に触れる面積の多い衣類は、洗剤や柔軟剤を少な目にして洗濯するようにしましょう。
赤ちゃん用の無添加の洗剤は肌に優しく、妊婦さんにもおすすめです。

5.妊娠線

◆体重の管理
急激に体重が増えると真皮の伸びが追いつかなくなるのが妊娠線の大きな原因。
お医者様からの体重指導に従うように注意しましょう。

◆専用のクリームやオイルで保湿
特に妊娠線ができるのは、大きなお腹では気づきにくいお腹の下側。
専用のクリームやオイル、美容液で優しくマッサージしながら潤いを与えることでハリのある肌を保つことができます。

妊娠中のスキンケアポイント

妊娠中の肌あれを放っておくと、産後の肌トラブルがひどくなってしまいます。
産後は肌へのダメージが大きく、肌の再生能力も落ちてしまうので、妊娠中から次のようなケアをしっかりとしておくことが大切です。

洗顔は低刺激性のもので優しく

保存料、添加物が少ない天然の洗浄成分使用の石鹸などを使い、よく泡立てて優しく洗います。
熱いお湯は必要な油分も流してしまうので、夏場の水道水くらいのぬるめのお湯で洗うようにしましょう。 

保湿をしっかり

洗顔のあとは保湿をしっかりしましょう。
基礎化粧品は保存料や人工的なものを使用していない「無添加」のもの、赤ちゃんでも使える低刺激なものを選ぶようにしましょう。

化学成分のない「馬油」がオススメ

馬の脂から抽出してつくられる「馬油(バーユ)」は、人の皮脂に近い成分と言われています。
高い浸透力と炎症を抑える効果から、赤ちゃんのオムツかぶれや授乳で荒れてしまった乳頭のお手入れに使われることも。

添加物などが混じっていない天然成分のものを選び、気になる部分に優しく塗布しましょう。

ただし、お肌に合わない場合や、オイリー肌の人はニキビなどが悪化してしまう場合もあるので注意が必要です。
目立たない部分で少量を試してみてから使用しましょう。

赤ちゃん用スキンケア用品でママも優しくケア

妊娠中はこれまでママにはトラブルなく使用してきた化粧水などの成分も、胎児へ影響を与えると言われています。
その点、赤ちゃん専用のオイルやパウダーなら、ママにもお腹の赤ちゃんにも優しく安心です。

ファンデーションなどで無理に隠さない

メイクはできるだけ控えるようにしましょう。

肌荒れをどうにか隠したい気持ちは分かりますが、悪化させないために、ファンデーションなどで無理に隠さない事が大切です。

やむを得ない場合はオイルフリーやパウダータイプの化粧品を使用するようにしましょう。
この場合もできるだけ無添加、低刺激のものを選びましょう。

ひどい場合は無理せず、かかりつけの産科へ

妊娠中は使える薬も制限されているので、安易に市販薬を使わないようにしましょう。
ただし、無理に我慢してストレスをためると余計に悪化してしまうことも。

このような肌トラブルにあったらまずはかかりつけの産科医に相談することが大切です。
皮膚科に行く際の注意事項を聞いてから受診したり、産科に直接診察してもらい薬を処方してもらうこともできます。

赤ちゃんのためにも優しい肌ケアを根気よく

「本当に肌荒れが治る日が来るの?」と不安に思う人も多いと思います。

一般的には妊娠中期以降や産後、生理が再開する頃には落ち着くと言われています。
個人差がありますがときが来れば肌の状態も必ず戻ってきます!

大切なのはあまり悩まずストレスを溜めないこと、産後の肌の回復のためにも出来る限りのスキンケアをすることです。

妊娠中の肌荒れの大きな原因でもあるホルモンが機能しているということは、順調に胎盤が育っている証拠。
お腹の赤ちゃんに負担をかけない、優しく丁寧なケアを根気よく続けてこの時期を乗り越えましょう。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママはもうやってる?今からでも遅くない妊活中から産後までのお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

スポンサーリンク

スポンサーリンク