母乳育児の国際事情「BFH(Baby Friendly Hospital)」

母乳育児

母乳育児を大切に考え母乳育児を成功させるための取り組みとして、WHO・ユニセフは世界のすべての国のすべての産科施設に対して「母乳育児成功のための10カ条」を守ることを呼びかけました(1989年)。
この10か条を守り実践している産科施設は「赤ちゃんにやさしい病院」「BFH(Baby Friendly Hospital)」として認定されています(以下、BFHと記します)。

この「母乳育児成功のための10か条」とはこのような内容です。

1.母乳育児の方針をすべての医療に関わっている人に、常に知らせること

2.全ての医療従事者に母乳育児をするために必要な知識と技術を教えること

3.全ての妊婦に母乳育児の良い点とその方法をよく知らせること

4.母親が分娩後、30分以内に母乳を飲ませられるように援助すること

5.母親に授乳の指導を十分にし、もし赤ちゃんから離れることがあっても母乳の分泌を維持する方法を教えること

6.医学的な必要がないのに母乳以外のもの、水分、糖水、人工乳を与えないこと

7.母子同室にする。赤ちゃんと母親が一日中24時間、一緒にいられるようにすること

8.赤ちゃんが欲しがるときに、欲しがるままの授乳を進めること

9.母乳を飲んでいる赤ちゃんにゴムの乳首やおしゃぶりを与えないこと

10.母乳育児のための支援グループ作りを援助し、退院する母親にこのようなグループを紹介すること

BFHの認定を受けるには、「施設の方針」「どのようなトレーニングをしているか」「規約のコンプライアンス」など、とても厳しい審査があり、世界中で公平に用いられています。
母乳育児がうまくいくかどうかは「母乳が出る体質、出ない体質」で決まるのではなく、「出産後に『母乳育児成功のための10か条』を実践できたかどうか」にかかっています。

「母乳育児がうまくいくかどうかは出産施設によって変わってくる」といっても過言ではありません。
実際、このBFH認定の産科施設で出産したママたちは驚くような高い母乳率をたたき出しているのですから。

そして、ここからが現実的な問題です。
「母乳で育てたい」からBFHで出産したいと願っても、日本中の妊婦さんがBFH認定の産科施設で出産をすることは不可能なのです。
BFHは、日本中でたったの68施設しかありません(2014年時点)。

教育やマンパワーの問題もありますが、日本中にどれほどの産科施設があるのかと考えると、この数字がいかに少ないのか想像できると思います。
現在の日本では、BFHで出産できるママの方が圧倒的に少数です。

しかし、近くにBFHがなくてもあきらめることはありません。
それに近い産科施設を選べるように、そして「赤ちゃんにやさしい病院」に近い授乳ができるよう希望を伝えていくことはできます。

おもに以下の3点に分けられます。

① 産科施設で、母乳育児がうまくいくように赤ちゃんを管理してほしい(「母乳育児成功のための10か条」のうち、1・2・4・6・7・9条)

⇒ 「生まれて30分以内に母乳を吸わせたい」「母児同室にしてほしい」とママの意見を伝えることはできます。

② ママ自身が正しい母乳育児の知識を得る(3・8条)

⇒ このコラムを読んでいるママは、正しい知識を得てくれていますよね。

③ 熟練したスキルを持つ母乳育児の専門家にサポートしてもらう(5・10か条)

⇒ 地域の母乳育児の専門家にできるだけ早く母乳相談やおっぱいケアを受けられるよう、助産師などを探しておくことをお勧めします(地域の保健所や保健センターで教えてくれます)。また、ママたちによる母乳支援のボランティアグループ(ラレーチェリーグなど)もあります。

この3点を意識することができれば、WHOやユニセフが提唱する「母乳育児を大切に考え母乳育児を成功させるための取り組み」の最善を尽くすことができるのです。
「この10か条を心がければ、女性なら誰でも持っている力を最大限に使って母乳育児をすることができるようになりますよ」という、勇気が出る母乳育児の基本的情報です。

これは世界中のどの国の女性でも同じ。
この情報が、一人でも多くのママたちに広がることで幸せな母乳育児が続けられることを願っています。

注目記事

まだ無添加が良いと思ってる?【本当におすすめしたい葉酸サプリベスト3】効果・値段で徹底比較!

葉酸の含有量や一緒にとれる栄養成分など、あらゆる角度から調べ、本当におすすめしたい葉酸サプリメント3つを選びました!

賢いママは知っている?妊活中から産後までにやっておきたいお金の準備まとめ

妊活・妊娠・出産…いったいお金はいくらかかってどう準備したらいいの?そんなお金の話をチェック!

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家