母乳育児に自信をなくしそうなママへ伝えたいこと

母乳育児に自信をなくしそうなママへ伝えたいこと

「母乳支援にかかわる者として、毎日いろんな方に会います。嬉しいことやがっかりすること、いろんな事があります。母親として「母乳育児でわが子を育てたい」という思いは、理屈ではなく哺乳類としての本能。

私は「母乳はよくてミルクは悪い」とは全く思っていません。ただ、粉ミルクというものを日本人が使うようになってから、まだ100年もたっていないのです。粉ミルクというものが使われるようになるずっとずっとず~っと以前から、人間は命がつながり母乳で育ててきたという人類の歴史を思うと、「本当にそんなにミルクが必要なのだろうか?」と疑問に思うことは多々あります。

多くの母親の願いは「我が子におなかいっぱいおっぱいを飲ませたい」ということ。そんな「母乳の出をよくする」ためにできることは、まず「よく吸わせること」が基本中の基本です。特に生まれて間もないうちは、「このくらいの母乳量を赤ちゃんが必要としています」とおっぱいホルモンに記憶させることが重要で、そのためにも何度も何度も吸わせればよく出るようになります。そのママが持っている力の最大限に。

しかし現状としてよく陥りやすいケースは以下のような流れになっています。

産院の入院中に当たり前のようにミルクを追加することを教わった(から、ミルクは追加しなくてはいけないものだと思っているママが多い)

ミルクを追加しているから赤ちゃんが空腹にならず母乳を吸わせる回数が減る

吸わせる回数が減るから母乳の生産量が少なくなる

母乳の出が悪い(とママは思っている)からミルクを飲ませる

授乳回数が少なくて母乳分泌がさらに減る

母乳の出が悪いとママが確信する

ミルク量がどんどん増える

ミルクでおなかいっぱいになった赤ちゃんは母乳を吸おうとしない

赤ちゃんが吸ってくれないのは母乳が出ないからだとママは思ってしまう

どんどん母乳を飲ませる回数が減る

本当に母乳の分泌が減少する

毎日毎回多量にミルクを飲ませ続けていたら、脳内のおっぱいホルモンに「母乳を作る必要はありませんよ」と教えているようなもの。だから、1ヶ月半~2カ月くらいでおっぱいホルモンが減少してしまい、本当に出ないおっぱいになってしまいます。

つまり、1ヶ月半くらいまでに「上手な吸わせ方」をきちんと習得してもらえたなら、母乳の分泌が安定して母乳育児がうまくいくようになりやすい。この時期に、ママに上手に飲ませるコツを覚えてもらって、赤ちゃんが上手に吸えるようにアドバイスすることが、母乳支援をする者にとって大切なことだと考えています。

混合栄養でミルクを多量に追加していた方が母乳中心に変えていくケースでは、一時的に体重が増えないことや、一時的に便秘になることもあります。この時点で、赤ちゃんが常におなかをすかせて「全力で必死に」おっぱいを吸い続けることで、おっぱいホルモンにアクセルがかかって母乳を生産し始めるのです。

しかし時として、この過程の途中で産科や小児科受診のタイミングになることがあります。一時的に体重の伸びが少ないこのタイミングで、「母乳が出ていない」とか「母乳では難しいね」と言われてしまうのは切ない現状です。もしも、医師や助産師からモチベーションが低下する発言を受けた場合は、ぜひセカンドオピニオンを探してほしい。そして、いろんな意見を聞いて迷ってしまったら、否定せずに「できるよ」「大丈夫だよ」と励ましてくれる人の言葉を信じてほしいのです。

哺乳類としての本能である母乳育児。私は決して「母乳がよくてミルクが悪い」とは思っていません。けれど、粉ミルクというものが使われるようになるずっとずっと以前から、人間は命がつながり母乳で育ててきました。そんな母乳を飲むことで、赤ちゃんはママの免疫をもらい感染症になりにくく、ママも乳癌や卵巣癌のリスクが減るなど、自然に体を守るようにできています。

せめて生後1~2カ月は、たとえ不安な状況であっても「母乳が出ない」と確信することなく、自分の母親としての体の力を信じてほしい。健康な女性であれば、出産したら母乳が出るように体はできています。母乳が足りていないように感じて不安なときには、成長の過程を一時的な「点」ではなく「線で見守ってくれる医師や助産師のケアを受けて、体の力を引きだし発揮してほしいと願っています。

気に入ったらシェア

 

この記事を書いた専門家

妊娠・妊活中なら酵母葉酸100%の「ベルタ葉酸サプリ」あ

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?

子どものためのお金に悩んだら!保険の無料相談、実際どうなの?

お腹の中の赤ちゃんや、これから授かりたい女性にとって「葉酸」はとても大切!サプリメント「ベルタ葉酸サプリ」が支持されているワケとは?